| PAGESELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

いい日旅立ち

昨日、ゴトビさんのお見送りに富士山静岡空港に行ってきました。

前日に公式サイトでゴトビさんの離日についての発表があり、羽田や成田ではなく富士山静岡空港からの出発ということで、お見送りにいこうかどうしようか、しばらく心の母やリトルゴトーと話し合いました。

心の母は言うのです。
「静岡空港からの出発ならお見送りに行くべきだ。行って一言お礼を言うべきだ。」と。

でもリトルゴトーは
「行ったらダメだよ。もうゴトビさんのことは忘れて気持ちを切り替えるべきだよ。」と言います。

実際、いまだに私は、心のどこかでまだモヤモヤを抱えているのです。
どうしてあのタイミングでゴトビさんは解任されなければいけなかったのか?
今シーズン終了のタイミングではだめだったのか?
「結果が出ないから」ということだけではない何かがあったんじゃないか?っていうモヤモヤがいまだに消えなくて、大榎監督や選手のコメントの一言一言を深読みし過ぎてしまう。

ここからはもうホントに私の勝手な思い込みの世界なので「あほか」て笑ってスルーしていただいて結構なんですが(笑)、このタイミングでゴトビさんが解任されたのは、大榎さんをトップチームの監督としてデビューさせるにあたって一番都合が良かったからなんじゃないかな…とか、私は思うわけです。
例えば、ここから一気に成績が上がればもちろんそれは大榎さんのお手柄ですけど、ギリギリの状態で残留できた場合でも「ゴトビだったら降格してた」と言われるでしょう。そして、もし降格してしまったとしても、「全部ゴトビのせい」で終わる。

本当にそうなのかどうかはわかりません。
あくまで私の思い込みです。
そして、それがもし本当だったとしてもしょうがないとも思う。
「監督」とはチームの全責任を負うことも仕事の一つだと思うので、ゴトビさんを悪者にして次の監督がスムーズに指揮をとれるなら、チームにとってゴトビさんは最後の責任を果たしたとも言えると思う。

ただ、そんな風に冷静に考えてる一方で、ゴトビさんに対する「情」というものがあるのでやはりとても悲しいし、この自分の中での両極端な感情が心のモヤモヤの原因になってるのだと思う。

外野の声は別に気にしていない。
昨日のお見送りに関して、「ゴトビ信者気持ち悪い」とか「まだいたのかよ、さっさと帰れ」とか発言してたエスパサポもいましたけど、そういう人に対して「なんだと!!ムキーーーーっ!!!(怒)」とも別にならない。
人の悪口を平気で言う人とはお友達になりたくないので、そもそもそういう人はスルーです(笑)

ゴトビさんが解任されてからずっと、私は心の中で自分の感情を一生懸命整理しようとしているんだけど、全然まとまらない。
このモヤモヤは、ゴトビさんをお見送りにいくことで解決するのかそれともさらに悪化するのか…自分でもわからなくて、心の母とリトルゴトーとの自分会議は長引いたのでした。
≫ ・・・続きを読む・・・
スポンサーサイト

| コメント(0件) | TOP↑

≫ EDIT

【J1第18節vsFC東京】オレの中のリトルゴトーが

ゴトビさん解任から個人的にまだ気持ちの整理がつかない中、昨日は大榎新体制の初陣となるFC東京戦が行われました。

前回の記事で「嘆くのは今日で終わりにして、これからは新生エスパルスを応援する!」みたいなかっこいいことを書いた割に、実際にはいまだ心の奥の方にモヤモヤするものが残っており、昨日のキックオフ直前まで、「新体制エスパルスに勝って欲しい」と思いつつも、例えば勝って、「ほら、ゴトビやめさせたら全部解決だろ?」みたいな流れになるのもイヤだなぁ…なんて思う自分もいたりして、なんかもう頭ん中がごちゃごちゃしておりました。

でも、試合が始まって15分でエドゥーにゴール決められた時に、心の中で何かが変わったのです。
なんなんだろう。

ゴトビさんに対する気持ちがふっきれたのか。
いつまでも後ろを向いてるわけにいかない…って思ったのか。

とにかく、最初の失点で「目が覚めた」という感じだった。

ショックだったわけではない。

…っていうとウソになるかな。
ショックはショックだった。

ぶっちゃけると、個人的にFC東京に負けるのが一番悔しいからショックはショックだった。

元々は別にそんなキライなチームでもなかったんだけど、某O田コースケが後を濁しまくって移籍した先がFC東京だったので、FC東京に負けるのが悔しいというよりは、某O田にやられるのが悔しいのであります(←まったくもって「某」の意味がない)
ええ、昨日はその某氏にやられたわけですが。

で、ここからはすんごい私の勝手な意見なので異論反論認めますが(笑)、大人気マンガ「ジャイアントキリング」にしばらくはまってたんだけど、某氏が移籍した後、これってFC東京がモデルなの?って思い始めたらなんか途端に冷めてしまって途中から読んでない(笑)
全部某O田氏のせいです(え

某日本代表O崎にしろ某O田にしろ、筋を通さずにチームを去った選手はもう応援したくない…というのが私でして。
ええ、執念深いんです私(やだコワい

しかしながら、昨日の敗戦はそういう意味での「悔しい」という気持ちはなかった。
なんというか、「うん、まあ、そうだよね」って感じ。

シーズン途中で監督を変えるってどういうことなのか、つまりこういうことなんだよ。
危機的な状況ってことなんだよ、だからみんな目を覚ませよ…って感じ。

≫ ・・・続きを読む・・・

| コメント(0件) | TOP↑

| PAGESELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。