PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【リーガ第16節バルセロナダービー】コルネジャはゴール祭り(注:バルサの)

リーガ第16節のバルサは、エスパニョールの本拠地コルネジャに乗り込んでのバルセロナダービー。
ダービーってのはやっぱり盛り上がるもんですね。
エスパルスとジュビロの静岡ダービーも盛り上がりますもの。
萌えますもの。
あ、違っ…燃えますもの。

まあ、個人的にはクラシコ>>バルサvsバレンシア>>バルセロナダービーくらいの位置づけなんですけどね。だって、バルセロナダービーはいつも荒れますもの。
観客席が燃えますもの。


…って、なんか変なノリで始まりましたけども…(笑)
あ、どーもこんにちは、ゴトーです。
久しぶりのブログ更新です。
師走は先生も走るけど主婦も走る(?)のでいろいろと忙しのであります。
なので、久しぶりのブログ更新でどんなテンションでやればいいのかわかんないのでありますっ(←超言い訳)

さて、若干ケロロ軍曹入ったところでお遊びはこのくらいにして、そろそろ試合の方に行ってみるのでありますっ(えー)

とりあえず、この試合のスタメンは以下の通り。

GKバルデス、DFアウベス、ピケ、プジョル、アビダル、MFチャビ、ブスケツ(78min→マスチェラーノ)、イニエスタ(85min→ケイタ)、FWペドロ(88min→ボヤン)、メッシ、ビジャ

SUB:ピント、アドリアーノ、マスチェラーノ、マクスウェル、ボヤン、ケイタ、チアゴ

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



さて、最初に「バルセロナダービーは荒れる」と書きましたけども、試合が終わってみたら両チーム合わせてイエローカードが8枚出てました(汗)
まあ、主審はいつもイエロー多めのウンディアーノ・マジェンコさんだったんで妥当と言えば妥当ですけども。
そう言えば、試合前のスタジアムのコレオがピッチを囲んで丸々一周青と白になってたんですけども、バルササポはいたんですかね?
ってか、バルササポもコレオやらされてた?(笑)
で、試合中はそのコレオの紙が紙ヒコーキになっていくつもピッチの中に飛んできてました(汗)当たってもケガするもんじゃないし、豚の首が飛んで来るのよりマシですけどね(汗)

試合の方は、序盤エスパニョールがめちゃめちゃ攻撃的に出てきてバルサは結構苦しめられました。ほぼセンターラインに近いところまで最終ラインが上がり、バルサのゴール近くで前線がDFラインに猛プレスかける戦法。
「あれ?それ知ってる。どっかで見たことある。」って思ったらば、それバルサの十八番じゃないっすかっ!!(汗)クラシコの時のマドリーもラインを上げることに必死になってましたけども、あの時のマドリーよりも今節のエスパニョールの方が前線のプレスに勢いがあってバルサの守備陣はなかなかラインを上げられずに苦労しました。

特にプジョルがボール持った時のプレスが激しかった気がします。
プジョルの守備って守備なのに攻撃的だと思うんですけど、逆に相手に「攻撃的な守備」をされてると見ててコワい(笑)
プジョルがモーレツプレスかけられてもチャビやブスケが下がってきたり、あるいはピケがボールもらえる場所に動いてくれればいいですけど、ムリヤリバルデスにバックパスしたりするとこれまたヒヤヒヤです(汗)
バルデスはシュートに対する反射神経は超人的だと思いますけど、パックパスの処理に関してはあんまり安心して見てられないのよね(笑)

てなわけで、最初の10分くらいは思うようにボールも支配できなくてヒヤヒヤしましたけども、前半18分、ブスケからの長めパスを前線で受けたペドロが一度メッシに落とし、メッシがもう一度ペドロに縦パスで戻してペドロがこれをきっちりゴール右に収めます。
ブスケが前線にボールを送る直前にカジェホンとプジョルが接触してカジェホンが痛んでいたことから、ボールをアウトオブプレーにせずに得点したとしてスタジアムからは大ブーイング。
でも、接触自体、そんなに激しいもんでもなかったよね。
主審もファウルも取ってないわけだし。

そして、前半30分にはクラシコでトリッキーなゴールを見せたチャビ!!
ゴール右サイドから中へ「それパス?シュート?」って感じの早いボールを入れるもアウベスに跳ね返され(笑)再びチャビの前に戻ってきたボールをダイレクトで逆サイドのサイドネットに突き刺しました。
やっぱチャビが点取ると嬉しい。
しかし、チャンスの度にアウベスが前線にいるってどういうこっちゃ(笑)
攻撃的SBっていいつつ、攻撃しかしてねーって感じなんですけど(笑)

前半はこのまま2-0で終了。

そして始まった後半、エスパニョールのプレスに慣れたのか、はたまたエスパニョールのプレスが若干弱くなったのか、後半は序盤からバルサが余裕持ってボール持ててましたね。マドリーに比べるとエスパニョールの方があきらめずにしつこいプレスを繰り返してましたけど、それでも、後半15分、メッシたんのシュートをカメニがはじいたところに走り込んだペドロがこぼれ球を押し込んで3点目ゲットです。

ペドロはホンットに驚くほどのスピードでどんどんどんどん成長してると思うよ。
初めて見た時は線も細いし頼りないなーって思ったのに。
シュートがうまいのはもちろん、前線で攻撃の起点も作れるし、何より献身的な守備ができるってのがデカイと思う。
守備範囲→全部ってくらい動いてね?
やっぱ今時のFWはテクニックだけじゃダメなんだよ。献身的な守備も豊富な運動量もないとね。

さて、3-0になったところで大分試合にも余裕がでてきたなーなんて思ってたらば、ペドロのゴールの2分後にオズワルドに1点返されます(汗)あ~あ、ここんとこずーっと無失点のクリーンシートが続いてたのに。
それでも、その後ビジャが後半30分と39分に続けて得点。
真ん中でボール受けたメッシたんから左サイドのビジャにスルーパスが出て、GKと一対一になったビジャがこれをグラウンダーできっちり決めました。
5点目もほぼ同じ形からの得点。
真ん中をドリで上がったチャビが左のビジャにスルーパス通して、ビジャがこれをシュート。

てなわけで、ペドロ、ビジャが2ゴール。チャビはワンゴールワンアシスト。メッシたんは得点こそなかったものの、ペドロの2得点と4点目のビジャのゴールの3アシストです。
若干イニエスタくんが目立たなかった気がするけど、他がこんだけ調子良かったので、イニエスタくんは少し下がり目のところでリスクマネジメントしつつ余裕もって動いてたようにも思います。

結局試合は5-1でバルサの大勝。
クリーンシート連続記録は終了しましたけども、なんと今シーズンのリーグ戦では4度目の5得点ですよ(CLパナシナイコス戦を含むと今季5度目で、国王杯セウタ戦を含むと今季6度目)しかも、セビージャ、マドリー、エスパニョールと昇格組のソシエダと言う難しい相手からの5得点ってスゴいですよね。これ見るとあらためて昨シーズンのズラタン含めた3トップはかみ合ってなかったんだなぁって思います。
ちなみに、5得点した4試合のなかでは唯一エスパニョールだけがバルサから得点を奪ってます。
ってことで、エスパニョールにはマドリー撃墜を期待しましょう(笑)


さて、CLのドローも終わり、バルサの決勝トーナメント1回戦の相手はアーセナルに決まりました。
それ知ったとき腰砕けました(え?)
だって、どっちもなるべく長く見たかったのにいきなり一回戦でつぶし合いなんて…。
そんなCLCL決勝トーナメントについては、バルサvsアーセナルを含めた8試合のゆる予想をあらためてUPしようと思います。年内にできるかわかんないけどねん(えー)

次節は21日(火)(日本時間22日水曜日早朝4:00)の国王杯で、ホームでビルバオと対戦します。ちなみにこの試合が今年最後の公式戦で、2011年最初の試合は年明けの2日の第17節レバンテ戦となります。

てなわけで、それでは皆様、良いお年をっ!!(…って、まだ早いっ!!)

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。