PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【アジアカップ日本vs韓国】日本代表初心者サポによる雑談的マッチレポ

ええーっと、若干今さらちっくではありますが、アジアカップ日本vs韓国戦の感想をさくっと書いとこうと思います。

…とは言っても、相変わらずエスパルス以外の国内サッカーにはあまり興味がなく、日本代表もエスパルスの選手がたくさんいた時にはめちゃめちゃ楽しかったんすけども、今やエスパルスの選手は限りなくゼロに等しい状態(かろうじて岡崎)ですので、このアジアカップもあまり全力で見てませんでした。
はい、非国民です。さーせん。

そんな日本代表初心者サポなので、なんかとんちんかんなこと書くかもしれませんけど笑って許してください。あはは(汗)

完全なる欧州サッカーかぶれですので、アジアカップと言われてもあまりワクワクしなかったんですけども、日韓戦と聞いたらさすがに見ずにはいられませんでした。
永遠のライバルだし、盛り上がるしね。
それに、韓国と言えばパク・チソン(ユナイテッド)やイ・チョンヨン(ボルトン)など、プレミアで見慣れた選手もいるので、見応えのある試合になることは間違いないだろう…と思ったわけなんですけど、いやはやホントに大興奮の試合内容でしたね。

そもそも韓国代表のサッカーもあまりしっかり見た事ないんでアレですけど、依然よりも長身の選手が増えた気がします。勝手なイメージですけど、体の大きさは日本と大して変わらないイメージだった。
しかも若返ってるし、なんか韓流スターみたいなイケメンもいるし(笑)

一番最初に目をひかれたのは長身で茶髪で甘いマスクのキ・ソンヨンで、試合中ずーっと「この子かわいい!かわいい!」ってオバサン根性丸出しだったんですけども、彼はゴールパフォーマンスで日本人を侮辱した…とかで今ちょっとした問題になってるんですね。
ゴルパフォ見てたけど、侮辱されたとか全然気付かなかったよ(汗)
色々考え方はあるし、「国を代表して出場した選手が人種差別的行為をした」って言うと確かに重大なことのようにも思えますけども、彼もまだ若いみたいなので熱くなるのもしょうがないかな…と思ったりもします。
それだけこの試合にかけてる気持ちが熱いってことですもんね。
でもまあ、せっかくイケメンなので、もうちょっと大人になろうね(←え?そういうこと?)

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



で、試合の方ですけど、「日本はアジアのバルサだ!」とかネット上で言われてるの見て、バルサファンの私としては「は?」ってちょっと思ってたんですけど、日韓戦でザックジャパンのサッカー見て、はあはあ、なるほどね…とちょっと納得しました。
パスサッカーを追求してるわけですね。
日本の中盤が機能してパス繋げてる間は韓国が完全放り込みサッカーになってたので、結構脅威になってるんだろうな…と思いました。もちろん、バルサのような完成形ではないですけど、短くて早いパスがよく回ってて面白いサッカーしてましたね。

この試合より前にザックのインタを見た時には、「縦に早いサッカーを目指す」って言ってましたけど、それには若干対応されてる感じで真ん中突破は難しそうでした。
ただ、サイド攻撃はかなり有効で、特に左の長友とチャドゥリのマッチアップは早さで長友が完全に勝ってたので、左からの突破は得点につながる可能性が高いなーと思って見てました。
実際、0-1から1-1に追いついた前田の得点は長友がゴール際までえぐってのマイナスのパスだったよね。
これキレイなゴールでしたね。

前後しましたけど、韓国の先制点となったPKはコレ、ちょっと主審の技量を疑うようなジャッジでした。
このファウルより前に前田が敵のペナエリアでかにばさみタックル受けて倒されましたけど、これはノーファウル。何度リプレイ見てもキケンなタックルで完全なるファウルだと思いましたけどね。

それに比べるとパクチソンを倒した今野のファウルはゴール前に入ったロングフィードも枠はずれてたし長かったしで決定的ではなかったし、今野のショルダーチャージもファウルを取られるほど悪質でもなかったと思うんですけどね。ただ、ここ以外でもパクチソンはファウルのもらい方が上手いと思いましたね。
これはきっとプレミアで培った経験値の差なんだろうなー。

日本のサイドは長友、岡ちゃんが結構良い仕事してましたけど、右SBのウッチーはいまいちでしたねぇ(汗)
岡ちゃんがサイドでボール持っても追い越す動きがあまり見られないし、たまにあがってきても自分で突破しようとせずに横パスに逃げたり、クロスの精度もいまいち。相手の長身選手に当たり負けたりあっさり抜かれたりする場面も多くてヒヤヒヤしました。

それから、香川もドルトムントでの活躍の割に代表ではあまり機能してないなぁと思う場面が多かった。
まあ、ドルトムントでの活躍のせいで厳しいマーク受けてたのもあるとは思うんですけど、ボール持ち過ぎて最後奪われてチャンスをムダにした上にカウンターくらう…なんて場面もちらほらあって、「背番号10が重いのかよ」と思ってしまいました。
でもなんか、試合中の接触で骨折してたそうで(汗)、それで調子悪かったもかもしれませんけどね。

一方で、本田さんは単なるビッグマウスじゃないなーと目を見張る場面が多かったですね。当たり負けないし囲い込まれても焦らず少ないパスコースを見つけて味方につなげられる。まあ、岡ちゃんがゲットしたPK外したのはアレですけども(笑)

本田さんのPKのこぼれに萌が走り込んで2-1になったときは大興奮でした。
日本代表戦でこんなに興奮できる自分!!ありがとう!!日本代表!!って感動しました(笑)
ただ、そのまま最後まで守りきれず(汗)

韓国は高さ活かした放り込みサッカーもできるけど、状況に応じてパスつないで崩してくサッカーしたりして、そういうところはレベルが高いな…と思いましたね。
ユナイテッドとかチェルシーみたい。

日本はこの大会でずっとCBやってた吉田がサスペンションってことで岩政が出てましたけど、岩政とGK川島の連携がきっちりできてなかったので、ヒヤヒヤな場面が何度もありました(汗)
しかも、延長後半の最後の数分間は「おい引き過ぎだろ!!」ってくらいゴール前にドン引きになってて、もうコレ絶対失点するし(汗)…って思ってたら案の定失点(大汗)
その流れでPKにもつれ込んだら絶対韓国の方が乗ってるだろ…って思ったんですけど、ここで川島にまさかの神降臨ですよ!!(まさかの…って)

岩政とのぎくしゃくした守備で困惑してると思いきや、PK始まった途端、最初の2発を神セーブして

どやああああああっっっ!!

と言わんばかりにその存在感を示してくれました。
いやぁ、これはすごいPKだった。

日本は本田、岡崎が決め、長友が外すも、最後紺野が決めて3-0で決勝進出です。
つーか、韓国は3人目も枠外して、結局1人も決められなかったのね。

それにしても、岡ちゃんはほんとうまくなったなぁ。
ってか、まだまだ進化してる気がする。
サイドでボール持って相手選手をスピードで抜こうとした時、実況が「岡崎、スピードがある!!」って言ったけど、最初の頃は全っ然スピードなかったよ(笑)
トラップとかも下手だったし、健太(元)監督もよく「どうしようかなぁってくらい下手だった」って岡ちゃんのこと言うけど、私もまさかこんなに上手くなるとはホントに思ってなかったよ(笑)

そんな岡ちゃんを見ると、自分も頑張ろうって気になります。
私も今はスピードもテクニックもないけど、頑張ればいつの日か岡ちゃんみたいに…なれるわけありませんけどね、ええ(身の程はわきまえてます:笑)

さて、決勝はオーストラリアと対戦です。
デカイしフィジカル強いし当然厳しい試合になると思うけど、香川が骨折ってことでどうやら名古屋の藤本さんが出るらしいので、元カレ(?)の活躍を楽しませてもらおうと思ってます(笑)

てなわけで、

頑張れ!ニッポン!!


| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。