PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【欧州CL決勝T1回戦バレンシアvsシャルケ】内股対決ならず

さあ、いよいよ始まりましたよ、欧州チャンビピンズリーグの決勝トーナメント。
チャンピオンズリーグと言えどたかがカップ戦…って言う人もいますけども、私はやっぱり欧州各国の強豪チームが対決するこの大会が好きです。
めちゃめちゃワクワクします。

とりあえず、決勝トーナメント初日に行われた2試合の結果は以下の通り。

バレンシア 1-1 シャルケ04
ミラン   0-1 トッテナム

ミランvsスパーズはまだ見てないんですけども、ミラン負けたんですねぇ。
まあ確かに、今年のスパーズ面白いサッカーしてるもんなぁ。

でもって私は、バルサの次にバレンシアを応援してる訳なんですけども、そのバレンシアはシャルケに1-1で引き分けてしまいました(>_<)
今節はメスタージャでのホーム戦だったので、シャルケにアウェイゴールを奪われるのだけは避けたかったんですけどね。まあ、負けなかっただけ良かったけど。

シャルケと言えば日本代表の内田篤人が所属するチームですから、シャルケを応援する日本人も多かったんじゃないかと思うんですけども、すみません、私は全力でバレンシアを応援しておりました。
ただ、海外の、それも、欧州CLの決勝トーナメントという大舞台に日本人が立つことはすごく誇らしいことなので、個人的には内田とバレンシアのマタという、「うちまた対決」を楽しみにしてたんですけども、残念ながらケガで戦列を離れているマタはこの試合にも間に合いませんでした。

てなわけで、バレンシアvsシャルケの試合の感想をさくっと書いときます。

この試合のバレンシアのスタメンは以下の通り。

GKグアイタ、DFミゲウ、ナバーロ、コスタ、マテュー(78min→ジョルディ・アルバ)、MFバネガ(68min→ホアキン)、トパル、ティノ、ドミンゲス(68min→ビセンテ)、FWソルダード、アドゥリス

SUB:セサル、ホアキン、ブルーノ、ビセンテ、パブロ、マドゥーロ、ジョルディ・アルバ

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



シャルケはドイツのチームで、ブンデスをほとんど見ない私ですけども、右SBの内田ほか、ラウール、フンテラール、メッツェルダー、フラドなど、リーガでよく知っていた選手が多数います。
そういう意味では、あまり他国の強豪との試合…って感じがしませんでしたね(笑)
ラウールやフラドなんかも「アウェイ」感はあんまりなかったんじゃないかなぁ(笑)
試合前に整列した時なんか、ラウールの表情柔らかかったですもんね。
「おら、スペインに帰って来たどー!」みたいな(笑)

しかし、マドリー時代にラウールのコワさはイヤというほど味わってますから、この試合もラウールには絶対にボール持たせるなよ!…って思ってたんですけども、案の定ラウールにやられた…っていうね(T_T)

まず最初にバレンシアの布陣をみたときに、「?」って思ったんですよね。
前節のアトレティコ戦でまん中をバネガたん、ティノたん、トパルで使ったとき、ティノたんもバネガたんもがんがん前行きたがるからトパルが結構大変だし時々まん中ぽっかり空くし、ティノたんとバネガたんの連携もいまいちで「うーん」って思ってたんですけど、この試合でそのまんまの形取って来たので「なんでや?」って思いました。

アトレティコ戦ではサイドアタッカーらしき人がいなくて全然サイドが活性化されなかったので、今節もホアキン、ビセンテ、パブロらがベンチスタートってのは「なぜ?」って思ったんですけど、シャルケの守備にあわせた布陣だったのかな?
シャルケの試合は全然見てないんでわかんないですけど、単純にドイツのチームってことで、サイドからの放り込みに強いからまん中から早い縦突破を仕掛ける…ってことなのかなぁと思ったんですけども、実際には中盤のプレスは激しいし、ゴール前も結構守り固かったですね。

ボール支配率は圧倒的にバレンシアだったし、何度もいい形で相手の守備崩してましたけど、シャルケの守護神ノイアーに阻まれて得点につながらず。
それでも、前半17分にソルダードが先制します。
この得点はキレイでした。
中盤でボール持ったティノたんから左に開いたアドゥリスにボールがわたり、アドゥリスの後ろを追い越してオーバーラップしたマテューへ。
これをマテューが中に早いボール入れて、ソルダードがインサイドボレーで押し込みました。

アドゥリスからマテューの場面ではアドゥリスのボールに寄せてたウッチーが、マテューの対応に若干遅れて中にボール入れらちゃってましたね。
ただ、試合を通してみるとウッチーは割としっかりお仕事してたんじゃないかなーと思います。
少なかったですけど何度かオーバーラップしてクロスもあげてたし、左サイドからのアドゥリスやドミンゲスの突破にもきちんと対応してました。

バレンシアは先制点取った後も何度も決定的な場面はあったんですけどね。
とくにアドゥリスは超決定的な場面で2度シュート外してて、あれのどちらかでも決まってたらなぁ…って思わずにはいられまへん(汗)

しかし、今節はドミンゲスがめちゃめちゃ良かったです。
多分トップ下っぽい位置だったんですけど、ティノたん、バネガたんが前へ出過ぎてもドミンゲスが低い位置までカバーしてくれたり、ドミンゲスのところで割とボールおさまってる感じでした。中盤はティノたん、バネガたん、ドミンゲスとアルヘントリオでしたけど、やっぱアルヘンの選手のプレーって面白いですね。
スペイン人みたいな柔らかくて繊細なボールタッチもできれば、ガツガツつぶしに行ったり、すごい力強いプレーもしたりして見ててホント面白いです。
3人とも顔好みだしね(そこかよ)

前半を1-0で折り返すも、後半19分に左サイドを駆け上がって来たフラドからラウールにパスが出て、これをラウールがラウールらしいシュート決めて同点に追いつかれます。これマジラウールっぽいシュートだったなぁ。
ゴール前でボールもらう瞬間にCBのナバーロの前に入ってボール受け、反転してシュート。こういうのマドリーの時にもよく見たなぁ…ってシュートだった。
ラウールすげーな、やっぱ。
アウェイゴール取られたのは超悔しいけど、ラウールだから許してやんよ(何さま?)

この失点後にエメリんはすぐ動き、ドミンゲス、バネガたんに代えてビセンテ、ホアキンというサイドアタッカー2人を投入。
なるほど、こういう使い方なら確かに一気に流れは変えれそうだ。
…と思ったけど、個人的には今日はティノたんが中盤でボール持った時あまり良くなかった気がしたので、バネガたんじゃなくてティノたん下げれば良いのに…と思いました。でもまあ、ティノたんはFKやミドル持ってるからかなぁ、やっぱ。
ティノたんの左足から放たれるシュートはホントスゴいですもん。
いつもアタシのハートに突き刺さってますもん(は?)

さて、ホアキンとビセンテというドリで仕掛けられる選手が入ってから、シャルケの守備は結構いっぱいいっぱいになってた感じですけど、それでもゴールは割れず(汗)
最後の最後、ロスタイムに入って相手のDFがイエロー2枚で退場になるも、とうとう追加点をゲットすることはできませんでした。

あああああーぐやじぃ…。

てなわけで、1st legは1-1のドロー。
シャルケがアウェイゴールゲットした分、ちょっとだけシャルケが優位に立っています。まあ、バレンシアはアウェイで勝てば良いんです。勝てば。
次節はシャルケのホームとは言っても、シャルケはリーグ戦であんまり調子良くないみたいだしね。2nd legまでにフンテラールが復調しないことを祈ります(笑)
あとはマタが戻ってくれば!
次節こそ「うちまた対決」見たいです。
バレンシアはCLで早期に敗退するとエメリんのクビが飛ぶらしいので、なんとか頑張って欲しい。アタシの好きなエメリんが見られなくなるのはさみしいれす。

さてさて、いよいよ明日の朝は大本命のバルサvsアーセナルです。
前節のヒホン戦の内容見ると若干不安ではありますけども、アーセナルという強豪相手ならこの間のクラシコの時のような究極のサッカーがもしかして出るかもしれない…とか思います。あのサッカーって、やろうと思ってできるもんじゃないんじゃないかなーとか思う訳です。
相手が絶対負けられない相手で、緊張が高まって集中して、チーム全体の気持ちが一つになったときに初めてできるんじゃないかな…と。
そういう意味では、相手がアーセナルならあのサッカーが再び見られるんじゃないか…とちょっと期待しています。あのクラシコみたいにバカ勝ちして欲しい…ってことではありません。あのときの完璧なサッカーをもう一度見たいのです。
ヒホン戦と同じサッカーしてたらアーセナルには勝てないと思うし。
相手がアーセナルなら1点取っても自陣に引きこもる様なことはないだろうし、きっと面白い試合になると思う。
今からめちゃめちゃワクワクしてます。
ってか、ライブで見たいので今からもう寝たいです。

というわけで、おやすみなさい(早すぎ!!)



| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。