PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【欧州CL準決勝1st leg】敵地ベルナベウで価値ある勝利

怒濤のクラシコ4決戦のうちの3戦目、欧州CL準決勝1st legが、日本時間の28日早朝に行われました。

初戦のリーガクラシコはアウェイベルナベウで1-1と痛み分け、2戦目の国王杯決勝は惜しくもマドリーに破れてタイトルを逃したバルサ。クラシコ4決戦の2試合を終えて戦績は1敗1分とあまりよろしくない上に、なんと今節はイニエスタくんがケガで出場できないと聞いて、ぶっちゃけ半分あきらめておりました(ええー)

だって、リーガクラシコも国王杯もイニエスタくんいても勝てなかった訳で、おまけにマドリーはクラシコの合間にあったバレンシア戦で6-3と大勝してるんですよ(汗)
何それ、超調子よくね?(汗)
しかも、主力のほとんどを休ませたのに大量6得点もしてるわけですから(汗)

てなわけで、小心者のあたしは「なんかあんまり勝てる気しない…」とか超弱気になってました(汗)そんなクレの風上にも置けない女ゴトーです(は?)
アフェライ役立たねぇとか言ってごめんね(←活躍してた)

さて、この試合の感想に行く前に、めちゃめちゃオサレな動画を見つけたので貼っときます。どこかの誰か(超テキトー)が作ったクラシコのアニメーションバージョンです。



これめっちゃかっこ良くないすか。
繊細な絵じゃないのにどうしてこんなに似てるんだろう。
一人一人のプレースタイルとかもちゃんと似てて、遠目で見ても誰がボール持ってるかわかるよね。
芸術的なバルサのサッカーがまさにアートになった…って感じですね。
アートよくわからんけど(え?)

てなわけで(?)、今節のスタメンを書いときます。

GKバルデス、DFアウベス、マスチェラーノ、ピケ、プジョル、MFブスケツ、ケイタ、チャビ、FWビジャ(90min→セルジ・ロベルト)、メッシ、ペドロ(71min→アフェライ)

SUB:ピント、ミリート、フォンタス、セルジ・ロベルト、チアゴ、アフェライ、ジェフレン

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



最初にも書いたように、国王杯での負けを結構引きずってて(←アタシがね)、実は今節もホントに負けると思ってました(汗)
だって、普通に考えれば直近の試合で勝った方が勢いついてるし、ましてそれがタイトルかかってる試合で勝ったとなればコレ、選手にとっても大きな自信になる訳じゃないですか。まあ、せっかく穫ったカップをバスの上から落として壊した人もいましたけども(あはは)

でも、そういう精神的な面でのことよりも、国王杯の内容を見て「モウリーニョはバルサを封じる策を見つけてしまった」と思ったのよね。
0-5で大敗したリーガのクラシコ1st マッチでモウリーニョは悔しい思いもしたけど、色々学んだことも多かったんだと思う。
あの試合では異常なまでに最終ラインを高く保ってバルサの中盤にスペースを与えない戦術を取ってたけど、真ん中の守備を意識しすぎてサイドから崩され、慌ててサイドをケアしようとして気を取られてる間に真ん中からも崩され、守備が完全に混乱してあの結果になってしまった。
それで、今回のリーガクラシコ2ndマッチ、国王杯決勝では最終ラインを高く保つことに固執しすぎず、サイドの上がりも牽制しつつ後ろはがっちり守り、、前からのプレスを徹底してボールを奪った時には一気にカウンターを仕掛ける、まさに「堅守速攻」の戦法を取って、これが功を奏した形となりました。

ここまでのクラシコ2戦では、バルサはホントに相手を崩す術がなくて仕方なくボールを回してる場面も多かったと思う。特にペペの働きは大きくて、ボランチ位置で徹底してバルサの攻撃の芽をつぶしてたかと思えば、マドリーがボール持った時はどんどん前に上がって攻撃にも参加するなど、ペペ一人に振り回されてるなぁって印象も強かった。
以前CBやってた時は「守備が固い」っていうより「守備が荒い」って印象しかなかったんだけど、1個上がって自由に動くようになったらなんかものすごく嫌な選手になったと思う(←褒め言葉ね)

ただ、荒っぽさは相変わらずで、チャビやメッシたんがペペにつぶされるとヒヤヒヤした(汗)そういう点では、マスチェラーノのクリーンなボール奪取にはホントホレボレする。リバプール時代はマスチェも結構荒っぽいつぶしするって思ってたんだけど、バルサにきてからの彼はホレボレするほどスマートに相手からボール奪うよね。
特に、プジョルのケガから出番も多くなったせいか、ここんとこの試合はマスチェのすばらしさが際立つ試合も多く、「もしかして私、マスチェくんが好きかもしんない…」と少女のようにときめいております(は?)
つーか、マスチェが目立つ試合ってことは内容的にあんまり良くないってことなんだけどね。わはは(笑ってごまかす)

そんなマスチェくんは、試合中リバポ時代のチームメイトのシャビ・アロンソとなんか言い合いしてましたね(笑)クラシコともなると選手同士もやっぱ熱が入るよね。やっぱ試合はこうじゃなきゃ!って思うけど、毎回こうだと見てる方も疲れます(えー)

さて、試合の方は、敵地ベルナベウってことと、イニエスタくん、アドリーアノが不在ってことで、結構あっさり失点しちゃうんじゃね?とか思ってたんですけども、国王杯決勝の時に比べるとマドリーは若干プレスが弱い上に、カウンター仕掛ける機会も圧倒的に少なかったと思う。
アウェイゴールを警戒して守備的になってた…とかあるのかな?ホームなのに?
前2試合も守備重視で奪ったら速攻という形ではあったけど、この試合は若干守備の方に重きを置いてるように感じました。まあ、序盤は結構危ない場面も多かったけど。

バルサはイニエスタくんがいないのがやっぱ痛いなぁって思った前半でしたね。
マドリーはアプローチが早いし、あの堅い守備をパスだけで崩すのは難しいので、やっぱイニエスタくんみたいに一人で守備の1人、2人を交わして仕掛けれる選手がいないのは厳しいと思った。
メッシ、チャビは結構ペペにがっつりつぶされてたし、ペドロも今日はあんまりキレが良くなかったと思う。
サイドは警戒されててアウベスもなかなか上がれなかったしね。
ただ、今節はマドリー側もマルセロの上がりやサイドのディマリアに大きく振る展開などは少なかったと思う。
そういう戦術だったのか、それとも焦りからかわかんないけど、前線のCR7に長いのぽんぽん入れる場面が目立った。結局、前半はどちらもゴールを割れず、0-0で折り返します。

前半から両者のぶつかり合いは結構ヒートアップしてましたけども、後半16分にペペがアウベスに足の裏を向けてのタックルで一発退場。
これは確かに危ないタックルだった(汗)
そしてこの判定に抗議したモウリーニョも退席処分に(汗)

初戦でもアルビオルが退場して10人になって、そして今節もまた…。
ペペには中盤が苦しめられてたので、途中退場、次節出場停止は確かにバルサに有利だとは思うけど、こういう流れになると勝てても相手に言い訳の材料を与えてしまう気がしてあまり気分は良くないよね。
実際、アーセナルとのカンプノウでの試合も、内容的にはアーセナルをしっかり上回って勝ったと思うけど、ファンペルシが退場になってたことで「フェアじゃなかった」という声もあった。
だから、こういう流れになるのはホントに後味が悪い。
これで結局、次節ペペは出場停止。モウリーニョもベンチ入りできません。
確か、セルヒオ・ラモスも累積で出場停止じゃなかった?
これ見ただけでも、次節バルサが勝った後にモウリーニョが言う言葉が想像できる気がします。

さて、ペペが退場になった後、ペップはペドロに代えてアフェライを投入。
「は?アフェライ?」って思ったバルサファンはきっと多かったはず(笑)かくいう私も、「確かに今日ペドロあんまり良くないけど、アフェライよりは良くね?」って思ったもの(笑)
ところがところが、このアフェライ投入が大当たり!!
サイドでボール持ってもなかなか縦に突破できなかったペドロの代わりに、アフェライがマルセロを振り切って右サイドの深い所までドリで持ち込み、ゴールラインと並行にゴール前に低いクロス。これを、走り込んで来たメッシたんがインサイドで当ててカシージャスの股を抜き、見事に先制点をゲットしました。

いやいやいやいやーーーーーー。

頼りないとか思ってごめんね、アフェライ(´・_・`)

マルセロ油断した感じだったね。ペドロにはもっとガツガツ行ってたのにね。
そして、試合終了間際の後半42分にはメッシたんがドリでまん中を堂々と突破して2点目ゲット!!
これはもう、ペペがいなくなったからとしか言いようのない守備の崩壊でしたね。
CBもアルビオルたんとラモスじゃなくてカルバーリョがいたら、こんなにスルスル簡単にメッシにシュートまで行かせなかったんじゃないかなぁと思う。
アルビオルたん、半身のディフェンスからメッシの細かい切り返しに完全に振られてあっさり裏に抜けられてたもんね(汗)
いちおスペイン代表じゃなかったでしたっけ?(´・_・`)
まあ、バレンシア時代からそんな感じでしたけど(ひどい)

ちなみにメッシたんのゴールシーンはtveのサイトで見られますよ。
1点目 2点目

てなわけで、欧州CL準決勝1st legは、バルサがアウェイゴールを2つ取って勝利しました。
次節、モウリーニョ、ペペ、ラモスが不在で有利な気もしますけども、マドリーは控えも主力級の選手ばかりだし油断できません(汗)
今週末のリーガ、レアル・ソシエダ戦はきっと主力は休ませるでしょうね。
そして、泣いても笑っても、クラシコは残りあと1試合。
欧州CL準決勝2nd legは、日本時間5/4(水)の早朝3:45キックオフです。


決勝の地ウェンブリーまで、いよいよあと一つです。

| コメント(27件) | TOP↑

COMMENT

はじめまして。
普段リーガをあまり観てないし、どちらのサポでもありませんが、一サッカーファンとして観戦していました。
正直唖然としました。どちらのチームも王者の風格なんてありません。ピッチに選手が倒れて痛がって、審判をとり囲むシーンばかり目立ちました。
バルセロナのファンはこんな試合で勝っても満足なんでしょうか?リーガの試合はこんなものなんでしょうか?
彼らの言う美しいサッカーや正義を私は感じません。
メッシのゴラッソもこれでは輝かないと思います。
こんな試合をするチームが世界最高と言うサッカー業界の先行きに不安を感じました。
いきなり辛口コメント失礼しましたお許しくださいませ。

| ミッシェル | 2011/04/29 11:51 | URL | ≫ EDIT

言い訳とか負け犬の遠吠えみたいな言い方はやめてください。
デル・オルノ、モッタときて今回はペペなんですから、理不尽を感じない方がおかしいと思います。
退場者が出るまではスコアレスだったのに…
息もできないようなプレッシャーの中で、緻密に練ってきた戦術が全て台無しになったんですよ。
しかも親指を立てただけで退席処分。これは明らかに不当な判定です。
もし自分だったらと思うと悔しくて悔しくて堪りません。

| ロジマ | 2011/04/29 13:58 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/04/29 13:58 | | ≫ EDIT

はじめまして。ゴトーさん。
ずいぶん厳しいコメント飛んでますが、あまり気になさらずに。
いつも楽しく読ませていただいてます。
ノリツッコミがナイスです(笑)

| ペペペペペ | 2011/04/29 14:39 | URL | ≫ EDIT

モウリーニョって負けると過激な言い訳が多いですね。
実際それで審判を葬り去ったし…

確かに結果は残しますが、印象に残る試合って無いんだよな~。
ライカーバルサが打ち合って負けた試合ぐらい。それもロニーの一瞬、時が止まったような美しいゴールのほうが印象強いんですが。

| バルサおじさん | 2011/04/29 16:07 | URL | ≫ EDIT

ゴドーさん、アーセナル戦につづき、切ない勝ち方になりましたね。
せっかくメッシくんのゴラッソがあったのに。
(ゴラッソ慣れしてしまって、あまりオオゥー!とも思わなかったのですが・・)
「どちらのサポでもなく、リーガをあまりみていない」というミッシェルさん。
モウリーニョ監督に変わってからの、今年のクラシコ3試合はごらんになりましたか?
そうでないならば、是非、見るチャンスを探してください。
また、あの監督の過去の発言もご確認いただきたく存じます。
一バルセロナファンとして、ご質問に回答すれば、
「勝利はうれしい。けれどこういう勝利はうれしくない」
です。

| 山といえば川 | 2011/04/29 16:15 | URL | ≫ EDIT

とりあえず勝ってほっとしています。イニエスタが出れないと知った時不安でしたが頑張ってくれました。代わって入ったアフェライのクロス、ナイスでした。

| バルサファン | 2011/04/29 17:21 | URL | ≫ EDIT

ゴトーさん初めまして。
実は3~4年前から楽しく拝見させて頂いておりました。
バリバリのクレでありバルサソシオです。
バルサの選手はみんな応援していますが、一人を挙げろと言われればイニエスタです。

今回の一連のクラシコについてコメントさせて頂きます。

マドリーファンの不公平に思う気持ちや不満も理解できます。
確かに「?」と感じるレッドカードやバルサ選手のオーバーアクションもあったと思います。
でも最も大きな理由はバルサとモウリーニョのプレースタイルの違いではないかと思っています。
バルササッカーはテクニックを駆使した究極のポゼッション&パスサッカーです。そのパスも相手を引き付けるだけ引き付けて、受け手のプレッシャーを軽くしてから出します。
対してモウリーニョのサッカーはフィジカル(強さ・激しさ)を全面に押し出したリアクションサッカーであり、それを能力の高い選手達が完璧な規律のもと90分間やり続けます。
そのような両者の対戦ではどうしてもボールを持ったバルサ選手をマドリー選手が奪いに行くという形になり、試合の経過とともにイエローやレッドが出てしまうんじゃないでしょうか?
プレミアリーグであれば違う展開になるかも知れません。

もともとマドリーはそんなサッカーでは無かったと思いますし、私の感覚ではクラシコは巨人(マドリー)vs阪神(バルサ)のような気持ちでバルサを応援していました。

来週のことは分かりませんが、モウリーニョは戦い方に何かエッセンスを加えなければ同じような展開になるかも知れませんね。
正直な所私はモウリーニョチームと対戦するのが嫌いですし、飽きてしまいました。
去年のインテルとの2legの後などはサッカーを見ること自体がいやになりそうでした。
バルサの勝ち抜けを信じておりますが、あまりわくわく感がありません。

| シャビエスタ | 2011/04/29 22:20 | URL | ≫ EDIT

ゴトー様 楽しいブログに水を差したようで申し訳ございません。お詫び申し上げます。

山といえば川様 今年のだけではなくクラシコはずいぶん長い間観戦しております。私もずいぶん昔はクレでソシオに入ってました。特にロマーリオとストイチコフが活躍してた頃熱狂的なファンでした。至宝と言われる選手たちの極上のエンターテイメントに魅了されておりました。

今回の試合以外のもめごとも存じております。ピケが国王杯でブーイングを受けていた理由も。
しかしながら、純粋にサッカーを楽しみたかった。陳腐なシュミレーションや審判との駆け引きに失望しました。
誇り高きバルセロナはどこにいったのかと思いました。

ゴトー様のブログに書き込んだ理由は、お子様がおられるので、このような試合をどう思われているのかな、と疑問に思った訳です。
息子も多くの少年のようにメッシに憧れて日々励んいます。しかし、こんな試合は見せたくないのです。
本当はゴトーさんのファンです。いつも楽しく拝見しています。
愚痴っぽいコメント、お門違いですよね。申し訳ございませんでした。

| ミッシェル | 2011/04/30 00:01 | URL | ≫ EDIT

バルサは痛がりすぎるし、マドリーは乱暴すぎる。本当に醜い試合でした。
 
でも、一番醜いのはマドリーの監督でしょう。モウ、本当にうんざりする。
 
間違いなく、来年はマドリーにいませんよ。ピッチ外も試合の一部にしてしまう彼は、マドリーにまったくふさわしくない。これまで築き上げたマドリーの価値を毀損するだけの存在になっていることをマドリスタは気づくべきだ。僕はマドリーのユニを自分のチームのユニにするくらいマドリーが好きだけど、もうついていけないよ。
 
勝負への執着は、それはそれで美しいけれど、相手へのリスペクトがないと、何でもアリになってしまう。自分たちのプレーに誇りがもてないという点で、これほど辛い敗戦はないです。

| サンガ | 2011/04/30 10:59 | URL | ≫ EDIT

>ミッシェルさん

コメントありがとうございます。

ミッシェルさんのコメントを拝見して、この試合やバルサのサッカー、果てはサッカーそのものについて色々と考えていたため、返信が遅くなりました(汗)どうもすみません。

まず私の個人的な感想を書けば、私はこの試合がひどい内容だったとは思っていないんですね。乱暴なタックルやシミュレーションを容認している訳では決してなく、もちろん、どちらもクリーンな美しい試合ができればそれに越したことはない。でも、リーガで2強と言われてダントツの強さを誇るバルサとマドリーがこれほどまでに泥臭い試合をするというのは、これはこれで個人的には面白いと思いました。
それだけ両者とも勝利への執念が強く、それだけ相手の強さを恐れ、それだけ真剣に戦ったということですから。

私はバルサのサッカーが好きですが、強いからとか美しいから…と言う理由だけで好きな訳ではないので、この試合を見て「こんなサッカー」とは思いませんでした。相手がマドリーだからこそ、どんな内容でも勝って欲しいと思った。
それは、マドリーをリスペクトしているからですよ。
マドリーが怖いチームだと知っているからです。
そして、そんなライバルがいるということを、私はとても幸せだと思うのです。
常に冷静に美しく勝つバルサの選手たちが、取り乱して人間臭い一面をのぞかせるような試合ってあんまり見られないですから。

ミッシェルさんはこの試合をお子さんに見せたくないと書いておられましたが、親御さんがそう判断されたのなら、それはそれで良いと思います。
でも、私の息子たちはもう高校生なのでその辺のことはあまり考えませんでしたが、お子さんが良い指導者の元でサッカーをやっているなら問題ないと思いますね。
こういう試合の悪い所をお子さんがマネしたとしても、良い指導者ならそれを正してくれるでしょう。
むしろ、これに悪い影響を受ける指導者がいないか、そちらの方が心配です。
少年サッカーで笛を吹いていた頃、審判に見えないように相手のシャツを引っ張る方法を教えたり、相手の足が触ったら転んで大げさに痛がれ…と子ども達に教える指導者を見ましたので。子ども達はプロの選手よりも、身近な指導者から受ける影響の方がはるかに大きいと思います。

10人のサッカーファンがいたら10通りの見方や感想があるわけで、それはどれも間違っていないと思うのです。だから、ミッシェルさんのご意見がグチだともお門違いだとも思いません。
なんか、考えがうまくまとまらないのですが、ミッシェルさんのご意見でサッカーについてあらためてじっくり考えることができたのは良かったと思います。
どうもありがとうございました。

| ゴトー | 2011/05/01 11:50 | URL | ≫ EDIT

>ロジマさん

コメントありがとうございます。

言い訳というのはモウリーニョのことだけを言った訳ではなく、一般論について書いたつもりでした。すみません。
試合に負けた後に審判のジャッジについて語るのは、それがどんな正論だったとしても「言い訳」「負け犬の遠吠え」と取られるのが一般的な解釈だと思うのです。
だから、記事の中で書いたのはモウリーニョがどうこう…ということではなく、試合後に物議をかもす様な要素のない、非の打ち所がない様な内容で勝って欲しい…というバルサに対する私の要望のつもりだったのです。
不快に感じられたようでどうもすみません。

ただ、ひとつだけ言わせていただきたいのは、バルサが70%超のポゼッションをしていれば相手はボールを取りに行くしかなく、なかなかボールを奪えないまま時間だけが経過すれば選手たちは当然イライラするわけで、結果、ボールを奪えないチームのタックルがどんどん荒くなって行くのだと思うのです。
バルサの選手はすぐ倒れるとか大げさに痛がるという意見をよく耳にしますが、ポゼンションサッカーという戦術をやっている以上、あきらかに他のチームの選手よりファウルを受ける回数は多いですし、ケガをしないために踏ん張らずに転ぶという場面も多いと思う(アウベスやブスケは確かにオーバーだとは思いますが)
主審としてピッチ上でそういう場面を繰り返し見ていれば、選手を守るために厳しい判定になり得るのは当然のことです。

例えば今回のペペの退場にしても、試合後、実際に接触していなかったことがわかってアウベスの演技に審判が騙された…と、アウベス、審判の両方が批判されていますが、ペペの足裏を見せてのジャンピングタックルそのものも、相手に触っているいないに関わらず審判によってはレッドカード判定をするでしょう。
審判の判定基準は各国のリーグに寄っても微妙に違いますが、「選手を守るためのジャッジ」は共通だと思います。私はそうレフリースクールで教わりました。

とは言え、バルサの試合を見ていても「今のジャッジはあきらかに誤審じゃね?」と思うこともありますし、人間が審判をやってる以上、ジャッジングで物議をかもすのは仕方のないことだと思っています。
やはり、試合後にこういうわだかまりのない試合をするのが一番ですよね。

| ゴトー | 2011/05/01 12:15 | URL | ≫ EDIT

>ペペペペペさん

コメントありがとうございます!!

厳しい意見も真摯に受け止めます(笑)
私の場合、かなり偏愛的な見方をしてると思うので、たまには人さまにガツンと言ってもらって「ああ、そうか、そういう見方もあるな」と気づかせてもらわないと(笑)
これからもゆるゆる書いていきますので、とんちんかんなこと書いてたらガツンと行って下さいね!(笑)

>バルサおじさん

コメントありがとうございます!!

私がバルサにはまったきっかけが、06/07シーズンのクラシコなんですよね。
メッシがハットトリックして3-3で引き分けた試合です。
あれが最初に見たバルサの試合だったので、クラシコには何か特別の思い入れがあるし、あの張りつめた空気とかたまらなく好きです。
あとは、マドリーが優勝した時のクラシコで、ベルナベウで花道作らされた時の屈辱は今も忘れてない(笑)その時その時で、クラシコにはいろんな思い出がありますよ。
モウの口撃も、あれも作戦の一つだと思ってるので面白いと思ってみてます(笑)
ああいう監督がいてもサッカーが面白くなって良いんじゃないですかね(笑)

>山といえば川さん

コメントありがとうございます!!

記事にも書いたように、マドリーの誰かが退場すればきっとこんな風になるとわかってたので、試合中ずっと「退場なしで勝って欲しいな」と思ってました。
今回の試合は特に、ペペに一番苦しめられてただけに、ペペがいなくなったから勝てた…と言われてもしょうがないような内容でしたし。
それでも、勝てたのはうれしいです(笑)
私は自分もサッカーをやっていて、かなり泥臭いFWなので、泥臭くても勝ちは勝ち!って思っちゃう(←クレの風上にも置けませぬ)
でも、できればまったく非の打ち所のない勝ち方をしてモウリーニョに「参りました」って言わせたいですよね。

| ゴトー | 2011/05/01 12:29 | URL | ≫ EDIT

>バルサファンさん

コメントありがとうございます!!

バルサファンさん同様、私もイニエスタ不在と聞いてめちゃめちゃ心配でしたし、実はホントに「こりゃCLも終わりかぁ」と思ってました(汗)
それくらい、マドリーが怖かった(笑)
あそこでアフェライ入れた時は「は?」って思いましたけど、ペップの采配も、それに応えたアフェライも素晴らしかったですね。
でも、クラシコはまだ残り一試合あるので、次こそ完璧な試合で勝って欲しいです。

>シャビエスタさん

コメントありがとうございます!!

3~4年も前から私のグダグダブログを見ていただいてるとは、本当にうれしいです。ありがとうございます。そういう声を頂くと本当に励みになります。

今回物議をかもされてる件に関しては、私もシャビエスタさんとまったく同意見です。両チームの戦術の違いがこういう状況を引き起こすのだと思っています。
私も自分がサッカーをやっているので、強いチームと試合をして自分たちがほとんどボールを触らせてもらえない状況になったりすると、やはりイライラして激しく当たりに行ったり手が出たりしてしまいます(←サイテーですね:汗)

それは、プロのチームでも同じだと思う。
まして、バルサのように70%超もボールを支配していれば、自分たちのサッカーをやるチャンスもないまま時間だけが過ぎてしまう。
その焦りから、どんどん当たりが激しくなってしまうのだと思うのです。
ポゼッションサッカーをやっていたらどうしてもファウルを受ける回数も多くなりますし、選手が自分の身を守ろうと踏ん張らずに転ぶ場面も増えると思う。
アウベスやブスケのにはいささか私も「やり過ぎだろ」と呆れることもありますが、イニエスタやチャビ、メッシの転び方を見れば、ケガをしないために力を抜いていることがわかります。
それを「すぐ転ぶ」「汚い」と言われるのはやはり気分が悪いですね。

バルサとやる時は必ず10人になる…とモウリーニョは言いますが、昨年のCLだったか、1点リードされた時点でインテルが10人になり、結果、引きこもられて負けた試合がありました。今回の試合だって、マドリーが先制していれば同じ戦術を取ったでしょう。
審判を批判する前に、自分の戦術が失敗だったと認めるべきだと思いましたね。

次節のカンプノウでは、モウリーニョが「参りました」と言うくらいの完璧な内容で勝って欲しいですね。

| ゴトー | 2011/05/01 12:46 | URL | ≫ EDIT

>サンガさん

コメントありがとうございます!!

サンガさんはマドリーファンの方でしょうか?
モウリーニョがマドリーに来た時は本当に脅威を感じました。
なんと言っても、バルサは昨年のCLでモウリーニョに負けていますから(汗)

彼のピッチ外での戦術は賛否両論ありますけど、私は個人的にはそういう監督がいても面白いと思っています。
でも確かに、自分の好きなチームの監督だったらちょっと嫌かもしれませんけど。
でも、行くチーム行くチームがタイトル穫ってるのは事実ですし、やはりモウリーニョには実力があるのでしょうね。
モウリーニョ信者もいるくらいですし。

試合内容については記事に書いたので省きますが、強いて言えばアデバよりもイグアインの方がバルサは怖いんじゃないかな…と思います。
なんでイグアイン使わないんですかね?
バルサよりもマドリーの方が選手層は厚いし、次節も油断はできないな…と思っています。

| ゴトー | 2011/05/01 12:54 | URL | ≫ EDIT

なんか言葉が足りなくて伝わって無かったので付け加えm(_ _)m
印象というか記憶に残らないってのはモウリーニョが指揮する試合であって、クラシコは常に記憶に残ってますよ(笑)
初めて見たクライフバルサのマニータ、フィーゴの裏切り、リバウドのゴール取り消し…
ゴトーさんの仰るようにライカーバルサがボコボコにやられたクラシコも忘れられないし、ペップが指揮してからのクラシコは記憶に残るものばかりです!!

| バルサおじさん | 2011/05/01 16:34 | URL | ≫ EDIT

丁寧な返事有難うございます。
反射的にコメントしてしまったので、乱暴な内容になってしまい申し訳ありませんでした。
ただ、ゴトーさんの記事の内容に少しイラついたのは事実なのです。
バルセロニスタのゴトーさんにとって、所属選手の悪口をいいたくないのはわかります。バルサの選手全員を愛しておられるのだと感じられます。
しかし、不公平な形で勝利を盗もうとする選手がバルサに居り、またバルサを有利にさせようとする審判が居ることは、客観的に見ると明白なのです。
こういう人達によって、最高の雰囲気だった今回のエル・クラシコが台無しにされてしまったのです。
それなのに、ゴトーさん含め多くのバルセロニスタはこの事実から目を背けたり、どこか見下した様な態度で自分達のチームは悪くないと言います。
負けたり疑惑の勝利を納めたりすればポゼッションだなんだと言って、相手を責める。
イタリア伝統のカテナチオをアンチフットボールと揶揄する。オーバーラップを産み出した戦術だとも知らずに。
これ、かなりイラつきます。
サッカーは強い方が勝つんじゃない、勝った方が強いんです。支配率なんか試合後のデータのひとつに過ぎないんです。
今回のペペは、確かに足の裏を見せていました。規定だとイエローカード以上とかいう話もあるプレーです。
でも、当たってないんです。足の裏が相手選手に突き刺さっても流される試合も結構あるのに、彼はこれで退場してしまったのです。
そしてホームなのに大差で破れてしまった。
恐らくレアルがビッグイヤーを掲げる可能性は5%程になってしまったでしょう。
もし今回がペペの人生で最大のチャンスだったとしたら、彼はこの退場を一生悔やむでしょう。
かつてクライフはドリーム・チームに対し、試合前によく「楽しんでこい」と言っていたそうです。(ペップ、ミカブラ兄弟とか、クーマンが居たときのドリーム・チームです。)
果たして今のバルサは楽しめているのでしょうか。

| ロジマ | 2011/05/02 15:40 | URL | ≫ EDIT

しつこくすみません。少しだけ補足させて頂きますと、僕はバルサのスタッフ、選手全員が悪いと言っているわけではないし、いつも有利な判定を受けているとも言いません。
一昨日のソシエダ戦では逆に不利な判定をされましたし、ここ三年ほどの大成功の99.9%は実力で手にいれたものだと思います。
しかし、相手が実力の拮抗する強敵であればあるほど残りの0.1%の影響が大きくなるのではないでしょうか。

もう一つ補足させて下さい。僕はご存知の通りインテリスタで、全ての選手が好きですが、昔のコルドバやマテラッツィの故意に相手を破壊しようとする姿勢は大嫌いでした。サッカー選手の風上にも置けない吐き気のもよおすクソヤロウだと思っていました。(最近は改善されたようです)
今もサムエルはシャツを掴むし、スナイデルは必要以上に暴力的で不快です。
だからゴトーさんも無理にバルサの選手が全員を愛さなくてもいいと思うのです。
ブスケッツには「チラ見してんじゃねーよデバガメ野郎」言ってもいいと思うのです。

と、長々と説得力も論理性もない駄文を失礼しました。
ちょっとした参考程度に考えて下さい。
あくまで私見ですので間違いも多そうですし…

| ロジマ | 2011/05/02 16:18 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。いつも楽しく拝見してます。
頑張って下さい。

| ピッケン | 2011/05/02 18:30 | URL | ≫ EDIT

>ロジマさん
そんなに言いたい事があるなら
ご自分のブログでなさいな。

あまりにも長い(数回に及ぶ)レスは
ネチケット的にもどうかなぁと思います。
イラっとしますので^^



>ゴトーさん
無理しないでくださいね。
↑↑へのレスもしなくて良いと思います。
あと私へのレスも不要です。


最後に
ここでのこの話題もう終わりにしましょう。
ナニ様か!?と問われれば
ただのゴトーファンです。


| 村長 | 2011/05/02 20:13 | URL | ≫ EDIT

ゴトーさん、はじめまして。
失礼します。

ロジマさん。

私はクレです。


>不公平な形で勝利を盗もうとする選手がバルサに居り、またバルサを有利にさせようとする審判が居ることは、客観的に見ると明白なのです。

客観的に。
明白。ですか。

爆笑しました。

神の視線をお持ちでいらっしゃるんですね。

去年のインテル-バルサの一戦目のミリートの三点目、ロジマさん主観的に観ていかがなものだったのでしょうか。
私はクレで、バルサを客観的にとらえるのは不可能ですが。

不公平な形で勝利を盗もうとする選手がインテルに居り、またインテルを有利にさせようとする審判が居ることは、主観的に見ると明白でした。


>足の裏が相手選手に突き刺さっても流される試合も結構あるのに、彼はこれで退場してしまったのです。

流される試合も結構あるのにねえ。。。申し訳ありませんでしたねえ。運が悪かったんじゃないですか、としか言えないです。私の主観的には。客観的は見れないので。まあできれば足の裏を見せなければより良かったんじゃないですかねえ。

>果たして今のバルサは楽しめているのでしょうか。

間違いないですね。クレの主観的には。少なくとも去年のチャンピオンよりは。
ていうか大きなお世話ですね笑。
ロジマさんが今のバルサに何を求めているかは知りませんが。

| k2 | 2011/05/03 00:00 | URL | ≫ EDIT

>バルサおじさん

すみません!
勘違いしました(笑)
そうですよね!クラシコは他の試合とは違うのですから、記憶に残らないわけないですよね(笑)

>ロジマさん

サッカーファンが100人いれば、100通りの楽しみ方があり、100通りの解釈の仕方があり、100通りの応援の仕方があるのだと思います。
ロジマさんのおっしゃっていることが間違っているとは思いませんが、私には共感はできません。
なぜなら、最初にも書いたように、見る人それぞれの解釈の仕方があり、どれが正しくて間違っているかなど、誰にも決められないからです。
それは、ロジマさんが、私が書いていることに共感できないのと同じです。

ロジマさんは、今のバルサが楽しめているか?と書かれていましたが、その質問をロジマさんにもしたいです。

ロジマさんはサッカーが好きですか?
サッカーを楽しめていますか?

私はサッカーが大好きです。
バルサのサッカーも大好きです。
サッカーをやっているときも、バルサの試合を見ている時も、心底サッカーを楽しんでいます。

以前も、私のブログを読んで「イラついた」と書かれていましたよね。
もしもロジマさんが私のブログのせいでストレスを感じてサッカーを楽しめないのならば、私のブログを読まない方が良いと思いますよ。
ロジマさんがサッカーを楽しむためにも。


>ピッケンさん

コメントありがとうございます!!
これからもゆるゆる書いていきますので、よろしくお願いします!

>村長さん

コメントありがとうございます!

レスいらないよとおっしゃってくれてるのにレスしちゃいました(笑)
すみません(笑)
こんなミーハー主婦のブログを読んで下さる方には、ちゃんとお礼を言いたいのです。私は私の言葉で、私の書き方でしかブログが書けませんが、これからもゆるゆる書いていきますので、よろしくお願いします。

>K2さん

コメントありがとうございます!

いよいよ明日は最後のクラシコですね!!
最後は試合後にいろんな物議をかもすことのないよう、すっきり勝って欲しいと思います(笑)
相手チームはライバルであって敵ではないし、サッカーはスポーツであって戦争ではないので、サポ同士がいがみ合ったりするのは悲しいことですもんね。

| ゴトー | 2011/05/03 01:24 | URL | ≫ EDIT

アフェライがんばれー
CL観れないので、ゴトーさんのブログで確認しましたー☆いつもありがとうございまーす!
おもしろかったっす♪

なかなか活躍できないアフェライくんをみていて母のような気持ちでいる私です。CL で活躍できたとは、ほっと一安心です(>_<)

バルサの一員としてがんばれー\(^o^)/

| saya | 2011/05/03 12:21 | URL | ≫ EDIT

申し訳ない
見苦しいですが最後に一度だけ書き込みさせてください。

K2さん
三点目の前にミリートは完璧な飛び出しを消されたので帳尻合わせと考えられます。セカンドレグではピケがオフサイド臭い&ボヤンが「蹴る前に」笛が鳴っており、DF陣のプレーが遅れていました。
退場の時の判定についてですが、全く見事に引っ掛かってくれましたね。ペペと殆ど同じプレーをブスケッツがアロンソに行っていたことに気付けていませんでしたか。主観的過ぎるのも考えものですよ。見事に僕を見下していますし、もしかしてわざと乗ってくれたんですか?

ゴトーさん
その通りです。確かに無数の解釈の仕方がありますね。
しかしながら今回は別です。
現時点で全くの他人であるファーディナンドとオーウェンが、批判したんです。こんなこと異例です。
さらに紳士であるアンチェロッティも退場の判定について明確なファウルには見えなかったとコメントを残しています。
私はサッカー大好きですよ。なので人生の一部を捧げてきました。
今も凄く楽しんでいます。ご心配なく。
ただ今回のクラシコは不快です。ダイブをして、取られなかったら審判を皆で囲んで脅迫紛いのことをする。
そして結局、前回の試合で最も効いていたペペがピンポイントで退場。
なにが面白い試合なんですかこんなの。不快以外の何物でもないです。
ミッシェルさんの気持ちがよくわかります。

ゴトーさんならバルサの疑惑の判定についてバルセロニスタから見た理知的な意見を書いてくれるようなってくれると思い、また、コメント欄がただ管理人をヨイショするだけの気色悪いブログになってほしくなかったので、ついムキになってしまいました。御免なさい。

ママさんサッカー、諦めずに頑張って下さい。

| ロジマ | 2011/05/03 21:21 | URL | ≫ EDIT

>sayaさん

コメントありがとうございます!!

私もアフェライは気持ちばかりでなかなかフィットできないなーとちょっと心配になってたので、この活躍はとてもうれしいです!
ただ、ボヤンくんのケガ中に覚醒しちゃった感じなのがボヤンびいきの私としてはちょっと複雑なんですけどね(汗)

いよいよクラシコ最終節ですね!
気持ちよくブログが書ける様な内容で勝って欲しいです(笑)

| ゴトー | 2011/05/03 22:33 | URL | ≫ EDIT

ゴトーさん、お久しぶりです。

とりあえずクラシコは今日で終わるけれど両チームの険悪なムードがスペイン代表にまで悪影響にならないか心配ですねー(汗)
夏にはスーペルコパクラシコもあるんですよね、しかもH&Aでって・・・正直モウお腹一杯です。

ブログやってると色々ありますね。でも今回も真摯な対応で良かったと思います。これからも楽しませてくださいね(笑)
ではまた。

| ちゃあ | 2011/05/03 23:36 | URL | ≫ EDIT

>ちゃあさん

お久しぶりです!
コメントありがとうございます!

まあ、実際に接触してもめたりしてるのは外国人選手(マルセロとかアウベスとかペペとか)ですし、スペイン代表には影響ないんじゃないですかねぇ。
カシージャスとチャビというベテラン選手が仲良しだから大丈夫でしょう。

スーペルコパってH&Aでしたっけ?
シーズン前にケガされたりしたら嫌だなぁ(汗)

ともあれ、クラシコ4戦終わってホントに良かったです。
ただでさえ因縁対決なのに、4つもあるとホントごちゃごちゃめんどくさい(笑)そして、バルサ決勝進出で終わったのがホントにホントにうれしいですね\(^o^)/

| ゴトー | 2011/05/04 06:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。