PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【女子サッカー】若いってスバラシイ(´・_・`)

昨日はサッカーの試合に行ってきました。

…と言っても、いつものママさんリーグではなく、うちのトップチーム(成人一般女子)のリーグ戦に「人数が足りないから」ということでかり出されまして。
まあ、人数合わせにママさんを呼ぶくらいだから、相手はそんなに強豪でもないんだろ…と思って軽い気持ちで行くことにしたんですけども、よくよく聞いてみたら相手はなんと静岡県で1位2位を争う女子サッカーの超名門高校(大汗)

言うまでもないですけど、強いです。当たり前です。
しかも、高校生と言えばうちの息子くんたちと同世代。ってことは、必然的にアタシは、相手チームの選手のお母さんたちと同世代ってことっすよ(笑)
そんなアタシでいいのか??…って思ったんですけども、強豪相手に11人揃わないよりはマシ…ってことだったのか、「まあとにかく来てください」ってことだったので、まあとにかく行ってきました(笑)

基本的にママさんのリーグ戦は平日の夜に行われるので、昼間の試合となると自分の体力が持つか正直心配でした(笑)おまけに20分ハーフのママさんの試合に対して、一般女子のリーグ戦は35分ハーフ(汗)ハーフだけでママさんの1試合分弱あるってことですよ(汗)へたれなアタシは、トップの監督に「35分ハーフじゃ前後半全部は無理っす」と訴え、結局私を含めて4人のママさんが招集され、70分を4人で割って交代で試合に出ることに(笑)

でも、不安なのは体力的な面だけじゃなく、やっぱり技術面での不安の方がはるかに大きかった。会場についてみたら、うちのチームの他に来てた3チームは全部高校生(汗)
若くてピチピチ(←死語)してるし動きもボールタッチも軽やか。
それだけでも「うわぁ(汗)」ってビビってんですけど、それ以前に、自分のチームのトップの若い子たちの中に混ざることすら不安でいっぱいな訳ですよ。

サッカー始めてまだたった5年のへたくそな上に、体力的にも厳しいアラフォーのおばちゃんがピッチに入ったら、他のメンバーの足をモーレツに引っ張っちゃうんじゃないか…とか、そういうことばっかりが頭ん中をグルグルグルグル駆け巡ってて、試合前のUPのときには気持ち悪くて吐きそうになってました(ええー!)
去年初めてママさんのリーグ戦に参加して試合経験を積んで、最近やっと試合の前にあまり緊張しなくなって来てたんですけど、昨日は久しぶりに超絶緊張しました(汗)

てなわけで、前置きが長くなりましたけども(笑)、いよいよキックオフ。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



私はトップ下で出場。
トップ下と言っても、いつものママさんでの攻撃メインのトップ下という役割ではなく、相手が強豪なので前からの守備重視のトップ下という役割でした。
システムとしては、3バックの前にツーボランチと両サイドハーフ、ワントップの下にトップ下が2人並ぶ形。3-2-4-1?3-4-2-1?なんかよくわかりませんけど(笑)

相手のキックオフから試合が始まったんですけど、立ち上がりは相手の様子を見すぎたのか、開始5分もしないうちにパスでどんどんボール運ばれてあっさり失点(>_<)
なんかホントに、こっちの足が動き出す前に、気持ちがゲームに入る前にあっさりやられた感じでした(汗)

私は相手がキックオフでボールを蹴りだした瞬間にプレスをかけに走りましたけど、とにかく落ち着いてるし、当たり前だけど交わしがうまい。
ほとんどの選手が相手のプレスを受けても冷静にボールを動かして相手の足を交わして自分でフリーになれる。ただ、こういう技術に関してはうちのトップチームの子たちももちろん同等のモノは持っていると思う。ええ、こういう基本的なことすらまともにできないのはピッチの中でアタシくらいでした(えーん)

試合前にトップのメンバーの子たちから「相手がボール持ったとき、中と外どっちを切るかは周りを見て判断してください」と言われたけど、試合が始まってみたらそんな余裕全然ない(汗)
ただひたすらボール持った相手を追い回すしかできなかった(汗)
時々ボランチの子からの指示が背中に聞こえてたけど、試合中は無我夢中で、その指示通りに動けていたのかは不明(えー!)

さらに、試合中は緊張しすぎて頭真っ白、思考停止状態で、味方がボールを持った時の切り替えがホントに遅かったと思う(←自分が)
それには、「私がここでボールを受けても前を向けないかも」とか、「味方につなげれないかも」という不安も多いに影響してたんだと思う。
ワントップの子が何度も「ゴトーさん、ボールもらえるところに顔出して!!」と叫んでいたけど、最初のうちはビビりすぎてボールもらいたくなかった(←へたれ過ぎ)
そんなへたれなアタシを見てワントップの子が「当てにならない」と思ったのか、本来ならアタシがボールもらいに入らなきゃいけないスペースにまでその子が走ってて、はっきり言って私のせいでかなり余分な体力を使わせてしまっていた(>_<)
途中からは「これじゃイカン」と思って攻守の切り替えを早くすることを意識しつつ、味方がボール持ったらもらえる位置に入る努力をしたけど、どうしても動きだしで女子高生に負けてしまっていい形でボールをもらうことができず(>_<)

結局、何がなんだかわからないまま、前半20分で他のママさんと交代。

ろくにボールにもからめず、自分のプレスがちゃんと効いてたのかどうかもわからず、でも、ただただ体力だけはモーレツに消耗してた(汗)
それなのに、あたしがベンチに下がった前半20分時点ですでに3失点か4失点はしていました(汗)

ベンチに下がって全体的に試合を見てみると、とにかくうちのチーム全体の運動量が格段に落ちてることがわかった。相手に走らされるとそれだけでもかなり体力消耗するし、なんてったって相手は女子高生(^_^;)
うちのトップチームは20歳前後の若い子もいるけど、30歳前後の選手がほとんどなのでやはり体力的にかなり厳しい感じでした。
とは言っても、毎日部活で鍛えてる女子高生と、仕事の後に週に2~3回しか練習できない社会人ではやはり体力的に差が出ても仕方ないというか、当然だと思う。
まあ、そこを言い訳にしちゃいけないんだろうけど。

結局、前半最後の方はうちのチームが完全に電池切れ状態で、相手にドリで楽々突破されたりと好き放題やられ、前半だけで5失点(>_<)
ただただ体力負け…って感じだった。

前半終了してベンチに戻ってくるメンバーを迎えるとき、何かすごく居心地が悪かった。
みんなが死ぬほど疲れた顔して戻って来るのを見て、「アタシが全然役に立たなかったからだ」とか「ただ足引っ張っただけだ」とか、なんか、自分の中にすごい罪悪感が生まれて他のメンバーの顔をまともに見れなかった。
こういうメンタル弱々なとこが自分でも大キライなんだけど、どうすればそれを克服できるのかいまだにわからない。長谷部の本読んだら自分で自分の気持ちをコントロールできるようになるんだろうか。
私はこうやって、いつもいつも自分に負けるのだ。


それでも、前半20分で本日のアタシのお役目は終了…と思っていくらかリラックスしてベンチで後半を見守っていたら、後半途中でトップの子が2人負傷退場という予期せぬ事態に(汗)
で、「ゴトーさん、トップで入って!!」と、再びピッチに戻ることになったのでした(←1度下がっても2度までピッチに入れる)

おそらく、前半5得点という大勝ペースになったため、相手は後半、選手のほとんどを入れ替えて来たようで、後半はうちが押し込む時間帯も長くなりつつありました。それなのに、主力2人が負傷交代し、結局ピッチには3人のママさんが入るはめに(汗)きっと若い主力2人が抜けなかったら点が取れてたと思うんですけど、私は前線でなかなかボール受けれないし、ボランチ2人が抜けたので、相手にボールを奪われると一気にゴール前まで抜かれて大ピンチの連続で、結局後半も3失点。

個人的には、前半のトップ下よりは一番前の方がいつもやってるし動きやすかったんですけど、とは言ってもトップチームの人たちとは連携の練習もほとんどしてないので、どこからどうパスが来るのか全然わからないし、足元にパスを出されると動き出しの早い相手のDFにカットされてしまう。
かといって、スペースに出されても走りで負けるしで、もうどうすりゃいいのか全然わかりませんでした。あはは(涙)

ただただ思ったのは、「若いってスバラシイ」(笑)

アタシは、万が一明日死んでも後悔しないように毎日を精一杯楽しんで生きてるんで(笑)、女子高生とか見てもあんまり「若い頃に戻りたいなー」なんて思ったりしないんですけど、昨日はつくづく「あー、この年に戻ってサッカーできたらなぁ」って思いました(笑)あ、ちなみにアタシがJKの頃はソフトボール部でピッチャーやってたんですけどね(笑)

てなわけで、試合は0-8という大敗でした。
おそらく、ママさんが入ってなくてちゃんと主力が揃ってたらこんなに大量失点はしなかったんだろうと思う(>_<)
ホントに申し訳ない限りですm(_ _)m

でも、個人的には良い経験をさせてもらった。
ママさんのゲームスピードとは格段に違う試合を体感させてもらったし、トップチームの中に入れてもらって、トップの人たちが試合中どんな風に動いてるかとかどんな風にコミュニケーション取ってるかとかを間近で知ることができた。
すべてがママさんの試合とは全然違う世界だった。
これを、ママさんの試合で活かせるかどうかはわからない。
でも、レベルの高い試合を体感させてもらったことで、自分はもっともっと頑張らなきゃダメだって思った。

そう思えただけでも、きっとこの試合に出て良かったんだよね…。
でも、もし次もトップの試合に出してもらえる機会があったら、次こそはド緊張せずにもう少し落ち着いてやりたいです(多分ド緊張するけど)

そういえば、うちのチームの高校生の子が試合前ド緊張してるアタシに「手のひらに「犬」って書いて飲み込むといいんですよ!」って言ってたけど、今は「犬」なんですか?「人」じゃないんですか?(笑)

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。