PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【リーガ第16節クラシコ!!】ベルナベウでバルサ勝利!

いよいよ明日、クラブワールドカップにバルサが登場です!!
バルサの選手が今この同じ日本にいるとか、ホントテンション上がりますね!!
初日はフリーだったようで、twitterやFacebookなどで日本を満喫する様子を選手たち自身が伝えてたようです。

ちなみにTwitter,Facebook情報によると、イニエスタくんはメトロに乗って銀座方面へお出かけし、ピケ、プジョル、セスクは京都へ、アウベス、アドリアーノ、マクスウェルのブラジル人トリオは表参道へ、ビジャは横浜のマックなどで目撃された模様(笑)
メッシは桜木町の改札で引っかかってるところを目撃されています(笑)
ピケの彼女のシャキーラも日本に来てるようで、初日は東京に一緒にお泊まりしたようですね。バルサの選手にシャキーラにネイマールをはじめとするサントスの選手たちが今日本にいるなんてすげーなあああああああああ!!!!…ってな感じでテンション上がり過ぎて、クラシコのことをもうすっかり忘れてました(ええー

クラシコ前はもう超ドキドキしてたんですけどね。
「ケガさせるなよ!!日本に来れなくなっちゃうからな。イニエスタもメッシもチャビもセスクもみーんな見たいんだからな。誰もケガさせないでくれよ!!」と思ってドキドキでしたよー(え?そこ?)
あ、自慢じゃないけど決勝見に行くんですよ。いえ、自慢ですけどね(えー)
なので、無事クラシコ終わってバルサご一行がその足で日本にやってきてからは、もうずーっと舞い上がっちゃってブログのこともすっかり忘れてました(←という長い言い訳)

そんなわけで」、CLバテ戦も前倒しになったラージョ戦も思いっきりスルーしたんですけど、だからって伝統の一戦クラシコをスルーするわけにもいかないので、そんなのバルセロニスタって言えないので、いや、言っちゃいけないので、やっぱちゃんと書いときます(笑)
一応バルセロニスタの端くれとして(笑)

とりあえず、この試合のスタメンは以下の通り。

GKバルデス、DFアウベス、ピケ、プジョル、アビダル、MFイニエスタ(89min→ペドロ)、ブスケツ、チャビ、FWサンチェス(84min→ビジャ)、セスク(79min→ケイタ)、メッシ

SUB:ピント、ケイタ、ビジャ、ペドロ、チアゴ、マスチェラーノ、マクスウェル

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています。



第14節までで首位に立ってたマドリーとは勝ち点差が6ありましたから、正直「もしかして勝てないんじゃないかなぁ」などと弱気になっておりました(汗)
モウリーニョ2年目の今季のマドリーは実際強いと思うんですよ。
正直なところ、クラシコでの直接対決でもしもマドリーに負けたら今季の優勝はむずかしいだろうな…というところまで考えていました。
だから今節は勝つしかなかった。
勝ったとしても、CWCの影響で1試合多く消化してるバルサは、まだ3ポイントマドリーにリードされる可能性が高い訳で、この後マドリーが負けなければ、第35節の2度目のクラシコ(4/22)で勝つ以外に優勝出来ない訳です。
まあ、まだリーガも折り返し地点なんでわかんないですけど、どっちにしても直接対決ではマドリーを倒しておかないといけないわけです。

それなのにね、それなのに…。
先制したのはなんとマドリー(汗)
しかも、バルデスのあのミス!!!!
あれ見た瞬間に「もう今年優勝ムリじゃね?」って思っちゃったよ(早ぇぇぇ)
ベンゼマやエジルに最終ラインがモーレツプレスかけられて、焦ってバックパスしたボールをバルデスがディマリアにパーーース!!…って!!!!

走り込んだベンゼマへのパスはブスケがはじき返すも、これをエジルがボレーシュート。再びブスケに当たったボールは運悪くベンゼマの前に落ちて、前半わずか1分で失点です(汗)

…って、なんじゃそりゃ!!!!1分ですってよ!奥さん!!(汗)

失点した後のバルデスの「テヘペロ」みたいな顔見て「こりゃもしかしてボコされるんでないかい?」と不安を感じずにいられませんでしたわ(汗)

…が!!やはりクラシコ男のメッシがやってくれましたね!!
マドリーのモーレツプレスをかいくぐってドリでボール運び、前線にスルーパス。
これをサンチェスがペペとラモスに寄せられながらもシュート打ち、前半30分に同点弾をGETしました。
サンチェスは最初見たとき「カンテラーノ?」って思ったくらい、バルサのサッカーにしっくり馴染んでるよねぇ。

しかし、この同点弾が決まるまではもう気が気じゃなかったです(汗)
マドリーの寄せが早くてバルサはなかなかパスがつながらない。
気になったのは、中盤でチャビやセスクが簡単にボールを失ってたこと。
確かに、バルサの場合はロンド(パス回し)を封じられたら攻撃できませんから、それには中盤の選手がボールを持った時につぶすのが一番効果的な訳なんですけども、それでも、5-0で勝ったあのクラシコのときにはマドリーのあのモーレツプレスを持ってしても封じ込められないような超高速パスがくるくる回ってましたからね。
前半は波に乗れなくてあのパス回しがなかなか出なかったので、点が入る気が全然しなかった。そんな中でのメッシの突破とサンチェスのあのシュートは流れを変える大きな仕事となりましたね。

ちなみに、パスがつながらない原因の一つとして、セスクの存在が若干気になりました。セスクのところで必ずパスが途切れることが多かった気がする。
セスクが入る時は4-3-3というより、試合の中でセスクやメッシが若干下がり目のトップ下気味になって、4-4-2みたいな形になることが多い気がするんですけど、これが相手によってはものすごく威力を発揮する時とそうでないときがあると思う。この試合では途中セスクは消えてたので、あまりうまく行ってないなーと感じました。サイドがコエントランとマルセロなら、ビジャやペドロを使ってサイドからえぐっても良かったんじゃないかなーとか思いました。まあ、それはモウの想定内だったとは思いますけど。

でも、セスクは途中消えてた割に、後半3点目となるヘディングシュートを決めてきっちり仕事はしましたけどね。
セスク、ヘディングシュートうまいですよね。アーセナルにいるときには全然気づかなかったけど(笑)

…って、ちょっと内容が前後しちゃいましたけど、前半を1-1で折り返し、後半8分にはチャビのシュートがマルセロに当たってコースが変わり、2-1でバルサが勝ち越します。
そして、さっき書いたセスクのシュートで3-1と引き離し、試合は結局そのままバルサ勝利に終わる訳なんですが、今節も両チーム合わせて7枚と結構な数のイエローカードが出ました。でもまあ、誰も退場しなくて良かったですけどね(笑)
「バルサとやるときはいっつも10人なんだぜ」ってモウがブツブツ言ってますからね、いつも(笑)なので、11人でも勝てなかった今節はモウが記者会見でなんていうのかめちゃくちゃ楽しみでした(笑)
まあ、思ったより面白いこと言ってなかったので省きますけど(ひどい)

マドリーの印象としては、前半の勢いが後半まで続いていなかった…って感じでした。ベンゼマはポストがうまくなったし前線でのプレスもよく頑張ってた印象ですけど、エジルは相変わらず途中で運動量が落ちて消える気がするし、ディマリアに代えてカカーが入って来たのも、むしろディマリアの方がコワかったのであまり意味がなかったように思えましたね。
それから、ペペはやっぱりボランチにいた時の方が脅威だったし、コエントランとマルセロのサイドバックはマッチアップで負け負けだったように思います。
つまり、マドリーがここまで勝っているのは攻撃力があるからで、守備力はいまいちだと思う。ラージョ戦では6得点しながら、ラージョに2ゴールを許してますからね。なので、バルサのようにボールを支配されてしまったら攻撃のチャンスも減るので厳しいと思いました。ボール奪ってからのカウンターはホンットに早くてコワいですけどね。クリロナはあまり目立たなかった分、大人になったなーと思いました(笑)

てなわけで対モウリーニョとの3度目のクラシコも勝利で飾り、バルサご一行は全員ケガなく無事日本にやってきましたよ!!同じ日本にチャビやメッシやイニがいると思うとホントにテンション上がるなああああああああ!!
そして私は、18日の3位決定戦と決勝を見に行きます!
ああーーーメッシをカバンに入れて持って帰りたい!!(※それは誘拐です)

人生初の生バルサ、生メッシを目一杯堪能してこようと思います。

| コメント(2件) | TOP↑

COMMENT

チャビは
立ち食いそば屋で目撃情報があるらしいですね。カウンターにプジョとかイニとか並んで蕎麦啜ってるの見てみたい。

| パパペ | 2011/12/14 13:08 | URL | ≫ EDIT

>パパペさん

立ち食いそば屋ですか!!(笑)チャビ、おそばすすれるのかな?(笑)
てか、立ち食いそば屋にチャビいても気づかないかも(笑)

| ゴトー | 2011/12/16 13:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。