PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【リーガ第26節バルサvsヒホン】クリープを入れなくても

前節のアトレティコ戦の感想を書いてませんが、もうあんまり覚えてないので省きます(えー)

この試合はLIVEで見れなくて随分時間が経ってから録画を見たんですよ。
そうするとだいたい、録画見るまでの間にTwitterのサッカーファンの方のつぶやきとかで結果を知っちゃうのがほとんどなんだけど、なぜかこの試合に関するつぶやきは全然見なかったんだよね。
なので、「もしかして負けたの?だからバルササポが何もつぶやいてないの?」って思ったけど、結果は2-1でバルサの勝ちでした。
でも、ぶっちゃけ試合内容は負け負けだったと思う。
アトレティコの激しさにたじたじになってたというか。
終わってみたら「良く勝てたなコレ」って思ったもの(汗)
まあ、こういう試合を勝ちきることも大事だけども、目の肥えたバルササポに取っては満足できる試合じゃなかったのかも。

で、この試合の後にはスペイン代表の国際親善試合があり、私が前からずーっとデルボスケに言ってた通り(←え?)、トーレスの代わりにソルダードが代表に招集されました\(^o^)/
そしてなんと、そのソルダードが代表戦でハットトリック\(^o^)/
これは嬉しいニュース!!!
テレビ中継がなかったので残念ながら試合は見てないんですけども、下記のリンクからハイライトシーンだけ見られます。
イニエスタくんの神業的足技も必見ですよ、奥さん!!

Soldado pide paso en la sobresaliente 'manita' de España a Venezuela (5-0)

てなわけで、話を今節に戻します。

前節までで19位と降格の危機に陥ってるスポルディング・ヒホンをホームカンプノウに迎えての今節。25試合やってたったの5勝しかしてないヒホンなら楽勝で勝てるだろ…と思いたいところですが、なんと今節はメッシとブスケがサスペンションで欠場なのです。これはヒホンにとっては大チャンスですよ。
メッシのいないバルサなんて、クリープを入れないコ(←ネタが古過ぎるので以下省略)

とりあえず、そんな今節のスタメンは以下の通り。

GKバルデス、DFアウベス、ピケ、マスチェラーノ、アビダル、MFチャビ、ケイタ、イニエスタ、FWペドロ(59min→テージョ)、セスク(59min→サンチェス)、クエンカ(82min→プジョル)

SUB:ピント、プジョル、サンチェス、テージョ、ムニエサ、ドスサントス、セルジ・ロベルト

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています



さて、今節のバルサはクリープを入れないコーヒーかと思われましたが(←結局言ってる)、終わってみれば「これはこれで面白かった」と思いました(笑)
まあ、3-1と結果的に勝って終わったのでそう思える訳ですが(笑)

中盤の底にブスケの代わりにケイタが入り、メッシのいないスリートップはクエンカ、セスク、ペドロでスタートしたこの試合。
久しぶりに姿を見せたケイタに若干の不安を感じてた私なんですけども、そんなオレのバカバカッ!!!ってくらい、今節はケイタが大活躍でした。

前半はヒホンがかなり引いて守ってたんですけど、その時にはケイタは積極的に前に顔を出し、後半急に相手が前がかりになって来た時には中盤の底でしっかり相手の攻撃の芽をつぶしてました。
ヒホンの荒いプレーにもケイタの当たり強いところが効いてて、むしろこの試合はすぐにつぶされるブスケより良かったかも…と思ったくらい。
最近はすっかりブスケがアンカーの位置に定着して、実際彼の危機察知能力は抜きん出てるとも思えるんですけども、ケイタはブスケにはない良さもあってそれが昨日は良い方に行ってたと思う。
それが後半34分のミドルシュート。
これめちゃめちゃ良いシュートでしたね。
バルサでミドルシュートなんてあんまり見れないかんね(笑)

ブスケは後方から前に絶妙なスルーパスで配球するのは得意だけど、自分から積極的にシュートを打ったりはしないから、ケイタとブスケではタイプが違うアンカーだと思う。相手によってこれを使い分けれると良いなーってこの試合を見て思った。

それからイニエスタくん。
もう言うまでもないけど、でも言っちゃうけど、イニエスタくんの足技はもう神だ!!(笑)神以外にふさわしい言葉が見つからない(←単にボキャブラが貧困なだけ)
イニエスタくんのドリってほんと地味なんだよ。
シザーズとか派手なまたぎは全然やらないのに、それなのにスルスルと相手を交わしてく。何この地味カッコ良さ!!!(笑)
クラスの隅っこで静かに本とか読んでて普段全然目立たないのに、みんなの前で超難しい数学の問題をスラスラと解いちゃったりして、あれ?なんか…カッコ良くね?…っていう、そういう感じ?(超意味不明)
あ、興奮し過ぎて妄想タイムに突入してしまいました。サーセン。

そんなイニエスタくんが前半42分に先制したんですけども、イニエスタくんはなんとこれが今季リーグ戦初ゴールだったんですね。意外。

で、1-0で折り返した後半、キックオフからわずか1分でなんとピケが退場。
なんかもうワロタ\(^o^)/ ←え?
レッド出た瞬間は「そこまで危険なファウルじゃねえええええ」って思ったけど、冷静に考えたらアレは「決定的ゴールチャンスの阻止」という意味でのレッドだったのよね。審判資格所有者(←たかが4級だけど)としての立場から考えればコレはまあ妥当だわね。

FK防いで危機回避したか?…と思ったらその流れからキレイに崩されて失点。
これにはもうホント笑うしかなくてなぜか大爆笑したあたし(´・_・`)
なんで笑ったのかあたしにもわからん(笑)

ヒホンは前半は引いて守って、後半バルサが10人になったら一気に前に出だした。
でもバルサがポゼッションしてるときは、時に6バックくらいになって守って、ボール奪えたら手薄になってるバルサの守備をついて前線へロングフィードでカウンター。実にシンプル。

前半はゴール前の真ん中の守備を固められててなかなかいい形で崩せず、CFWの位置にいたセスクもマンマークにつかれてたので縦パスがなかなか入らなかった。
でも後半ピケが退場して10人になってからはテージョ、サンチェスが入ったこともあって前半よりワイドにピッチを使ってスペースもでき、次第にバルサの良さが出始めた感じだった。
マークされてたこともあってセスクは消えてたし、ペドロも以前のようにサイドから仕掛けてくプレーが少ない気がするのよね。

てなわけで10人になってからのバルサの方が面白かった。
後半34分にケイタのミドルで勝ち越して、試合終了間際にはイニエスタくんがドリで相手を交わしつつゴール前に浮き球入れたところにチャビが走り込んでのループシュートでだめ押し。
最近チャビ&イニコンビの得点はなかなか見られないけど私の大好物なのよ(笑)

てなわけで、メッシ&ブスケを欠いた今節のバルサですが、3-1で無事勝利しました。
メッシがいればバルサのサッカーはスペクタクルだけど、メッシがいないバルサも十分面白いと思ったよ、うん(笑)
まあ、観客席のメッシは超つまんなそうだったけど(笑)
そんなメッシたんには次節のラシン戦で爆発してもらいましょう(笑)

ちなみに首位を走るマドリーは今節もエスパニョールに5-0と大勝した模様。
つおいねつおいねー(棒読み)
昨日チェルシーの監督が解任されたそうで、解任の決め手となったであろうチェルシー vs WBAの試合で実況が「モウリーニョがロンドンで家を探してるそうですよ!奥さん!」とか言ってましたけど(奥さん!とは言ってない)、もしかしてモウが来季チェルシーに戻るんですかね。
個人的にモウリーニョ嫌いなんでぜひロンドンに行って欲しいです(笑)
でも、モウがいなくなったらマドリーが今のチェルシーみたくなったりしてね。
あ、マドリディスタの皆さん、サーセン。
10ポイント差も付けられてる負け惜しみなんで、お気になさらず~\(^o^)/


| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。