PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【リーガ第3節バルサvsバレンシア】バルレンシアニスタ的マッチレポ

リーガ第3節、バルサvsバレンシアの感想をさくっと書いときます。
個人的にはクラシコよりも楽しみにしてたカードです。

昨シーズンくらいまでは「一番好きなのはバルサ!」「2番目に好きなのはバレンシア!!」ってな調子で自分の中での2チームの位置づけがはっきりしてたんですけども、ここにきてバレンシアがグッと押し上げてきてまして、時と場合によってはバレンシアがバルサを上回る状況になったりもする今日この頃なのでございます。

でもって、この試合がまさにそんな時と場合でした。
昨シーズンまではバルサとバレンシアの試合はホームチームを応援する…みたいなスタンスで見てたんですけど、いまだアルバを取られたという個人的逆恨みが晴れてないため(えー)、今回に限っては「バレンシア勝てばいいのに」と思ってた執念深いゴトーです。ああ、うらめしや(コワい)

といっても、財政難のバレンシアにバルサがお金を落としてくれたと思えばありがたいことですし、どんな選手だってバルサから声がかかったら行くに決まってるじゃんってわかってるんですけどね。
でも、アルバにバレンシアの未来を勝手に託して期待してたので、マジでショックでした。超勝手な逆恨みです。ええ(笑)

てなわけで、完全にバレンシア目線で書くかも知れませんけどサーセン。
先に謝っときます( ´ ▽ ` )ノ
ちなみに、そんな、バルセロニスタとバレンシアニスタが同居する私のような人種の事をバルレンシアニスタと言います(言いません)


とりあえず、そんなこの試合の両チームのスタメンは以下の通り。

■バルサ
GKバルデス、DFアウベス(46min→アルバ)、ピケ、マスチェラーノ、アドリアーノ、MFソング、チャビ、セスク(64min→イニエスタ)、FWサンチェス(87min→ブスケツ)、メッシ、ペドロ

SUB:ビジャ、イニエスタ、ピント、バルトラ、ブスケツ、アルバ、テージョ

■バレンシア
GKジエゴ・アウベス、DFジョアン・ペレイラ、ラミ、ビクトル・ルイス、シソコ、MFアルベルダ(77min→ガゴ)、ティノ、フェグリ(81min→バルデス)、ジョナス、グアルアード(77min→ビエラ)、FWソルダード

SUB:バラガン、ピアッティ、パレホ、グアイタ、ガゴ、バルデス、ビエラ

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています。



スーペルコパ2nd legでマドリーに敗れて優勝を逃したバルサが、この試合にどうやって臨んでくるのかが一番気になる所でした。
1st legをカンプノウで勝利していながらアウェイで敗れて優勝を逃したわけだから、その直後のホーム戦で負けるわけにはいかないでしょう。
とは言え、クラシコという特別な試合をした後で急に気持ちが切り替えられるものなのか?体力的にも精神的にもかなりダメージが大きいんじゃないか?…などと姑息なことを考えつつ、バルサのスタメン見たら…あれ?ブスケもイニエスタくんもいない。
まさかのソング先発と、アーセナルでの元チームメイトのセスクが久しぶりの先発で驚きました。スーペルコパの直後ってことでイニエスタくんとかブスケは休ませたかったんでしょうけど、まさかソングが先発で来るとはね。

しかも、ソングは完全にマスチェのバックアッパーとして使うんだろうと思ってたので余計に驚きました。いきなりバルサの中盤の中にソングを置くというのはないだろう…と思ってただけに。
でも、この間のクラシコでのデビュー戦でも感じたんですけど、ソング、いい意味でマイペースでやってますよね。アーセナルの時となんら変わらないプレーをしてたと思います。

バルサに新加入した選手って、最初どうしても違和感を感じるものだけど、ソングは思ったよりも違和感なかった。アーセナルの時からソングの危機察知能力の高さは買ってたんですけど、バルサでのプレーでもブスケにひけを取らなかったと思う。
クレの皆さんはソングをどう見たんだろう。
我が家は私もパパもアーセナル時代からソングが好きで、特にパパは「バルサファンじゃないけどソング応援しる!!!」ってくらいのソングファンなので、いくらか親バカ目線の過大評価になってるかもしれません(笑)

ビルドアップもブスケのサイドへのはたきとちょっと違って、前線へ縦に出すスルーパスが結構面白いと思うんですよね。ブスケより当たり強いですし(笑)
てなわけで、そんなソングを可愛がってやってくだせえ(母より←え?

さて、バレンシア目線で書くと言いつつ私の中のバルサファンにすっかり乗っ取られてました。アハハ。ここからは私の中のバレンシアファンがお送りいたします。

実はスーペルコパ2nd legのマドリー戦を見ながら、「マドリーのこの縦ポンカウンターはそのままバレンシアが使えるんじゃないか…」などと思っていました。
バルサの押し込みに耐えつつも、ボール奪ったら前線に待つFWへ一本のロングフィード。
もちろん、マドリーのクリロナやイグアインのように自分で仕事のできるストライカーがいないとこの作戦は使えませんけども、ソルダードなら、ソルダードならやってくれるんじゃないか…とか思ってたわけです。

ところがところが、試合が始まってみると、バルサのバックはマドリー戦の時とは明らかに違っていました。マドリー戦では、バルサが押し込んでるとき両サイドバックが高い位置に上がって実質2バック状態になってたんですけども、この試合では両サイドが高い位置に上がるとソングが最終ラインに吸収されるように下がって3バックになってた。明らかに縦ポンサッカーを意識した守り。
まあ、そうですよね。普通に考えて、バレンシアもアレやってくるだろ…って思いますよね。
でもって、普通に考えて同じ失敗はしないよね。
バルサの前線のプレスもマドリー戦の時より早くて、ティノとかアルベルダがボール持った瞬間に前線にロングフィードしたくてもなかなか蹴らせてもらえなかった。

それでも、ピケだとなんかやっぱりカウンター対応が若干コワい気がしたんですけど私だけでしょーか?
マスチェもクラシコの疲れがあるのかコンディションイマイチだった気がします。
バレンシアはフェグリさえ良かったら点取れてたと思うんだよね。フェグリさえ良かったら。
まったくあのおバカさんが…(涙)
フェグリってホントおバカさんだなぁって思うのよね。
サッカーIQが低いというか、勢いでサッカーやってて何も考えてないと思うのよ。
この試合でも最大のチャンスを2度くらいムダにしてソルダードにめっちゃ怒られてたよね。それでもなんか憎めないんですけどね。多分、寺の小坊主みたいだからだと思うんですけど(←ただ坊主頭なだけ)しかし、フェグリがアレだとますますパブロがいなくなったのが痛い。

アンカーもアルベルダだとボールを散らせれないし、どうしてもトパルの方が良かったと思ってしまう。ガゴに変わってからはだいぶ前線にボールが出るようになったけど、ティノたんとの位置関係がまだいまいち良くないというか、まだfitしてない感じがします。
バルデスとグアルだードに関してもまだ何とも言えないですね。
グアルダードはともかく、アエド・バルデスはバレンシアのサッカーに合う様なプレースタイルでしたっけ?って感じですし。足下うまいって印象もないし、どちらかというとフィジカル系ストライカーだと思うので、縦ポンサッカーやるならもう少し早めにバルデス入れてみても良かったんじゃないかと思いました。確か彼はエルクレスにいた時にカンプノウでゴール決めてたよね。
それより何より、とにかく早くバネガたんとカナレスに帰って来て欲しい(T_T)

で、試合の方ですけども、ぶっちゃけ「お!アルバ先発じゃないじゃん。アルバにチンチンにされるとイラッと来るから良かったー」と思ってたのに、代わりに先発だったアドリアーノにミドルシュート決められ、結局コレが決勝点となってしまいました。まじくっそ!最初からアルバ出せば良かったのに!!(←え?
バレンシア勢は完全に中で構えてたもんなぁ。
バルサならあそこで打たねーだろ…みたいな。アルバならマジで打ってなかったかもね。

試合終わってみたらバルサに18本もシュート打たれてたんですけど、バレンシアDF陣よく耐えました。今日もジエゴ・アウベスに救われた!!
ジエゴまじマッコイイよ、ジエゴ。
マジ渋いよジエゴ(ウットリ
もっと女の子にキャーキャー言われるべきだよ、ジエゴ(しつこい

全然話し変わりますけども、セスクはちょっとヤバいんじゃないでしょうか。
中盤だと消えてるし前線に顔出してもシュート外すし、この試合に限って言えば全然良いとこなしだったと思う。ソングとセスクという元アーセナルホットラインで得点したりしたら元アーセナルファンとしてはものすごく興奮するところだったんですけども、途中途中でセスクがいることを忘れてしまうくらいには消えてたよね(汗)
セスクがあんまりにもアレなせいか途中からメッシが下がってましたけど、メッシが下がるとやっぱりゴールが遠くなる感が否めない。
ソングはバルサに行っても出番ないんじゃないか…って心配してたけど、むしろセスクの方が心配です。

てなわけで、私の中のバルサファンとバレンシアファンが交互にあらわれてまとまりのない感想になってますけども、バルサ目線で見るといまいち内容の良くない試合だったように感じるし、バレンシア目線で見ると「勝てないまでも勝ち点1はゲットできたんじゃね?」って思う様な、どっち側から見ても今ひとつな感じの試合でした。
まあ、昨シーズンのカンプノウでの対戦みたいに1-5でボコされるよりは良かったけど(汗)
とはいえ、バレンシアは開幕からいまだ勝ちなしなので、それもあってここでバルサに勝って勢いをつけてほしかったんだよね。

つーことで、第3節を終えてバルサは全勝で首位に立っておりますが、バレンシアは2分1敗で17位です(泣)

次節バレンシアはホームで昇格組のセルタと対戦するので、ここはきっちり勝って欲しい所です。
バルサはアウェイに乗り込み、第2節でマドリーを破ったヘタフェと対戦です。

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。