PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【欧州CLバルサvsセルティック】こういうのを劇的勝利というのです

先週末のリーガの試合のマッチレポを書く前に、欧州CLグループリーグのセルティック戦が終わってしまいました。マジこの時期の日程はハードですわ。
選手だけじゃなく、サカオタブロガーに取ってもめっちゃハードですわ。
てなわけで、リーガ第8節のデポル戦の感想も一緒にざっくり書いときます(何この雑な感じ

しかしこの試合は色んな意味で面白かったですね。
勝ったとは言え、ここ数年のバルサからは考えられない様なハチャメチャな内容でした。
ええ、私はめちゃめちゃ楽しかったんですけどね(笑)

デポルと言えば、今シーズン、バレンシアも3−1から3−3の引き分けに持ち込まれて勝ち切れなかったという、強いんだか弱いんだかよくわかんないチームなんですけども、思うに、失点してからスイッチ入るタイプのチームなんだと思いますね(笑)
バレンシア戦にしろ、今節のバルサ戦にしろ、早い時間に2失点くらいして(バルサ戦にいたっては前半18分くらいで3失点)、見てるこっちの気持ちが折れるくらいにゆるゆるなサッカーしてたかと思ったら、「ちょ!!やべええ!オレ今から本気出す!!」って感じで急にスイッチが入って、後半に向かってドンドン良くなってくんですよ。
そんじゃあ最初から本気出せって話なんですけどね(笑)

てなわけで、今節、前半3分にアルバが、8分にテージョ、18分にメッシが得点して3−0になった時点で、あーもしかしてゴール祭りのバカ試合なのかなぁと見るのをやめようとしてた私でした(笑)

ところがところが、あんな、違った意味のゴール祭り&バカ試合になろうとは…(笑)

いろいろてんこ盛りすぎる試合だったので内容は省きますけども、デポルが前半に0−3から2−3と追いあげた時には「しゅげえええええええ」と大興奮でした(笑)
この後メッシにゴール決められて、前半だけで4−2というバカスコア(笑)
前半だけで6ゴールって、ゴール祭りと言えばゴール祭りっすな(笑)

しかもコレだけで終わらず、後半、マスチェのまさかの退場や、アルバのまさかの(きれいな)オウンゴールなど盛りだくさんな内容で、終わってみたら5−4というギリギリのスコアでバルサが勝ちました(笑)わははは(笑)

まあ、アビダル、プジョル、ピケとCBにケガ人集中してるからしょうがないんですけどね。マスチェもソングも淡々とCBやってますけども、この2人だってほんの少し前まではプレミアでアンカーやってた人たちなんだから。

バルササポの皆さんはどう感じたのかわかんないですけど、個人的には点の取り合いこそスペインサッカーという感じがして面白いです。スペイン代表とかって元々そんなに守備が良かったイメージがなくて、「点取られたら取り返せばいいじゃない」ってサッカーしてる印象で、そこに惹かれたというのもあるんですよね。
1試合の中で相手を引き離したり、また追いつかれたり…というスリルと興奮が何度も味わえる試合は、私的には得した気がします。まあ、結果的に勝てないとがっくり来ますけども(笑)

しかしリアソールは良い雰囲気でしたね。サポがめっちゃ盛り上がってて楽しそうでした。デポルのあの粘り強いサッカーがサポを惹き付けるんだろうなぁ。


てなわけで、前節のお話が長くなりましたけども、CLセルティック戦のお話にうつります。

とりあえず、今節のスタメンは以下の通り。

GKバルデス、DFアドリアーノ、バルトラ、マスチェラーノ、アルバ、MFソング、チャビ、イニエスタ、FWサンチェス(80min→ビジャ)、メッシ、ペドロ(76min→テージョ)

SUB;ピント、セスク、ビジャ、ドスサントス、セルジ・ロベルト、テージョ

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています。




前節のベンフィカ戦で退場になったブスケが出場停止のため、この試合ではソングが本来のポジションだったアンカーでピッチに立ちました。

代わりにCBに入ったのはバルトラくん。
若手のバルトラくんにとって、グループリーグとは言えCLの試合は結構なプレッシャーなんじゃなかろうか…と思ったんですけど、守備より攻撃で結構目立っててなかなか良かったと思いました。

バルトラくんより気になったのがソングの動きで、バルサに来てからずっとCBをやってるせいか、アーセナル時代のような前がかりな姿勢があまり見られず、特に前半、ポジション取りがやや後ろ目なのが気になりました。
ブスケだったらそこ持ちあがるだろ…とか、ブスケだったら右に大きくはたくだろ…ってとこも横パスか戻すかしかできない感じだったので気になりましたけど、後半かなり良くなってました。

ただ、今節ペドロがワイドに開いたまま孤立してあまりボールに絡めていなかったのも気になりました。ブスケがいると確かにそこに長めのパスを入れてくれたりするので、ブスケがいなかったというのもあるのかなぁ。

セルティックの守備は序盤、「おい、素人かよ(汗)」ってくらいバルサのパス回しに振られまくってバッタバタな感じになってましたけども、時間が経つにつれて落ち着きを取り戻し、試合の中でどんどんバルサの攻撃に対する適応力がついていってたように思います。

GKも途中からどんどん当たって来て、バルサはシュートは打ってもなかなかゴールを割れず。ほとんどの時間でボール支配して攻め込んでたバルサですけども、前半18分、久しぶりに攻撃に転じたセルティックが、セットプレーからサマラスが頭で合わせ、これがわずかにマスチェに当たってそのままゴールに吸い込まれて先制されます。

ここから怒濤の攻撃が始まるだろう…と思ったものの、先制して完全に引き気味になってしまったセルティックの守備をなかなか割れず(汗)
先制されて引きこもられるとホント苦労しますよね。
「点を取らなきゃいけない」という展開に相手を追い込まないとこういう苦しい試合になるのです。

つっても、ドSのゴトーは苦しむバルサの選手たちを見るのが大好きなんですけどね♪(えー

簡単に勝つ試合よりも、苦しんで苦しんで勝った試合の方が絶対に面白いと思うんですよ。そりゃね、リーグ戦とかだと「失点すると後々得失点差で…」とか考えなくもないですけども、最終的な結果よりも、私は目の前の試合に全力投球する選手たちを見たいわけです。あ、サッカーなので投球じゃなくて全力蹴球かな(笑)

しかもバルサは、カウンターとかセットプレーに弱いときてるから、引きこもっておいてボール奪った時に即座にカウンターに出れば、どんなチームでも得点できる可能性はあるわけですよ。

でもね、セルティックは前半、前線で一生懸命ポストしてボールつなごうとしてたサマラスがケガで途中交代したのがいたかったですね。
サマラスいなくなった後から攻撃に全っ然コワさがなくなってしまった。
バルサの反撃を恐れてか、カウンター時も上がる人数少ないし、しかも、一人で前線で仕事できるようなFWもいないから、ほとんどカウンターにならず。

ただ、先制してるし、もうこのまま守りきればいい…という考えもあったのかもしれません。勝ち点3もらえればラッキー!ダメでもなんとかドローで!というような考えが見え隠れするようなサッカーしてたと思う。

こうなるとバルサは毎回苦しめられるわけなんですけども、こうなった時のバルサの本気のパス回しが大好物な私としては、得点できなくてもエリア内の超狭い中でのワンツーとか見ただけでもう、心がザワザワするくらい興奮しましたです(笑)

そして、前半終了間際、メッシからゴール前に入って来たイニエスタくんにパスが出て、これをイニエスタくんがエリア内にいたチャビとワンツーでDFがひしめくゴール前に侵入してシュート!!
これが決まってなんとか1−1で前半を終了しました。

このワンツーはシビレましたね。
私ごとですけど、この試合を見てるとき、家にガス屋さんが来て給湯器の工事してくれてまして、にもかかわらず、TVの前で「ひゃあああああああ!」「ぐわあああああああああ!!」「どえええええええええ!!」と奇怪な悲鳴をあげていた私だったのでした(恥ずかしい

後半はもっと楽に点が取れるんじゃないかと思ってたんですけども、意外にも後半もセルティックのどん引き守備に苦しめられるバルサの選手たち。
でも、カンプノウだよ?1−1じゃまずくね?
後半もバルサの怒濤の攻めが続くも、なかなか割れない緑の壁。
心なしかカンプノウの雰囲気がどよーんとしてるようにも思えましたけど、ピッチの上のバルサの選手たちの間にも手詰まり感が漂ってる感じでした。

そして試合はまさかの後半ロスタイムに突入。
カンプノウに駆けつけたセルティックサポの大満足なご様子が映し出されてましたけども、この後、そんな彼らもセルティックベンチも地獄に突き落とされる様な展開が待っていようとは…。


ななな、なんと、ロスタイム終了15秒前に、アドリアーノのクロスに走り込んだアルバがゴールに押し込んで、土壇場でバルサが勝ち越し!!!!!
これはすっごい衝撃的でしたね。
劇的勝利ってこういうことを言うんだなぁ…ってくらいの。

この瞬間のバルサの選手たちとベンチ、サポの本気の喜びようを見て、「そうそう!こういうバルサが見たいんだよー」と思いました(笑)

アルバゴールの瞬間、セルティックの選手やベンチ、スタジアムのサポたちは本当に呆然としてましたけども、でもセルティックはカンプノウでよくやったと思う。
もちろん、1−1のまま終わりたかったでしょうけど、バルサをコレだけ苦しめただけでも、やろうとしてたことは間違ってなかったんじゃないかな。

しかし、ここんとこのバルサの失点の多さはちょっと問題ではありますよね。
「点取られたら取り返せばいいじゃん\(^o^)/」とか言ってる場合じゃないっすよね(汗)
決勝トーナメントに入れば相手はもっともっと厳しくなるわけだし、今日みたいに先制されて引きこもられたら崩せないかもしれません。
でも、そんな状況もドSの私は超楽しみなんですけね♪(えー

てなわけで、バルサは今のところ3戦3勝でグループGの首位に立っております。
次いでセルティック、スパルタク・モスクワ、ベンフィカと続いておりますが、個人的にはエメリんを見たいのでスパルタクにも頑張って欲しいですね。

CLグループリーグの次節は11/7にセルティックと、今度はアウェイで対戦です。

| コメント(2件) | TOP↑

COMMENT

どちらかというとバルサの苦戦する試合が好きなゴトーさんはドMだと思います。
バルサ的ドSはゴレアーダなど完膚なきまでに相手を叩きのめす試合が見たいんだと思うんですけど…
ちなみに僕は後者です(笑)

| バルサおじさん | 2012/11/18 02:47 | URL | ≫ EDIT

>バルサおじさん

コメントありがとうございます!!

あれ?逆ですかね?(笑)
女王様的にバルサの選手たちを痛めつけたいんですけど(え?

| ゴトー | 2012/11/20 17:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。