PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【リーガ第18節バレンシアvsグラナダ】2013年白星スタート

¡Feliz Año Nuevo!

皆様、新年あけましておめでとうございます。

このゆるゆるグダグダミーハーサッカーブログも、なんと8回目のお正月を迎えました。
サッカーにはまると同時に始めたブログなので、私のサッカー歴も8年目ということになります。
…とは言っても、流れ的には子どものサッカー観戦から入り、審判活動→海外サッカー観戦→Jリーグ観戦→自分がサッカー始める…と言う流れになったので、観戦歴、プレー歴はもっと短いんですけども。

子どものサッカーがメインだったはずが、この8年間で息子たちはサッカーをやめてバンドマンになってしまい(笑)、そして気づけば、家の中で私がタダ一人の現役プレーヤーとなりました。
わはは(汗)

自分がサッカーを始めたことでサッカーの見方や考え方もどんどん変化して行ったし、それに伴って応援するチームも変わって行ったりと、ほんと色んなことがあった8年間だった。
でも、8年前より今の方がサッカーを好きな気持ちは強くなってると思う。
応援から入って、審判やって、選手になって…という私のちょっと変わった経緯のせいか、試合の感想書いてても横道に逸れまくったり、時々トンチンカンなこと書いたりもしてますけども、これからもゆるゆる続けて行こうと思いますので、おヒマな方はどうぞゆるゆるとお付き合いください(笑)

さて、バレンシアがソシエダに大敗したあの日からしばらく心が折れてブログも更新せず、それどころかサッカーもあんまりまともに見てなかったんですけども、前節のヘタフェ戦で久しぶりに面白いサッカーを見られて、私の心も少しずつ元気になりつつあります(笑)

ヘタフェ戦の感想をブログにUPするつもりだったんですけども、正月休みに入ってグダグダしてしまい、結局書けませんでした。ええ、今年もグダグダなスタートです。さーせん。

てなわけで、2013年最初のリーグ戦、vsグラナダ戦の感想をさくっと書いときます。

とりあえず、今節のスタメンは以下のとおり。

GKジエゴ、DFジョアン・ペレイラ、ラミ、リカルド・コスタ、グアルダード、MFアルベルダ(55min→バルデス)、バネガ、パレホ、ジョナス(90min→バラガン)、ピアッティ(85min→ティノ)、FWソルダード

SUB;グアイタ、シソコ、ビクトル・ルイス、ビエラ、バルデス、ティノ、バラガン

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています


バルベルデ氏就任後は、明らかに前監督のペジェグリーノ氏のサッカーよりもスピード感があり、久しぶりに面白いサッカーを見せてもらってる気がします。

私は海外サッカー観戦歴が浅く、バレンシアもビジャやシルバがいた頃から見始めたにわかなので、ペジェグリーノ氏がバレンシアでどんなすごい活躍をしたのかも知らないんですけども、監督としての彼の良さは最後までよくわかりませんでした。
采配の意図とか、彼のやりたいサッカーというのがまったく見えて来なかった。
個人的には前監督のエメリんが大好きだったので、見た目のリアクションの少なさも物足りなかったのかもしれません(えー)

バルベルデになってから左SBにシソコでなくグアルダードを起用しているのを見て、「これは行けるんじゃないか」と直感しました(笑)
ペジェグリーノ氏の良さだけでなく、シソコの良さもまったくわからなかったので、「なんでシソコ使うの」ってずっと思ってたんだもん。
スピード有るわけじゃないし、突破力有るわけじゃないし、かといって守備が良いわけでもないし、クロスの精度もイマイチだし(←言い過ぎ)
それにグアルダードの運動量はSBでこそ活きると思うんですよね。
グアルダードは頻繁にオーバーラップするので「上がった後ろのスペースを狙われる」というリスクももちろんあるんですけど、それはアルバの時も同じだったし、グアルダードは90分間上がったり下がったりホントによく走ってると思う。守備も言うほど悪くないと思うんだよね。

ソシエダ戦後しばらくサッカー関連のニュースを全然見てなかったので、この試合でフェグリが招集外なのはなんでかわかんないですけど、単純にターンオーバーなのかな。
ティノたんをベンチに置いといたのも同じくでしょうか。

ペジェグリーノからバルベルデに替わって感じたのは、ジョナスとバネガたんの運動量が増えたことです。ジョナスもバネガたんもずーっと運動量が少ないのが気になってて、バネガたんに関しては「まだ本調子じゃないのかなぁ」と思ってたんだけど、戦術的なことだったのかな。それともメンタル的なこと?よくわかんないけど。

ただ、この試合ではジョナスやピアッティたんが、真ん中を固めてるグラナダのDF陣を引っ張りだすべくサイドに開いてボール受ける場面が多かったけど、ジョナスは中にいた方が良いんじゃないかなぁと思う。グアルダードがそのままオーバーラップした方が、エリア内までえぐったりとかできるしなぁ。

さて、試合は序盤からバレンシアがボール支配していたものの、なかなか決定的な場面は作れないまま、前半を0−0で終了します。
そして、後半5分にまさかのグラナダ先制(x_x)
前半34分にグラナダの選手が2枚目イエローで退場になってたのにも関わらず、まさかのグラナダ先制っす(汗)

しかし、この2枚目イエローはちょっと厳しかった…というか、私が主審ならこれはイエローどころかハンドも取らなかったと思う。リプレイ何度も流してたけど、腕を完全に体に付けた状態で二の腕にボールが当たったのをハンド取られた上、まさかのイエロー出され、この日2枚目ということで退場になってしまった。
これハンドはないわー。100歩譲ってハンド取ったとしても、イエローはないわー。
マジェンコないわー。
マジェンコ氏、実際このジャッジの後からなんかジャッジの基準がわかりにくなってて、試合が荒れて行ったのもそのせいだと思う。
自分も選手として試合してるとき感じるけど、主審の理解しがたいジャッジで試合の雰囲気ってほんとがらっと変わるからね。

グラナダは10人と数的不利な所から1点取ったので、もしかしてそのまま引きこもられちゃうかな…と思ったけど、結構ガンガン前出て来てましたね。
荒いプレーが多くて「グラナダひどいチーム」みたいなつぶやきもTwitter上でちらほら見たけど、私は気持ち入ってて結構面白いと思いました。

そして後半14分、ピアッティたん(←確か)のクロスをジョナスが頭で決めて1−1に。
ボール支配してシュート数も圧倒的に上回ってるのに、なかなか得点できなくて「え、負けるの?」って弱気になってたとこでした(あはは(汗)

シュート数は多かったけど、この日はソルダードがいまいち良い形でシュートまで行けてなかったのが気になりました。ソルダードって真後ろとかから入る縦パスに反応するのがめちゃめちゃうまいと思うんだけど、この日の中盤はバネガたんとパレホ、アルベルダで、そういう縦パス出せるのがバネガたんくらいしかいなかったんだよね。そのバネガたんも、パレホが前目のせいか少し後ろ気味だったのでなかなか良い縦パスが入れられず。
あー、ガゴがいればなぁ…って思いました。

数的有利にも関わらずなかなかゴール割れない上に、グラナダもボール持つと前に出てくるのでヒヤヒヤしましたけども、後半34分にはピアッティたんがゴール決めて勝ち越し。
このまま逃げ切って2−1で勝利しました。
ヘタフェ戦に続いての連勝です。
いやあ、良かった良かった。
私の大好きなバネガたんもフルで見られたし(笑)
そう言えばバネガたんの髪がサラサラストレートになってた!!!!(笑)
うちのパパはバネガたんのことを「サル」っていうんですけど、サルはストレートにしないから!!(意味不明)

てなわけで(?)、18節を終えてバレンシアは8位となっています。
EL圏内の5位ベティスとは勝ち点差4、6位レバンテとは勝ち点差3、CL圏内の4位マラガとも勝ち点差4なので、まだまだ望みはあります!!

と言いつつも、今後のリーグ戦の相手見るとちょっとビビるんですけどね(汗)

セビージャ、マドリー、デポル、バルサ…って。

セビージャも今年は苦戦してますけど、それでも「セビージャ」って聞くとちょっとビビるよね(笑)
2/3にはメスタージャにバルサを迎えますけども、メスタージャでバルサにボコボコにされるところだけは見たくないな(x_x)
特にアルバには好きな様にやらせたくない(←執念深い)
でも、その前にもしかしたら国王杯と合わせてマドリー3連戦になるかもしれないんだよね(x_x)
厳しいなぁ…。

どうか主力にケガ人が出ませんように…。
特に、バネガたんは絶対にケガしませんように。

自分の車に轢かれませんように…(えー)

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。