PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

静岡の中心でエスパルス愛を叫ぶ

な、な、なんと!2ヶ月もブログを放置してしまいました。

大丈夫です!生きてます!!(え

いやぁ、今シーズンは自分の中で色々と感情の変化がありまして、それに自分で対応できなくて考えることをやめたりしてたので、ブログがあることもすっかり忘れてました(えー


感情の変化ってのは簡単に言えば、私の心のクラブランキングに大きな変動があったってことです。

バルサ>>>>>バレンシア>>>>>>>>>>エスパルス

だったのが、いつ間にか、まったく真逆になってました。
今はこんな感じです↓

エスパルス>バレンシア>>>>>>>バルサ


強くて美しいバルサのサッカーに惹かれてサッカーの世界にはまったけど、時が立つに連れてサッカーってそれだけじゃないことを知ったというか、結局は「地元愛」なんだな…と思って今に至ります。
そういう意味で、私の中では勝手にバレンシアとエスパルスって似てると思ってるので(サッカー通のコアサポが多いとことか、チームカラーにオレンジ入ってるとことか、みかんの名産地なとことか、主力すぐ引き抜かれるところとか…etc、etc…)、今ではリーガもバルサよりバレンシア中心に見るようになりました。

でも、もちろんバルサを嫌いになったわけでなく、メッシやイニエスタのようなすばらしい選手のプレーをリアルタイムで見れることはすごく幸せだし、バルサのサッカーは今でも美しいと思ってる。
バルサは私にとって永遠の「憧れ」であり、エスパルスは「身内」のようなものなのです(笑)そういう例えで行くと、バレンシアは外国に住んでる「遠い親戚」みたいなもんですかね(笑)

そんなバレンシアが今シーズンは厳しいスタートを切ることになり、ソシエダに大敗したりCLでPSGに負けたりしたのでガックリしてブログを更新する気にもなれなかったわけですが、それ以上に崖っぷち状態にいるのがエスパルスです(汗)
ヤバいです。ヤバ過ぎて思わず2ヶ月ぶりにブログを更新しています(逆に(笑)

開幕から4試合勝ちなしの17位(汗)降格圏です。
残留とか降格とかって言葉を使うのは時期的に早過ぎるとわかってはいても、私がエスパルスを見始めてから初めての降格圏内順位なので、動揺せずにはいられないわけです。

アウェイ2戦はいずれもドローですが、ホームでは開幕戦でマリノスに0-5という大敗を喫し、先週の土曜日の広島戦でも0-4と大敗しました。

マリノス戦では、日本代表クラスの選手たちとエスパルスの若手との力の差を感じ、あまりの「歯が立たない感」にむしろ悔しさもありませんでしたが、土曜日の広島戦では何か無性に悲しくて、試合の途中からあふれる涙を止めることが出来ませんでした。


この敗戦を受け、試合後に一部のサポーターたちが選手バスを囲み、監督や強化部長、社長などが出てきて話し合いが行われていました。
私は遠巻きに見ていたので詳細はわからなかったけど、サポーターたちからはゴトビ監督解任要求の声が上がり、クラブ側は「解任はない」という回答をした模様。



ここからは個人的な意見になりますが、私としては、ゴトビさんにはもう少し続投して欲しいと思ってるし、今の状況を打開できると期待しています。

健太エスパルス時代、私はどちらかというと海外サッカーの方に夢中になっていたので、健太監督のやり方をすごく「つまらないな」と感じていました。
毎回同じメンバーしか使わないし、交代もいつも後半の同じ時間で同じ選手を入れ替え、交代カードを使いきらないし、負けても戦術もあまり変えない。

でも、海外サッカーでは、後先のことを考えずに試合の流れを見て早い時間帯に交代カードを全部使い切ったり、劇的に流れを変えるために2枚替えをしたり、負け試合のあとはフォーメーションを思いっきりいじったりと「賭けに出る」監督がたくさんいて面白かった。
そういう意味で健太監督の采配は、私にとって刺激的なものではありませんでした。

だから正直、健太監督からゴトビ監督に変わった時は、ちょっとだけ期待した。
健太エスパルス終了と同時に7人もの主力が引き抜かれ、「エスパルスは来シーズンは降格するだろう」と誰もが予想したし、サポの大半もそう感じていただろうと思う。
私も半分は降格を覚悟した。シーズンが始まる前から「降格しても応援し続ける」と決意したほど。
ヒディンクの優秀な部下で戦術のスペシャリストが監督としてやってくると聞いた時はワクワクはしたけど、でも、どんなに有能な人が来ても今のチームをどうすることもできないだろう…と思ってた。

それが、シーズンが始まってみたら、生まれ変わったヤングエスパルスは驚くほど魅力的なサッカーを見せてくれた。トシや元紀など若手が中心の躍動感あふれるサッカー。
何より、ゴトビさんが就任したこの年は、あの東日本大震災が日本を襲い、リーグ開幕も1ヶ月遅れるなど、来日したばかりの外国人のゴトビさんには日本から逃げてもいい理由があったにもかかわらず、エスパルスのために日本に残ってくれたことが嬉しかった。

最終的な順位は10位だったけど、ゴトビさん1年目のこの年は、浮き沈みはあったものの、やっているサッカー自体はとても面白かった。若手による超攻撃的なサッカーは、はまると欧州サッカーにも負けないくらい刺激的で興奮した。若手の起用に積極的なところも私好みだった。
石毛くんの起用などはゴトビ監督が来てくれて良かった!!と思った大きな理由の一つでもある。ユースでも頑張ればチャンスはあるということが若い世代にはモチベになるし、「気を抜くと若手に取って代わられる」という危機感を他の選手に持たせることにもなったと思う。

2年目の去年も、最終的には9位だったか10位だったか、リーグでの成績はあまり変わらなかったけど、ナビスコでは決勝まですすみ、私も4年ぶりに国立まで行ってきた。
結果はまたしても優勝できずに終わったけど、私個人があまりタイトルにこだわらず、面白いサッカーが見れればそれで良いという方なので、あまり気にはしていなかったし、ゴトビさんのサッカーはやっぱり好きだった。

そして、ゴトビエスパルス3年目の今年。
見ての通り、厳しい状況が続き、ゴトビさん解任の声は日に日に大きくなっている。
広島戦を見ながら「どうしてだろう?」とずっと考えていた。
何が変わってしまったんだろう。元紀がいなくなったことがそんなにも大きいのか?

伸二や高原などのベテランや、エダや真希といったユース出身者を放出したことでゴトビさんへの風当たりが強くなったように思う。
もしかしたらそういう人事が今いる選手たちにも影響して、選手のゴトビさんに対する信頼感が薄れているのかも…とも思った(あくまで推測です)
私の知人は「ゴトビさんには『情がない』」と言った。
その考え方はとても日本人らしいと思った。
言いたいことはわかるけど、「情」で試合に勝てるのか?

発売されたばかりの「ゴトビ革命」を読んだ。
「このタイミングで「革命」ってw w w 」と、バカにするツィートをTwitterでたくさん見かけたけど、このタイミングで読めて良かった…と私は思った。
サポも選手もクラブスタッフも監督も経験してるゴトビさんには、エスパルスというクラブがどの方向に進むべきかを見極めてるように思える。

でも、ゴトビさん一人が見極めてるだけじゃその方向に進めなくて、それにはスタッフやサポや選手たちの意識も同じでなければいけないし、今は完全にそれが噛み合なくなってしまっているように思う。
そして、今の状況を見てると修復できる可能性も少ないような気がして切ない。
もう一度みんなで同じ方向を向くことはできないのかな。
ナビスコの静岡ダービーで磐田に快勝できれば、チームは勢いに乗って、あるいはまたみんなゴトビさんを信じて共に前に進めるのではないか?と期待したけど、代表戦で主力のいなかった磐田に1-5と大敗し、私のわずかな期待もあっさりと消滅した。

ホームで広島に大敗した翌日、三保の練習グランドに行って、エスパルスのユースの練習試合と、サテライトの試合を見た。前日のショックを引きずってはいたものの、それでもエスパルスがこうしてここにある限り、私はただ応援するだけだ…と思った。
ただそう思った。

ゴトビさんにはたくさんのコネクションもあるし、できれば今後もそれをエスパルスのために活かしてほしいので、やめないで欲しいと思う。目先の状況だけ見たら「解任だろ、当然」という声の方が多いのはわかってるけど、主力が7人抜けたあの時から、チームを立て直すには長い時間がかかることは覚悟してた。現に、監督や強化部長も「改革には時間がかかる」と最初から言ってるし。

でも、長い間タイトルから遠ざかってることがガマンできないサポーターにとっては、「そんな悠長なこと言ってられるかよ!」って感じなんだろうな。
クラブに何を求めるかは、サポーター一人一人によって違うだろうし。
むずかしいですね。
奥が深いですね。

私はとにかく、選手の笑顔が見たい。
できればホームで勝って、選手とゴトビさんと一緒に勝ちロコがしたい。


今シーズンが終わるとき、ゴトビさんや選手たちに拍手を送りながら「開幕当初はどうなることかと思ったねー」と、今の状況を笑飛ばせてたら良いな…というのが、今の私のささやかな希望です。

| コメント(6件) | TOP↑

COMMENT

まだまだ
まだまだでするなww

| ジークル | 2013/04/01 15:07 | URL | ≫ EDIT

>じーくるさん

岐阜のねこは黙ってくらさい!(笑)

| ゴトー | 2013/04/01 15:17 | URL | ≫ EDIT

続投支持
私も、ゴトーさんがおっしゃっている通り、今の時点で残留だとか降格だとかいう単語は使いたくありませんが、もし仮にエスパルスが下のカテゴリーに行ってしまったとしても、ゴトビさんの続投を支持します。私はそれほどまでにゴトビさんが好きです。

理由はゴトビさんが目指す理想のサッカーが好きだから、ゴトビさんが1年目2年目に見せてくれたあのサッカーが好きだから、必ずや魅力的なサッカーを続けてくれるだろうという期待があるからです。(もちろん、理想だけでサッカーが続けられるほど甘くないことは承知しておりますが)

かつて、ゴトビさんとフレンチディナーを一緒にしたことがありました。その時、遠藤さんを通さず、ゴトビさんに直接話しをさせていただいたことがあります。
「ゴトビさんの好きなチームはどこですか?」
すると、
「90年代のAJAX、00年代前半のArsenal、今のBarcelonaだ」
と答えてくれました。
オランダサッカーの薫陶を受けているゴトビさんらしいトータルフットボールのAJAX全盛時代、フレディが火の玉ボーイと呼ばれ、アンリがぶっちぎりでプレミア無敗優勝をしたArsenal、そしてグアルディオラのバルサ
そのチーム名を聞いただけで、ゴトビさんが何をやりたいのかがよくわかる質問コーナーでした。
今でも、あの時、勇気を出して強引に質問して良かったと思っています。

Jリーグ開幕チームに選ばれると思ってなかった1991年の夏以来、エスパルスと共に歩んできています。
今のチーム状況は確かに苦しいですが、はい上がってきてくれると信じています。

| たろう | 2013/04/01 15:43 | URL | ≫ EDIT

>たろうさん

コメントありがとうございます。
私も同じ気持ちですね。ゴトビさんの目指すサッカーが好きですし、それがエスパルスで見れたら本当にうれしいです。現に、1年目も2年目もそれに近いスピード感あるサッカーを見せてくれた試合もいくつもありましたし、決して机上の空論では終わらない…と私も思っています。
ただ、ゴトビさん本人や強化部長もおっしゃってるように、時間はかかると思う。それに辛抱強く耐えられるサポがどれだけいるか…というのが一番の問題なんだろうな…と思います。
こうして4試合勝てないだけでライターやメディアは「解任秒読み!」と囃し立てますし、それを耐えしのぐにはサポも相当の覚悟が必要ですよね。
今はとにかく、まず1勝して落ち着きたいですね(*_*)

| ゴトー | 2013/04/01 15:57 | URL | ≫ EDIT

こっからでしょ
ちょっと考えてみれば
今まで戦ってきたリーグ戦が何十試合とあって色んなものを見てきたと。

今年はその中のシーズンたった4試合。


静岡の(ごく一部の)ファンって 打たれ慣れてないっぽいから結構大事に捉えてますけども 俺はまだここからだと思ってます。大変な道のりになるかもですけど たぶんチームは前を向いて進もうとしてるように見えるから。

| あきのしん | 2013/04/02 02:17 | URL | ≫ EDIT

>あきのしんさん

コメントありがとうございます。
マリノスサポさんに「うちは昨シーズン開幕から7試合勝てなかったけど、最終的には4位で終わったから大丈夫だよ!」というお言葉をいただきました(笑)
そうですよね!まだたった4試合終わっただけですもんね!
1個勝てればチームの雰囲気も変わると思うので、まずはホームで勝って勝ちロコしたいですね( ´ ▽ ` )

| ゴトー | 2013/04/02 16:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。