PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【リーガ・エスパニョーラ】第32節 バルサvsレクレアティーボ

この人が帰ってきましたよ!

04131.jpg

3/4のチャンピオンズリーグ・セルティック戦の最中に太ももに違和感を覚え、泣きながらピッチを後にして以来、ケガで5週間ほど戦列を離れていたメッシが、やっとやっと戻ってきました。

今節は、シャルケ戦の後から半月板に痛みを訴えていたイニエスタが欠場というのがと~っても痛かったのですが、そんなブルーな気持ちも、サブメンにメッシの名前を見つけた瞬間吹っ飛びました。

おかえりー!メッシー!!

メッシがケガしやすいことについては、ライカールトのメッシの使い方が悪いとか、成長障害の治療に使ったホルモン剤のせいだとか、メディアで色んなコトを言われてますが、私が一番気になったのが、「メッシの身体能力に筋肉がついていけない」という記事でした。

ボールを持った瞬間に爆発的に加速するメッシのドリブル。
あの動きが筋肉に相当の負担をかけるらしく、バルサのハードな試合スケジュールの中で休みなく試合に出れば、当然筋肉は耐えられなくなる…というのです。

能力があるのに、体がついてこない…。
セルティック戦でのメッシの涙は、まさにそんな「悔し涙」だったような気がしました。
最後に見たメッシがあんな号泣メッシだったからホントにずっと心配だったんだけど、思ったより早くベンチに戻ってきたので安心しました。

さて、そんなメッシの待望の復活はまだ試合後半になりますが、それまでの感想を少々。


スタメンは、GKバルデス、DFが左からアビダル、ミリート、プジョル、ザンブロッタ、ボランチがトゥレ、真ん中にグジョンセン、シャビ、前が左からエスケーロ、エトー、ジオバニという布陣。

グジョンセン、ジオバニのスタメン起用は珍しいので、ちょっと「おっ!」と思いました。
それと、エスケーロは14ヶ月ぶりのスタメンなんだそうで、バルセロニスタ歴の浅い私は、「新人?」と思ってしまいました(汗)

さて、第31節(4/7)の時点で3位のバルサと17位のレクレの対戦。
フツーに考えればバルサの圧勝なんですけどね。
安心できないのが今のバルサ(^_^;)

リーガがスゴいなぁって思うのは、「降格争い」してるようなチームもフツーに強い事です(←あたりまえ)下位のチームが首位争いをしてるようなチームと対戦しても、「守って守ってドローでOK」みたいな試合はしない。

今回のレクレ戦でも、バルサは序盤からかなり攻め込まれます。
こういうバルサにも、もういい加減慣れましたけどねん(←つよがり)

ただね、今回は、ここ数試合の中では一番いい試合してたように思います。
イニエスタの代わりに出てたグジョンセンがかなり良かった。
元々FWの選手だし体も大きいので、ボールを持ったら自分で切り込んで行ける。
イニエスタ程器用ではないけど、当たり負けしない強さと攻撃的なプレーが「なんかやってくれるんじゃないか…」って希望を持たせてくれる。イニエスタの欠場で全然期待はしてなかったんだけど、シャビとのコンビネーションも割とうまくいってて、それはそれでいいことなんだけど…、イニエスタ大好きな私はちょっと複雑だったりもしました(汗)

さて、かねてから私は「ボヤンもいいけど、ジオバニをもっと使えばいいのに」と思ってたのですが、今回そのジオバニがやっぱり光ってました。前半17分に右サイドからジオバニが、相手DFの隙間を通す絶妙なセンタリング。これをエトーが頭で押し込んで先制点ゲットです。FW陣の連携で点が取れるとすごくうれしいですよね。
FW陣がきっちり仕事してくれるといい雰囲気になります。

04132.jpg

…が、腰痛で不調なトゥレがやっぱり見るからに不調で、今節も「うっかりぽっかりスペース」が度々現れてプジョルが大忙し(汗)
バルサがパスを回してたかと思ったらボールを奪われて一気に攻守交代…という早い展開のゲームが続く中、前半41分に左からクロスを上げられ、レクレのマルコ・ルベンがヘディングシュート!
これをバルデスが横倒れになりながら抱え込んでキャッチしたんだけど、これがね、どう見てもボールはゴールラインを割ってないのに、副審は「ゴールイン!」のサイン。

えええええー!!!

えっと、知ってますか?(←副審に)
ボール全体がラインを越えないとゴールにならないんですよ。
バルデスは確実にライン上でボールをキャッチしていて、その後何度もリプレイが流れてたけど、ボールはラインを越えてなかった。
しかしながら主審は副審の判定を採用し、前半終了間際に1-1の同点に追いつかれてしまいます。
アーセナルと言いバルサと言い、今季はホントにこういうひどいジャッジに泣かされる事が多い(泣)

首位レアルとの勝ち点差を少しでも縮めたいバルサは、後半も早い時間帯から積極的に攻撃して行きます。後半46分には先制点を決めたエトーがゴールの右上隅に豪快シュートを決め、バルサリード。
…が、1点リードじゃ安心できない今のバルサ(&アーセナル:汗)
速やかに追加点欲しいとこですが、ここんとこのバルサは、この「欲しいもう1点」がなっかなかどーして取れないんですよねっ!(明るく開き直り)

で、ライカールトさんが64分に切り札メッシを投入するも、レクレDFの体張った守備に、メッシはなかなか仕事をさせてもらえません。でもね、メッシが何度かゴールめがけてドリブル突破を試みる場面もあり、久々のメッシの高速ドリブル見たら、なんかすっごく安心しました。
得点にはつながらなかったけど、調子は良さそうです。
マンU戦で完全復活なメッシが見られるといいなぁ~。

04133.jpg

…って、メッシ見てにょほ~んとしてる間に、バルサがまたまたピンチを迎えてました(汗)
メッシが入ったわずか6分後、またまた左サイドからクロスを上げられ、「やった!ゴールライン割った!」と思ったらば、同点ゴール入れたマルコ・ルベンが走り込んできて、ライン際でギリギリヘディング。なんとこれが、バルデスの頭上を越えてほぼ無人のゴールに吸い込まれて行ったのです(大号泣)

えーーーん(ToT)

この後、バルサは猛攻をしかけますが、レクレのゴールを割ることはできず、結局2-2のドローで試合は終了しました(泣)

…てか、

またドローかよー???

ビジャレアルが負けて再び2位に浮上したバルサですが、レアルはきっちり勝ったので、またしても首位との勝ち点差は広がって、ぶっちゃけ優勝はかなり絶望的(X_X)
チャンピオンズリーグもマンUに勝てる気がしないし、今季のバルサはノンタイトルでライカールトさん解任…ってな結末になる可能性大ですね(泣)
それでもバルサを応援します。
だってバルセロニスタだから。

そういえばうちのパパ(エスパルスサポ)が、「自分の住む地域のチームを応援するサポの方がエラい」みたいなことを時々言うので、時々イラッとします。
バルサやアーセナルに夢中になってる私に対し、「強いから好きなら、弱くなったサポやめるのか?」とか、「好きな選手がいるから好きなら、好きな選手がいなっくなったらサポやめるのか?」とか、なんか変な言いがかりをつけてくるので、時々モヤモヤした気分になります。

ただ強いチームが好きなら、バルサじゃなくてレアルを、アーセナルじゃなくてマンUを、と~っくに応援してるっつーの。
そして、セスクがレアルに行っても、多分レアルは応援しないと思う(多分…だけど)
イニエスタがレアルに行ったら・・・・・。

う~ん、それはわかりません(えー?)

とにかく今はバルサが好きだから、バルサに頑張って欲しい私なのでした。


| コメント(1件) | TOP↑

COMMENT

はじめまして
blog読ませてもらいました(^^
もし よければ私のblogもペタしてくださいね♪

| あち | 2008/06/07 08:12 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。