PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【イングランドプレミアリーグ】アーセナルvsレディング

イングランドプレミアリーグも終盤。
アーセナルは25日(土)、ホームにレディングを迎えての一戦を行いました。

リバポ3連戦&マンU戦という精神的にも肉体的にも厳し~い1ヶ月が終わり、チャンピオンズリーグは残念ながら敗退、プレミアも3位に後退と、私的に少々気の抜けた感はありますが、逆に言えば気楽に見られるようになったとも言える、アーセナルの試合。
しかも相手が17位のレディングってこともあって、勝ちきれなかったバルサの試合のお口直し(?)のつもりで録画を見ました。

スタメンは、GKレーマン、DFが左からクリシ、ソング、ギャラス、コロトゥレ、真ん中が左からフレブ、セスク、ジウベルト、ウォルコット、前がアデバイヨル、ファン・ペルシの4-4-2。
ウォルコットが先発から見られるってのが本日のラッキーポイント(私的に)

04202

えええっと…、あまりにも予想通りに序盤からアーセナルペース(汗)
レディング…、もうちょっと頑張ってみませんか?ってくらいにアーセナルに走らされてるだけ(汗)フラミニは相変わらずケガで欠場で、変わりにジウベルトが入ってたんだけど、今日はジウベルトもなんだかイケイケでね。相手のプレスが弱いからか、結構高い位置まで上がって頻繁に攻撃参加してた。
温厚な大型草食動物みたいに思ってたけど、やるときゃやるのね、ジウベルト(失礼)

前半のアーセナルはね、とにかく良かった!

速ぇ~!パススピード速ぇ~!

なんか私ずっと、「はえぇ~!はえぇ~!」ってそればっか言ってたよ。
改めて言うのもなんだけどねぇ、でも言っちゃうけど、やっぱセスクは上手いね。上手いって言葉じゃもう足りないね(だからって、なんて言えばいいのかわかんないけど:汗)

04201

セスクのサッカーってのはホントにフワフワ柔らかいのよ。
力でガツガツで行ってるサッカーとは違って、なんかこう、フワッとフワッとプレーしてる(わかりにくい?)バルサのイニエスタもフワッとタイプで、私の中ではイニエスタが一番なんだけど、セスクのフワッと感もかなり高得点だよ(やっぱわかりにくい?:汗)


さて、わかりにくい私の判断基準はおいといて…(汗)
先月の疲労困憊アーセナルを忘れさせてくれるような鮮やかなアーセナルサッカーを展開した前半。30分にコロトゥレか誰か(忘れた)がゴール前に出したパスをアデバイヨルがエクセレントなトラップで前に落とし、そのままシュート!…で先制点GETです。

その後も怒濤の攻めを続けるアーセナル。
ファン・ペルシーは相変わらずファンファン吹かしちゃってて、決定的な場面でキーパー正面にシュート打ったりしちゃってましたが、まあ、シュート以外の動きはだんだんキレが出て来たように思います。

アデバイヨルの先制から8分後には、ゴール正面からのジウベルトのシュートがDFに当って方向が変わり、ちょっとオウンゴール的な追加点GET!
DFに当ってなかったらあまりにもGK正面だったので、これはとってもラッキーでした。
今日はなんだかやってくれるね、ジウベルト。

結局、レディングはシュートらしいシュートもほとんどないまま、前半を2-0で終了。
レーマン、ほとんどお仕事してません(汗)

そして後半。
ええええっと…(汗)
みんな~レディングのみんな~!やる気あるか~い?ってくらい、最初からアーセナルペース。
走ってプレスかけてるつもりのレディングは、そのムダな走りですっかりくたびれてるご様子。
なんか、フレッシュな走れる選手とか投入してみたらいいのに…と、相手チームの采配を心配したくなるくらい目に見えて失速のレディング(汗)

だけど、先に動いたのはベンゲルさんでした。
60分にコロトゥレに代えてエブエ投入。

ところで、このゲームでは、私的に…というかガナーズサポはきっとみんながっかりしたであろう出来事がありました。
時間的には多分エブエが入った前後くらいだったと思うんだけど、レディングのSBの選手が顔を押さえて倒れていて、誰かと接触したのかなぁ…と思っていたら、どうやらフレブに殴られた模様(汗)スローのリプレイでは、ボールを競り合った後にフレブが振り向いて、相手選手の顔を平手打ちしてる所がはっきり映っていました(泣)

何があったのかわかんないけど、暴力はいけません。
幸か不幸か、このシーンは主審、副審、4審とも確認していなかったようで、取りあえずこの場での制裁はありませんでしたが、VTRが証拠となって、後から罰せられるだろう…とのこと。
もしかしたら次節は出場停止になるかもしれません。
フラミニもケガで欠いている今、フレブまでいなくなったらどうなるんだろう(号泣)
まったくぅ~(T_T)

このあと、カメラは何度もフレブの表情をとらえてましたが、この時ばかりはフレブの笑顔が「悪魔的微笑み」に見えてしまった私なのでした(涙)

さて、後半74分にレディングはやっと2人の選手交代を行います。
そして、同じタイミングでアーセナルも選手交代。
暴れん坊(?)フレブに代えてデニウソン、アデバイヨルに代えて、なぜか微妙くん登場。
あ、間違えた、微妙くんじゃなくてベントナーでした(わざとらしい:汗)
だって、ベントナー微妙なんだもん。

交代後すぐ、レディングがちょっと盛り返して来た時間帯があって、自陣ゴール前での相手のコーナーキック時のこと。ベントナーがマンマークせずにニアサイドの一番前でぼーっと立ってるだけなので、そこに合わされてあわや失点…って場面があって、直後にレーマンやらセスクやらもろもろの周りにいたチームメイトたちに一斉に怒鳴られたりしてました(汗)
まあ、いつ見てもあんまりにも微妙なので、最近じゃあ「バカな子ほどかわいい」的に「頑張れよ」って応援したくなる気持ちも芽生えつつあるんですけどね(ひどい)

結局後半追加点はならず、2-0で試合終了。
残る試合は、4/28ダービー戦、5/4エバートン戦、5/11サンダーランド戦の3試合となってしまいました。

楽しみが1つ減っちゃうなぁ~(ため息)
でもEUROが始まるけどねん。

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。