PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【プレミアリーグ】マンU vs チェルシー

04292.jpg

プレミアリーグ、現在首位のマンUと、それを追いかける2位チェルシーの一騎打ち。
アーセナルが首位争いから脱落したから、プレミアはもうどこが優勝しようが別にいいんだけど、この2チームに限ってはCLの絡みがあるのでちょっと気になってチェック。

リーガで完全に優勝ののぞみがなくなったバルサは、先週末のデポルティーボ戦では、完全に「CLに掛けてます!」ってな感じで主力を温存して挑み、そして見事に負けました(まったくもう:泣)
でもさ、マンUはプレミアの優勝もかかってるわけで…、さらに、チェルシーからの追い込みもかなり厳しいわけで…、そういう意味では二兎を追うマンUの方がかなり厳しいはずだよね?

…って思ったけど、なんと、クリロナ、テベッさんがベンチスタート。パク・チソンなんか招集外だったけど、これってやっぱ温存ってこと?
チェルシーのホーム、スタンフォードブッリッジに乗り込んでの試合だってのに、やけに余裕じゃないっすか、ファーガソンのおっさん(←いつもガムかんでます)

チェルシーの方はよくわかんないけど、ドログバもバラックも、テリーもリッキーも、私の知ってる顔はみんないましたよ(テキトー)

プレミアのアーセナル vs チェルシー戦の時にはパワープレーでガンガン押し上げてくる感じが「チェルシーって怖ぇー!」ってイメージだったんだけど、リバポとのCL 1st leg見たときには拍子抜けだったんだよね。「あれ?なんか、やる気ない?」って感じ(汗)あのままのチェルシーだったらきっとマンUにぼこぼこにされるだろう…って思ったんだけど、今日のチェルシーは違いました。

ホームスタジアムの効果ってそんなにあるもんかね?
なんとチェルシーは、ホームでのリーグ戦は80連勝中なんだそうです(驚愕)
80試合負けなしって…、マジすごいね。
CL 2nd legもスタンフォードブリッジだから、こりゃあチェルシー来るかもね。


てなわけでスタンフォード効果か何か知らないけど、今日のチェルシーは強かったよ~。
ってか、マンUってあんな「守るサッカー」するチームだっけ?
この間のバルサ戦にしろ、なんかファーディナンドとかが目立ってばっかりで、前線のルーニーとかはさっぱりだったような…。

しかも、やっと戻ってきたビディッチが、前半開始わずか14分で負傷退場(汗)
ゴール前でドログバと競り合って、顔面にドログバの膝蹴りをまともにくらい、口から結構な量の血が出てましたけど(怖)
だってね、ドログバ、獣だったもん(汗)獲物を狩る獣の目だったもん(大汗)
CLのリバポ戦じゃ目が死んでたのにね。

こんな調子で、のっけからチェルシーの猛攻にマンU守備陣大わらわって感じだったんだけど、それでも、一瞬の隙があるとあっというまにカウンターアタックに出るのがマンU。チェルシーが圧倒的に優勢かと思いきや、いきなり「あわわわ~っ」って形成逆転する場面も何度かありました。
こういう試合って、どちらか一方が自分のひいきのチームだとめっちゃ神経疲れるけど、どっちの味方でもないと「わー!」「すげー!」「おもしれー!」って純粋に楽しめていいよね。頭空っぽにして楽しめるハリウッド映画みたい(えー?)

でも、どっちもなかなか点が入らなくて、チェルシーの猛攻をマンU守備陣が防ぎきるか?って思った前半ロスタイム、チェルシーがようやくマンUのゴールをこじ開けて先制点GET!(多分バラックだったけどあんま覚えてない:汗)
で、そのまま前半は終了。

さて後半。
なんかね、ルーニーが途中から様子がおかしかったんだよね。
チェルシーが少し失速気味になって、マンUが一斉攻撃に出るか?って流れになってるのに、ルーニーがね、なんか変なのよ。
腰の辺りをずっと手で押さえてて、何か言いたそうにしきりにベンチを見てる。
どうも前の試合で痛めたお尻が痛かったらしく、「もう無理ー!代えてー!」ってアピールしてたらしいんだけど、ファーガソンのおっさん、気づいてないんだか、はたまた気づいててもシカトなのか、なかなか交代させてもらえないかわいそうなルーニー(汗)
そんな彼を、「なんかかわいそう。もう無理っぽいじゃん」…って思いながら見てたらね、そのルーニーのところにチャンスボールが来て、その瞬間、ものすごい勢いでドリブル始めて、ゴール前まで一人で持ち込んでシュート打って、同点ゴール決めてるし(汗)

恐るべし、ルーニー(驚愕)

だからファーガソンも代えてくれないんだよ(汗)
「ちょっとくらい痛くても、お前は点取れるだろ?」ってことなんだよ、きっと(汗)
でもその後、祝福に来たほかの選手たちを「近づくな!!」って感じで手で止めてたから、相当痛かったんだと思うけどね。

で、点取ったごほうび(?)に、やっとクリロナと交代してもらったルーニー。
とっさに水曜のCL 2nd legのことを思って、「来週出れないくらいのケガだったらいいな」と思ってしまった、悪魔のような私(汗)
マンUの公式HPでは「バルサ戦への出場は微妙」って書いてあったけど、骨折しても1ヶ月で復帰する男だから、何事もなかったように試合に出て来るんだろうな、きっと(がっくり)

てなわけでクリロナも入って、後半少しマンUが盛り返したようには見えたけど、チェルシーも一向に衰えなかった。なんかもう、ホントすさまじいゲームで、「これは格闘技?」ってくらい、両者の当たりもめっちゃ激しい。

…ってか、怖ぇ~よ~(汗)

さらに両者熱くなりすぎて、相手との接触で倒れたハーグリーブスに、味方のファーディナンドが3~4回蹴り入れてるし(なんで?:汗)、ゴール前でFKを獲得したチェルシーがなんだか内輪もめして、ドログバがバラック相手に悪態ついてるし、なんかもうめちゃくちゃ(汗)

ま、バルセロニスタの私はそれ見てほくそ笑んでたけどね。
「ふふふっ…。もっともっと熱くなるがいいさ。そしてどっちも燃え尽きてしまえーっっ!!」って(サイテー)

両者ヒートアップしてどっちに転ぶかわかんない展開だったけど、試合終了間際、マンUのキャリックが自陣ペナエリア内で痛恨のファウルでPK献上。これをバラックがゴール隅にエクセレントに決め、結局これが決勝点となってチェルシーが勝利をおさめた。

04291.jpg

↑お母さんが亡くなった為出場しなかったランパードのユニを掲げるチェルシーの選手たち



いやぁ、面白い試合でした。

これでチェルシーは勝ち点でマンUと並んだんだけど、何しろマンUは大量得点してるので、得点差ではまだ18点も差があるんだって(汗)
アーセナルが優勝じゃないんなら、もうどこが優勝しても別にいいんだけど、どちらかと言えばチェルシーに優勝してほしいな。
だって、クリロナが泣いたら面白いから~!あははは~(ひどい!)
…ってか、さすがにもう泣かないかなぁ(^_^;)
プレミアもCLも優勝できなかったら泣くかなぁ?
泣けばいいのに~(←どうしてもクリロナ泣かしたい人)

てなわけでのんきに色んなこと言ってますが、運命のCL2nd legまであと14時間ですよ!この試合は絶対にライブで見るぞ!(ってかCLほとんどライブで見てるじゃん:汗)
だから今日は早く寝ますっ!!おやすみっ!(まだ昼ですって~!:汗)


| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。