PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【EURO2008】スペインが24年ぶり準決勝進出!

えええっと…。

眠いです

今朝は、スペインvsイタリア戦を見るために、朝3:30に起きました。
だって、決勝Tはノックアウト方式ってことで、もしかしてもしかすると、スペ代の試合もこれでおしまい…ってな結果になることもあるわけで、のんきに「録画でいいや~」とか言ってる場合じゃねー!ってことで、月曜の朝から無謀なことしました(汗)
おかげで朝から抜け殻です(えー)

さて、そんなスペ代は、早起きした甲斐あって(?)4強入りを決めました!!

725891_w2.jpg

良かったよぉ~(感涙)

スペ代はなんと、88年間イタリアに勝ってないんだそうで、実は、「もしかして負けるかもなぁ」なんて弱気になってました。
今節イタリアは、ピルロとガットゥーゾが累積警告で出場停止でしたけど、正直私は「この2人がいた方が勝てるんじゃね?」と思ってたので、そこにローマの若手でも入れられた日にゃ、厄介なことになっちゃうなぁ…と心配でたまらなかったのでした。
そしたら案の定、デ・ロッシとアクイラーニが入っててオーマイガーッ!!(汗)

725674_w2.jpg

ミランの2人が中盤に入ると、全体的にミランっぽいサッカーになると思うんだけど、ローマの2人が中盤に入ると、やっぱり全体的にローマっぽいサッカーになってる気がしました。まあ、私の中では大ざっぱに、ミラン=守備的、ローマ=攻撃的って思ってるだけなんですけど(大ざっぱ過ぎる:汗)

中盤2人が出場停止、ベテランDFカンナヴァーロもケガで欠いてるイタリアに対し、スペ代はフルメンバーでの応戦です。
先発メンバーは、GKカシージャス、DF左からカブデビラ、マルチェナ、プジョル、ラモス、ボランチにマルコス・セナ、中盤がシルバ、シャビ、イニ、ビジャとトーレスのツートップ。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ


試合は序盤からスペインがボールを支配。
スペインらしくボールもよく回ってたんだけど、中盤あたりでボール回しをする時間が長く、ゴール前まではなかなかボールを入れさせてもらえなかった。
オランダ戦の時のイタリアのドタバタ守備を期待してたのに、今日のイタリアは、本来のイタリアの守りって感じで固かったね~。
スペインは何度もシュートを打ったけど、ほとんどはあまりコワくないミドルシュートばっかりで、グループリーグで見せたような、短いパス回しで守備を切り崩してゴール前に切れ込む…なんて場面はあまり見られなかった。
なんというか、そういう「スペインの形」がもう研究し尽くされてると言うか、シャビやイニエスタが中へ中へ通そうとするパスはことごとくカットされてました(汗)

で、そこから一気に前線にボール持ってかれてピーンチ!なんて場面もあったんだけど、今日はマルチェナくんがすっごい頑張っててびっくりでした(えー)
ルカ・トニのヘディングシュートも頭でブロックしたし、マルチェナくん、今日はできる子だったねっ!(何様?)

ボールの支配率もシュート数も圧倒的にスペインが勝ってたと思うんだけど、イタリアの守備をなかなか崩せず…。
シルバやセナがいいミドルシュート打ってたんだけど、何しろゴール前に陣取ってるのは世界のブッフォンだからね(大汗)キーパーにビビって枠とらえられないんじゃね?ってくらい、みんなシュート外してましたね(汗)関係ないけど、ブッフォンって目が青くてきれいだよね(ホントカンケーない:汗)

725714_w2.jpg

さて、前半は0-0のまま終了。
後半に入るとすぐ、アラゴネスさんは2枚同時にカードを切ってきます。
バルサコンビ、シャビ&イニエスタに代えて、セスク&カソルラを投入。
バルセロニスタの私としては、そして、イニエスタ大好きな私としては、この交代は非常に残念なんですけど、実際、ギリシャ戦のときもセスク&カソルラコンビ良いなぁと思ったのよね。

セスクはさぁ、シャビ&イニと一緒だと消えちゃうのよね。
だからって、セスクが控えってのは惜しいよなぁ…って思ってたんだけど、セスクとシャビを別々に使うことで、セスクのプレースタイルが活かされるようになったと思う。
しかも中盤をコンビで交代させることによって、それまでと微妙に違ったサッカーになるから、この試合みたいにシャビ&イニの攻撃が上手く行かない時の中盤2枚替えはすごく有効だと思うのよ。
アラゴネスさん、セスクの正しい使い方がやっとわかったみたいね(えー)

725779_w2.jpg

セスクの良いところは、イニやシャビのように短いパス回しのいわゆるスペインサッカーもできるけど、状況見てDFの裏に1本の長いパスを出したりっていう、プレミアっぽいプレーもできる所だと思う。
シャビ&イニは真ん中から切り崩してくのが好きだもんね。
まあ、それで得点した時はほんっとに気持ちいいけどさ。

てなわけで、セスク&カソルラに代わってからスペインが攻め込む場面がさらに増したようにも見えたんですけど…、何度か決定的場面もあったんですけど…、それでもイタリアのゴールを割ることができず(泣)
だって、打っても打っても入る気がしなかったもん(涙)

結局、90分間両者無得点のまま、延長戦へ突入。
まさか延長戦でも決着がつかないなんてことないでしょうねぇ(汗)…なんて思って見てたら、ホントに決着つかねーしっ(大汗)
シルバとかビジャとか、もう見るからにヘトヘトな感じなんだけど、スペインは後半終了間際にトーレス→グイサで交代カードを使い切っちゃったから、フレッシュな選手を投入することもできず(汗)
一方で、イタリアは危険な男デル・ピエロを投入。デルピ、マジ恐ぇ~(汗)

…と思ったけど、さすがのデルピも後半わずかな時間ではチャンスメイクできませんでした(汗)

で、試合は運命のPK戦へ突入。
なんとスペ代は、過去6月22日に行われた主要な国際大会の試合で、3度PK負けしてるんだとか…。
まったくもう、そういう余分な情報はいらないんですけどっ!ドキドキするじゃん(汗)

正直、相手がブッフォンだし、PKになったらやばいんじゃない?ってドッキドキだったんですけど、スペインはビジャ、カソルラと落ち着いてPKを決め、イタリアはグロッソが決めた後、欧州CLローマvsレアル戦でPK外したデ・ロッシが、なんとまたしてもPK失敗!いや、外したんじゃなく、カシージャスに止められたんだけどね。
カシージャスを前に、CLのあのPK失敗がよみがえって来ちゃったのかな?(汗)
その後、セナ(スペイン)、カモラネージ(イタリア)がそれぞれ成功し、スペイン4人目のキッカーグイサがブッフォンにPKを止められるも、続くイタリアのディ・ナターレのPKをカシージャスがセーブ!!最後にセスクが冷静にPKを決め、スペインが24年ぶりの準決勝進出を決めました。

G312_771.jpg

G312_830_1.jpgちなみに、カシージャス、ブッフォンと言う、世界最高レベルのGKが揃ったこの試合でしたが、マン・オブ・ザ・マッチはカシージャスが受賞しました。61分のカモラネージのシュートをブロックしたのはホントすごかったもんね。カシージャスは一旦飛び出しちゃってゴールがお留守になってたから、「完璧にやられたっ!」って思ったもん(汗)
それが、あっと言う間にゴール前に戻って来て、カモラネージのシュートを足でブロック!なんて頼りになる男!!惚れたぜ、カシージャス!(はぁ?)

でも、カシージャスがユニの下に着てるアンダーシャツ→はちょっとどうかと思うけどね(汗)
ビジャのウルトラマンみたいなアンダーもすごいけど、カシージャスのは完全にグンゼの肌着って感じだもん(大きなお世話)



G312_779.jpg

↑ウルトラマンみたいなアンダーシャツ…でしょ?(笑)


ともあれ、勝って良かった。本当に良かった(しみじみ)
最後、セスクがPKを決めた時は泣きそうになりました。
セスクって泣きそうな顔して喜ぶでしょ?
アレでなんかぐっと来ちゃうのよね(CLミラン戦のセスクのゴールではマジ号泣したし:汗)
ヴェンゲルさんもスタンドで観戦してたからね。そんなセスク見て、ヴェンゲルさんもきっとうれしかったでしょうね。

準決勝は再びロシアと対決ですけど、なんかロシア、モーレツに強くなってるみたいですけど、絶対に勝って決勝進出して欲しいです。
ってか、ヒディンク一体何者?(汗)マジで魔法使いでしょ?
ぜひエスパルスの監督に来て欲しいです(えー)

ああ~、それにしても眠い~(+_+)。。。zZZ


| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。