PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【EURO2008準決勝】スペイン完勝!!

本日早朝、準決勝2組目のスペインvsロシアの試合が行われました。

はいっ!!3:30に起きて、ライブで見ました。
早起きして良かった!!
もう、マジでいいもの見せてもらいました。

ありがとう~!!スペイン!!(←興奮覚めやらず)

マノロおじさん↓(真ん中の帽子の人→スペ代の応援団長だって)も大興奮だよ!

01-1.jpg

試合前には、大番狂わせで優勝候補オランダを下して準決勝にコマを進めたロシアに、なんだかやたらとビビってたんですけど、ふたを開けてみれば3-0の快勝!!
ここまでスペインは無敗で勝ち上がってはいたものの、この試合で初めて真の強さを見た!…って、そんな試合でした。
いやぁ、ホント早起きして良かった!(しつこい)

てなわけで、本日の両チームのスタメンはこちら↓

01.jpg

02.jpg

スペインの先発はイタリア戦と同じ。
ビジャ、トレースのツートップで、シャビ、イニエスタ、シルバとボランチのマルコス・セナで中盤を構成。イタリア戦ではシャビ&イニの2枚替えの後に試合が動き出した感があって、特にセスクが大活躍だったから、もしかしてこの試合ではバルサコンビ外されるかも…ってちょっと心配だったんだけど、さすがのアラゴネスさんもそこまで冒険はできなかったご様子。
まずはいつものスタメンで様子見って感じですか。

で、スペインの強みは、ここまでケガや累積警告による欠場者がいないってこと。
ロシアはグループリーグで当たった時にアルシャヴィンが累積で出場停止だったし、この試合でも累積警告による欠場者がいたらしい。
常にベストメンバーで戦えるってのは、一つの強みだよね。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ


さて、試合は序盤からスペインがボール支配して優勢だったけど、なんかやけに引き過ぎてるロシアが逆に恐い(汗)オランダ戦の時の押せ押せの勢いとは全く違って、なんかこう、様子をうかがってるっていうか、攻撃をしかけるチャンスを静かに狙ってるっていうか、とにかく立ち上がりは変な空気だったな(汗)

で、前半半ばくらいからロシアも徐々に攻撃をしかける動きを見せるも、今日はね、スペインの守備陣がもう、めっちゃ良かったのよね。
プジョルはこの大会ずっと安定した守備を見せてるけど、とにかく「穴」だったマルチェナくんが、イタリア戦に続いて今日もモリモリいい仕事してたのに加え、ディフェンダーなのに守備がテキトーなラモス(えー)も、今日はしっかり守備してました。
おかげで、ロシアはまともな攻撃がほとんどできず。オランダ戦での大活躍で一躍脚光を浴びたアルシャヴィンも、この試合ではまったくいいとこナシでしたね。
この試合では、アルシャヴィンよりパブリュチェンコの方が存在感あって恐かったです。
そう言えば、グループ予選での1点もパブリュチェンコだったもんね。

04.jpg

でもね、地元スペインのスポーツ紙(SPORT紙、Mundo Deportivo紙)では、すでに「アルシャヴィンがバルサにやって来る!」みたいな話で盛り上がってるっぽいですよ↓
アルシャヴィンとアデバがバルサの新ユニ着てるし(汗)
まあ、この試合だけ見ると、いらねー!って感じですけどね(ひどい)

sport.jpg
ちなみにマルカ紙はこんな表紙でした↓

g0627.jpg

で、話を戻すと、スペインが終始優勢に試合を進めるも、前半は得点できず(ロシアのGK健闘してたよね)、さらに30分過ぎには、この大会でキレまくってたビジャが無念の負傷交代(泣)

05.jpg

ここで、セスクが登場し、期せずしてクワトロフゴネスがピッチに揃います。
…が、結局前半は0-0で終了。

後半に入るとすぐ、クアトロフゴネスが機能し始め、スペインが華麗なパスワークを披露。ロシアの選手たちは中盤のパス回しに走らされ、徐々に失速していきます。
そして、後半開始10分、シャビから左のイニエスタに出したボールを、イニが得意のテクで相手を交わしてゴール前にボールを出し、これを走り込んで来たシャビが押し込んで、待望の先制点GET!!!

10.jpg

もうね、これ、マジでうれしかったです。
シャビ→イニ→シャビでのゴール。
バルサでも、私がいっちばん好きなゴールの形なんだよね。(イニ→シャビ→イニでもいいけど)なんか、イタリア戦で途中出場したセスクが活躍した時、「世代交代を感じさせますね…」とか実況の人が言っててすごく悲しかったから、シャビが決めたのはホントにうれしい!!
セスクももちろん好きだし、これからのスペ代を背負ってくのは間違いないけど、今はまだシャビに「ミスタースペ代」であって欲しいと思います。

ところが、69分、そんなシャビを、なぜかシャビ・アロンソと交代させるアラゴネス監督。トーレス→グイサとの2枚替えだったんだけど、トーレスはまあ、わかる。
クアトロフゴネスが作り出す再三のチャンスを生かせなかったし、実際、クアトロフゴネスと相性悪いしね。だけど、トーレス下ろすならシャビまで変える必要があったのか?
しかも、交代カードを使い切ってまで…。
イタリア戦の時も早々にカード使い切っちゃってさ、延長戦に入ってビジャやシルバがへっとへとになってても手の打ちようがなかったってのに、ホントこの人の采配はよくわからん(汗)

でもまあ、その采配が当たったと言うべきなのか、その数分後に、セスクがゴール前にお洒落な浮き球を入れ、飛び出したグイサがこれをきっちりゴールに収めた。
セスクのこういうとこに、ホントにサッカーセンスの良さを感じるよね。

G321_352.jpg

正直、後半中頃からは、ロシアに対する恐さはまったく感じなかった。
なんてったって、スペインの中盤が、今大会で一番機能したんじゃないか?ってくらい良かったから、後半のロシアはほとんどボール触れず。
2点目を取ってもスペインは攻撃の手を緩めず、83分には、イニがスペースに出した長いパスにセスクが走り、ゴール前にボールを入れて、これを走り込んで来たシルバが落ち着いてシュート。
だめ押しの3点目で、スペインの勝利が決定的となった。

14.jpg

この試合はホントうれしいことづくしだったな。
シャビとシルバの今大会初ゴールもうれしかったし、イニがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのもうれしかった。イニは今大会始まってからずっと、「調子悪い」「調子悪い」って言われてたからね。

728128_w2.jpg

一方のロシアは、オランダ戦での勢いがウソのように、手も足も出ず…って感じで、最後はなんか残念な終わり方でしたね。
…とは言っても、大健闘ですよね!

いやぁ、とにかくホントに勝って良かったです。
大興奮でとても寝れなかったので、そのままボールもって河川敷グランドに行き、試合を振り返りながらボール蹴りまくってきました。ニヤニヤしながら(←不審者)

今日のスペインなら、ドイツにも勝てる気がします。
絶対勝ってくれ!!

絶対に勝ってくれー!!!(2回言うな)


あ~あ、なんで私スペイン人じゃないんだろ…(意味不明)


| コメント(2件) | TOP↑

COMMENT

こんにちは。

私は下手すると延長PKもあるかもしれないと思っていただけになんだか拍子抜けでした(ロシアには失礼な話ですが)。まあバルサ勢が活躍してくれたのでうれしかったですけど。イニエスタは逆説的ですけど、あまり調子よくないほうが本来の彼らしい周りを活かすプレーが出来るのではないかと思います。特にセスクが入ってから主にワンタッチで中盤を支配するのを見て、バルサでもこうであれば良いなとうらやましくなりました。

それに私もクアトロフゴネス+ビジャが見たかったので、ビジャが決勝に間に合わないかもしれないのはちょっと残念です。いずれにしてもこのままの勢いで是非優勝して欲しいですね。

| FCバルセロナ観戦記の管理人 | 2008/06/27 21:32 | URL | ≫ EDIT

>FCB観戦記の管理人様

ロシア、ホントに拍子抜けな感じでしたね。
スペインのようなポゼッションサッカーとは相性悪かったんでしょうね。
イニは確かに、バルサの時より周りを生かすプレーしてましたね。
ああいうところは、セスクと同じく天性の才能みたいなものを感じます。
個人的には、イニの、自分でドリブルしかけてくプレーの方が好きなんですけどね。

決勝はクアトロフゴネスでいくのなら、ワントップはトーレスより絶対にビジャの方が合ってますよね。筋肉痛めたらしいので、決勝は欠場みたいですけど。

ホント、ここまで来たら優勝してほしいですね!

| ゴトー | 2008/06/29 00:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。