PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに主審

中学生の息子の試合で、久しぶりに笛吹いてきました。
かれこれ9ヶ月ぶりの主審です。

3~4年前、当時息子が所属してた少年団で親同士がいろいろゴタゴタもめて、いつも審判やってくれてた保護者が次々にクラブチームにうつり、残されたのは、いまいちやる気のない親と子ばかり…という状態になりました。

私はそれまで、子供のサッカーになんかこれっぽっちも興味がなく、当然、サッカーのルールなんて全っ然知らなかったんですけど、大人のそんなもめ事で、残された子たちがサッカーができない状態になってることがなんとも切なくて…、残された他のお母さんたちが、「審判もいないし、解散するしかないのかな…」なんて弱気になってることも悔しくて…、「あたしが審判やるから、頑張ってみようよ!」などと言ってしまったのでした(あはは:汗)

…とは言ってみたものの、とにかくサッカーになんか全く興味がなかったので、ルールブック読んでもまったくもってちんぷんかんぷん(汗)
これはもう、試合をたくさん見て勉強するしかない!…と思い、Jリーグやらプレミアやらリーガの試合を手当り次第に見ました。

…で、すっかりハマっちゃったんですよね。海外サッカーに。

市のサッカー協会主催の「女子レフリースクール」にも参加し、毎月1回実技指導を受けて、審判技術の勉強をしました。そこで知り合ったのが今の女子サッカーの仲間で、「一緒にサッカーやらない?」と彼女に誘ってもらって、とうとう自らサッカーをやることになったのです。

でもね、それまで、割と楽しんで審判活動をしてたんですけど、自分がサッカーを始めたら、審判活動が楽しいと思えなくなっちゃったんですよね。
そりゃもう、自分でボール蹴る方が全っ然楽しい。

この頃には息子たちも少年団を卒団して中学生になり、審判をやる機会も激減したので、私もすっかり審判活動から遠のいていました。

それがね、久しぶりに主審やることになったんですよ。
練習試合ですけど。
えー?って感じですよ。ここんとこもう、ずーっとやってなかったんだから。
審判手帳見たら、最後に主審やったのが今年の1月でした(汗)

そんなわけで、練習試合とはいえ、久々の主審には超緊張しました。


にほんブログ村 サッカーブログへ


いつもいつも、ブログではJリーグやリーガの審判を平気でこきおろしたりしてますけども、実は自分自身は超ビビリでして、試合時間が近づくにつれ、緊張のあまり気分悪くなってた私でした(あはは:汗)

いや、でもね、女子の審判って、よっぽど毅然とした態度でやらないと、ギャラリーにも選手にもなめられちゃうんですよね。審判がなめられちゃうと、ゲームも荒れちゃいますから、ゲームの入り方が肝心なんですよ。

…てなこと思っておろおろしてるうちに、とうとうキックオフの時間になり、「まず、「最初の笛(ファウル)」を早めにしっかり吹いて、ファウルの基準を示さすことが大事だ」…という、レフリースクールのインストラクターに言われた言葉を思い出しながら、ビビりつつも脇にボールを抱えてピッチに入りました。

中学生くらいになると女性の主審はあまりいないようで、あきらかに両チームの選手がみんなじろじろ見てる感じなんですけど、ピッチに入っちゃえばもう、ウソでも毅然とした態度を示すしかありません。(内心ドキドキなんですけど:汗)

コイントスで陣地を決め、いよいよファーストハーフの始まり。
久々の吹笛で音がしっかり出るか不安だったんですけど、思いのほかいい音がグランドに響き渡って、この笛の音で緊張もウソのように溶けました。

で、久々に主審やりながら思ったんですけど、以前、まだ自分がサッカーを始めて日が浅かった頃より、ピッチに立つことに抵抗を感じなくなっていました。
以前はね、ピッチの中に入ることにすごく抵抗があって、主審やるのがスゴくイヤだったんですよね。動き方もよくわからないし、パスコースに入って選手の邪魔しちゃうこともしばしば…って感じだったんですけど、今日はそういう「違和感」みたいなものがまったくなく、ボールを持ってる選手がどういう選択肢を持って、次にどう展開して行こうとしているか…というのが、以前よりもわかるようになってて、割とスムーズに動けたと思います。
これって間違いなく、自分がサッカーを始めて、プレーヤーとしてピッチに立つようになったからだと思うんですよね。

早い時間に「ファウルの基準」の笛を吹いたので、その後はあまり悪質なファウルなどもなく、試合は順調に進行。ただね、不安材料が一つ…。
副審が2人とも生徒だったんですけど、試合前に「最終ディフェンスラインをしっかりキープして、オフサイドはしっかり旗を上げて下さい」と言ったら、一人の子が、「え?おれ、オフサイドわかんねー」…と(汗)

きっ…君は、サッカー部…だよね?(大汗)

実際、この子のジャッジが超テキトーでね(汗)
「今の、オフサイドくさいなー」と思って副審見ても、全然関係ないとこ見てたりして、「ダメだこりゃ」って感じでした(汗)
副審がテキトーだと主審はきついです。マジで。

…ってまあ、副審がこんな感じだったんで、ジャッジが完璧だったかどうかは自信ないですけど、9ヶ月ぶりの主審でどうなることやら…と思ってた割には、そつなくこなせたんじゃね?と思います。

で、終わった後にも驚いた事があったんだけど、以前は1試合審判やるとモーレツに体力消耗してへとへとだったんですけど、今日は全っ然疲れなかったんですよね。
20分ハーフの40分と少し短めだったこともあるけど、これもまた、サッカーやってるおかげかなぁ…と思いました。

てなわけで、久々の主審は無事終了。
9ヶ月のブランクはあるとはいえ、その間、自分もサッカーやってるし、試合も山ほど見てるおかげで、なんか、以前よりちゃんと主審できてたんじゃないか…って手応えを感じた私なのでした。


…って言っても、審判活動を積極的に再開するつもりはありませんけどね。


やっぱボール蹴る方が楽しいです(あはは~)



| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。