PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【プレミア第10週】スパーズあっぱれ!…っていうしかないっしょ

ウエストハム戦から中2日で、スパーズと対戦のアーセナル。
前回はロンドンダービーで、今度はノースロンドンダービーだって。

で、今節ホームエミレーツに迎えたのは、前節やっと今季初の白星をあげたトッテナム。
昨シーズンまでは特に気にしたこともなかったチームですけど、今季はなんてったって、昨シーズンバルサで頑張ってたカンテラ育ちのドス・サントスが移籍したし、EUROでの活躍で一躍脚光を浴びたロシアのバブリュチェンコや、クロアチア代表のルカ・モドリッチも加入したので、「これは面白そうだぞ」って、ちょっと注目してたんですよね。

…が、そんなスパーズは開幕から8試合で、なんと6敗2分け(汗)
で、突然の監督交代劇。
ポーツマスの現役監督だったハリー・レドナップ氏を引き抜いたんだって。
シーズン中にこんな形の監督交代ってアリなのね(汗)
ポーツマスの選手も「えー!!」って感じだよね(大汗)

ちなみに、ドス・サントスはあんまり試合出てないみたいですね(泣)
…ってか、ドスサントス、今回のアーセナル戦ではベンチにも入ってなかったみたいで超がっかり。
昨シーズン、バルサで頑張るも、周囲の期待が大き過ぎたのと、ボヤン人気で影に隠れちゃった感があって、なんかかわいそうだったのよね、ドスサントス。
だから、スパーズに移籍した時には心から「応援してるから頑張れよ!!」って思ったんだけどな~。あ~、スパーズで生き生きプレーする彼の姿が見たかったよ。ドスサントスの活躍で負けるなら、良しとしてやるよ~って思ってたのに~(って、えー)

そんなわけで、ドスサントスいないのがすっごくがっかりでしたけど、それならそれで、「こてんぱんにヤッチマイナー!」って話でして(え?)、今節はスタメンFWも微妙くん(注:ベントナーです)じゃなくアデバだったので、「こりゃ楽勝に勝てるっしょ」などと高を括っておりました。

そんな本日のスタメンはこちら↓

GKアルムニア、DFクリシー、シルベストル、ギャラス、サニャ、MFデニウソン、ナスリ(87min→ソング)、セスク、ウォルコット(75min→エブエ)、FWアデバ、ファン・ペルシー(81min→ディアビ)

SUB:ファビアンスキー、ディアビ、コロトゥレ、ベントナー、カルロス・ベラ、ソング、エブエ


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ


gun__1225358123_spurs29102008_03.jpg

えええっと、前半立ち上がりは、スパーズの選手バッタバタな感じでしたね。
特に、中盤から前にかけての選手が動きがかぶってゴチャゴチャしてる感じで、ボールを全然キープできてなくて、「故に最下位なのかな…」と思っちゃうようなドタバタぶりでしたけど、それとは対照的に「良いな~」と思ったのは守備陣。
守り固かったですね~。
ポゼッションは圧倒的にアーセナルでしたけど、前半はなかなか崩せなかったもんね。
アーセナルのくせにバックパスばっかりしてるし。
だいたい、前半の得点がセットプレーからってのが、そもそもアーセナルが苦労した証拠ですよね。やっぱ、ディフェンス崩して得点してこそアーセナルってもんでしょ。

…ってか、それより何より、相手に先制されちゃってるしね(汗)
スパーズのベントリーがループで打ったミドルシュートが見事に決まって、ガナーズサポ唖然。私もテレビの前で唖然。アルムニアはボーゼン。
アルムニア、いいとこなしだったね、昨日。
多分、「今日の占いカウントダウン」では最下位だったね(は?)

で、ここからアーセナル猛反撃に出ますけども、やっぱ堅いのよ、スパーズの守備陣。
スルーパスもしっかりカットされちゃうし、ナスリやウォルコットがサイドから切れ込んでいこうとしても、しっかり着かれてていい形には持って行けませんでした。

それでもまあ、セットプレーからシルベストルがヘッドで決めて、1-1で前半終了。
私的にはDFが点取ってるのが気になるところ。
FW陣が点取れない試合は安心できないのよね。
FW点取れよ、FW!

…って思ってたのに、後半開始早々の得点も、セットプレーからDFギャラスのヘッド。
いや、勝越したけども、なんかしっくり来ないんすよ。
まあ、FWが点取れない試合でも、セットプレーから点取れるってのはいいことだけど、やっぱFWが点取らないといまいち盛り上がらないし、次につながる気がしない。

ただ、前半はやや引き気味だったスパーズが少し前に出てきたことで、アーセナルも動きやすくなって、64分にはファン・ペルシーのロングフィードからDFの裏に抜け出してGKと一対一になったナスリがゴール前にループ。これを走り込んできたアデバが押し込んで3-1と突き放します。

この形は良かったね~。
ファン・ペルシーナイスですね~。
ってか、ナスリっておなかがちょっと前に出てて幼児体型だな~って思うんだけど、足もとうまいよねー!(おなか関係ないね:汗)

3-1になったとこで、「あー、もう決まったなぁ~」なんつって超リラックスしてみてたんですけど、ここまで苦労してきたスパーズがここから底力を発揮します。
前半ほとんど存在感なかったパブリュチェンコがベントと交代すると、その入ってきたばかりのベントがいきなり得点して、なんとスコアは3-2に…((汗)

いや、でも、大丈夫よね?勝つよね?間違っても引き分けたりしないわよね…。

…と一瞬不安になるものの、直後に、アデバが出した横パスをファン・ペルシーが右足でキレイに決めて4点目ゲット!!さらに突き放してスコアは4-2!
希望通りアデバとファン・ペルシーのFW陣が点取っていい雰囲気になってると思ったのに、まさか…、まさかあんなことになるとは…。

って、思い出しただけでも遠い目になっちゃうんですけど、ここからなんと、スパーズに2点返されて、結局試合は4-4の引き分けでしたとさ。

以上っ!!





…って、そんな投げやりな…(汗)
だけどねぇ、そりゃあ、アンタ、投げやりにもなるさ。
4点取ってて勝てないとはね。

4点取って油断したのもあるだろうし、スパーズの気持ちの方が強かったってのもあるよね。こりゃもう、「スパーズに拍手!!」って言うしかないっしょ。
実況、解説の人たちも「これはトッテナムが勝ったと言っていい試合ですね」って言ってたけど、本当そう思う。
スコアは4-4だったけど、気分は「負けたぜ完敗!」って感じです。

アルムニアが悪いとか、滑ってこけたクリシーが悪いとか言いませんけども(←言ってる)、1試合で4失点はヤバいでしょ。
それじゃあ、イギリス国籍取得しても、イングランド代表にはなれないぜーアルムニア。

関係ないけど、ルカ・モドリッチのドリブルがロシツキーにすげー似てると思いました。

あ~!!もう、ホント


帰ってきて~ロシツキー!!(←この試合並みに大混乱な私)

| コメント(2件) | TOP↑

COMMENT

アデバが決めて3-1!

以上!!

もしくは、
ロビンが決めて4-2!

終了!!!

なんでそれじゃダメだったのよーヨヨヨ
ミスから学んでおくれ…って思うのいったい何回目!って感じです。

| 筍母 | 2008/10/31 23:53 | URL | ≫ EDIT

〉筍母さま

ファンペルシーの4点目、めっちゃいい形だったから、あのまま終わってたら完璧な試合だったのにーって感じですね(汗)

ベンゲルが「みんなバカみたいに点取りに言っちゃった」みたいなこと言ってましたけど(バカみたいに…とは言ってませんけど)、そういうとこで若さが出ちゃった感じですね(涙)

| ゴトー | 2008/11/01 10:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。