PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【プレミア第33節】ありがとう、アルシャビン!

FA杯準決勝から中2日でリバポ戦という、鬼のようなハードスケジュールのガナですけども、FAでチェルシーに負けて燃えつきちゃってるかと思い来や、このリバポ戦でも鬼のような頑張りを見せてくれました。

よく考えたら、直近の試合でチェルシーに負けてるもん対決となった今節。
いや、正確にはリバポは2nd legでは負けてませんけども、アグリゲイトスコアで負けてCL敗退となりました。
ってぇことは、リバポはもう、正々堂々プレミアだけに集中できるっていう、ある意味すっきりした状態な訳で、同時に、ガナよりもタイトルに近い所にいる分、今節は絶対に落とせない試合だったわけです。

そんなリバポの意気込みに若いガナの子らが勝てるのか…?とかなり疑心暗鬼になっておりました(汗)だって、アンフィールドだしね。
イヤなんだもん。アンフィールドのあの雰囲気。
TVで見てる私がイヤなんだから、選手はもっとイヤなんじゃね?
まあ、そのアンフィールドでチェルシーに負けてること思えば、ガナにだってチャンスはあるぜー!とも思ってましたけどね。

そんな、開始前からドッキドキだったこの試合のスタメンは以下のとおり。

GKファビアンスキ、DFギブス、シルベストル、トゥレ、サニャ、MFナスリ、デニウソン(65min→ウォルコット)、ソング、セスク、FWアルシャビン、ベントナー(89min→ディアビ)

SUB:マンノーネ、ベラ、エドゥアルド、ディアビ、ウォルコット、エブエ、ラムジー


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ




アデバとロビンがケガってことで、こんな大事な試合なのに先発が微妙くんってのが、今日一番のネックな気がしてた私(汗)
リバポ戦なんて大一番で笑い取ってる場合じゃねーし、笑い取んなきゃいまいち役にも立たないって言う微妙くんに、一体何をしろと…(ひど過ぎ)

で、前から私が何度も書いてるように(えらそー)、ベントナーは一つ下の位置では割といい仕事するんですよ。
試合開始早々に2列目くらいまで下がってボールさばいてるの見て、解説の川勝さんが「うまくなりましたねー」ってベントナーを褒めてたけども、それはね、前からできるのよ、それは…。
問題はさ、ボックスの中でのパフォでしょ。FWなんだからね。
最初こそ褒めてもらったものの、その後から「ベントナーが持つと絶対奪われる…って感じですねー」とか言われ始め、さらには「ベラとかエドゥアルドとか、他にもカードがあるのに…」みたいなことまで言われてたよ、アンタ(>微妙くん)
まったく、母さん情けないよ(涙)
…ってまあ、ベントナーの微妙っぷりは今日に始まったことじゃないので「ああ、やっぱね」って感じですけどね(ひどい)

ここんとこのリバポは攻撃力が爆発してる感じで超怖かったので、今のガナのあの守備陣で大丈夫なのか?ってのも大いに気になる所でした。
何しろ、FAの準決勝でやっちまった感があるファビアンスキくんのメンタルな面も心配だし、ギブスが全然守らなそうで心配だし、シルベストルとトゥレじゃトーレスに簡単に抜かれそうで心配だし、もう、心配だらけでハゲそうだったよ(えー)

で、前半は案の定、リバポに攻められっぱなしで、いつ守備陣が崩壊するか…と気が気じゃありませんでした。リバポはジェラードがケガでいなかったけども、ジェラードいなくても全然攻撃力衰えてない(汗)去年めっちゃ走り回ってうっとおしかったカイトに加えて、今年はなんかベナユンも虎視眈々とゴールを狙ってて、また一人うっとおしいヤツが増えてる…っていうね。
だって、去年はベナユンなんてそんな目立ってなかったじゃんね。

しかも、リエラが入ってから急にスペインサッカー色が濃くなって、ガナのお家芸のポゼッションサッカーをやってるのはほとんどリバポだったもんね(汗)
それでも、今日の前半の守備陣はよく集中してたよ。
ファビアンスキくんも前節の失敗を引きずってる風でもなく、今日もいつも通り前に飛び出して守ってたしね。この飛び出しでヒヤヒヤした場面も確かにあったけども、逆に飛び出さない方が「やっぱ引きずってる?」って不安になっちゃうもんね。

で、今日、守備で特に良かったと思ったのはギブスですね。
もう、あの子はいつも通り全然守らないんじゃないか…って母さん心配で心配でしょうがなかったんですけども、今日はよく守ってました。若いから動きも軽いし早いし、すごい早さで色んなもの吸収して自分のものにしてるなーって感じました。
これがヴェンゲル流の若手の育成法なのかしらね。

試合開始早々からリバポの猛攻に必死で耐えてるガナを見て、「いつまでガマンできるかなー」って思うと同時に、前線に残ってる一枚が微妙くんってことで、「こりゃあ点取れねーなー」って、正直すっごい弱気な気持ちで見てたんですけども、そんな中、先制したのはなんとアーセナルでした。

前半36分。
なんとか相手ゴール前までボールを運び、エリア内でマスチェに阻まれるも、マスチェのこぼしたボールをナスリんが奪い、ナスリんの後ろを回って飛び出したセスクにパス、セスクがボールをゴール前にマイナスに戻し、これをつめてたアルシャビンが豪快に押し込みました。

Andrey_Arshavin_cel_786733a.jpg

ここまでずーっと押し込まれてて、その重圧に押しつぶされそうになってただけに、この先制点はめちゃくちゃうれしかった。「うきゃー!!!」と奇声を発して家の中を走り回っちゃったよ(←やばい)

結局前半は1-0で終了。
もちろん、これで終わると思ってません。
後半は多分、のっけから猛攻しかけてくるだろうと思ってました。

その後半、案の定、キックオフの笛と同時にものすごい勢いでプレスかけてくるリバポの選手。で、あわわわーって思ってるうちに、後半開始4分でトーレスに同点弾決められます(涙)

あームカつく(怒)

スペ代サポですけども、アンチトーレスなんですよ、私。
だって、スペ代じゃ全然パッとしないからね、ヤツは。
なのに、今日のトーレスはキレキレでムカムカ来ました。
スペ代でもそのくらい頑張れや!

で、そのムカムカもおさまらないうちに、今度はベナユンに勝ち越しゴール決められるって言うね(号泣)トーレスとベナユンに手を焼いてたもんね、守備陣。

後半も相変わらず激しく攻められる中、それでもガナは前半よりもパスを回せるようになってましたけど、デニウソンが何度も良くないボールの失い方してたのと、セスクのパスがいまいち弱いのが気になってました。リバポの寄せはとにかく早いので、セスクのパスが弱くて途中で取られちゃってる場面が何度かあったもんね。

ただ、リバポというチームは、去年は、「1点取ったらさあ守ろーぜー」みたいなつまんないサッカーしてたってイメージだったんですけど、今年はすっごい攻撃的なので、その分、ガナにもまだチャンスはあるかな…と思ってたんですよね。
リバポが前がかりに来てる分、ボール奪ってすぐにカウンターに入れれば絶対点取れる!て思ってたんですけど、ベントナーはボールのおさまりが悪いし、2列目から飛び出すにしてもセスクは足遅いし、アルシャビンだけじゃ厳しいので、やっぱウォルは入れるべきだよーとずーっとカリカリしてたんですけど、ヴェンゲルさん、2点目取られた後にやっとウォルコット投入です(遅ぇ!!)

そしてその直後、ファビアンスキくんのゴールキックをアルシャビンがヘッドで前線におくった後、リバポのマスチェか誰かがこれをカットし、アルベロアへ。これを後ろから走り込んだアルシャビンがインターセプトしてそのままシュート。
で、なんと同点に追いつきます。
いやぁ~、すばらしいシュートでした。
今季2度目の泣けるゴールでした(1度目はドゥドゥの復活ゴールね)
いや、マジで泣いたよ。
だって、追加点取れる気がしなかったからね(汗)

そしてこの同点ゴールのわずか3分後には、まさかまさかのアルシャビンハットトリック達成!!!3-2と勝ち越します。
私もう号泣(あはは)

ヴェンゲルさんの補強は正しかった。
アルシャビン、来てくれてホントありがとう。
奥さんはロンドン嫌いみたいだけどねー(あはは:汗)

できればこのまま試合終了ーっていって欲しかったんですけど、残り時間がまだ20分もあるってのがすっごい不安でした。
倉敷さんが「もしかしてまた4-4なんてことはないですよね…」って言ってましたけど、いや、私も、「それはないっしょー」って思ってましたけども、でも完全に否定もできないっていうか…。

で、そんな私の不安は的中(汗)
アルシャビンのハットトリックの2分後にトーレスに同点弾決められます。
ううううー、トーレスめ…(恨)

そして迎えた後半45分。
リバポのCKというピンチな場面から、ボール奪ったウォルが一気に駆け上がります。
これ、去年のCLのサンシーロでのミラン戦を彷彿とさせるシーンでした。
ウォルのあの長いドリブル。ミラン戦では駆け上がって来てたのはアデバでしたけど、今日はアルシャビンが逆サイを突進して来ていました。
ウォルからのパスを受け、アルシャビンが、なんとこの試合4点目のゴールをゲット。
アルシャビン、すげー!!!!
なんだこの試合?大興奮して血管切れそー!!(危ない)



で、もう、さすがにこれで終わるっしょーってちょっと安心してたら、なんと追加タイム5分だってよ(大汗)なんで?なんかそんな時間取ったアクシデントとかあったっけ?
なかったよね?

…と自問自答してる間に、ベナユンにやられました(ボーゼン)

ウソだと言ってよジョー(by Love Shuffle)


てなわけで、4-4の引き分けにおわりました。
お疲れさまでした。
いやホント、疲れたよ。
猛攻にびびりまくって、勝ち越したり勝ち越されたりに一喜一憂して、なんか、試合終了の笛が鳴ったとたんに、グランドにゴローンって倒れる感覚でソファに倒れ込みました。
いやマジで一緒に戦った気分。

勝てないのは悔しかったけど、よく頑張ったよ。
アルシャビンのスーパーゴールも見れたし、FAの大敗の後によくモチベを落とさずにこれだけの試合ができた…って、母さんもう、それだけで満足です。


あー、もう、今日一日の体力全部使った気分。
いい試合見た後のいい余韻が残ってるので、このまま午後の英会話をさぼりたいです(えー)


| コメント(6件) | TOP↑

COMMENT

シャビン最高!!!!!!!
CLに出れないのだけが悲しいですね。
デニは色々なとこで酷評されてるみたいですが、まだまだ
若いですもんね。
朝から疲れる試合展開でした。お疲れ様でーす笑

| ひかり | 2009/04/22 13:40 | URL | ≫ EDIT

>ひかりさん

コメントありがとうござます!!

シャビン最高ですね!!!
デニもねぇ、一時期よりはだいぶ成長したとは思うんですけど、ソングに追い越されちゃった感も否めませんねぇ。
おっしゃるとおり、まだまだ若いし、この若さで色んな貴重な経験積んでるので、これから成長していくと思いますけどね。

いやぁ、ホントにすごい試合で疲れました。
夜のサッカーの練習にも行けなそうです(えー)

| ゴトー | 2009/04/22 13:59 | URL | ≫ EDIT

観戦おつでしたぁー!
90分に勝ち越してるのにロスタイム凌げない病はほんとに何とかしてほしいけど、スパーズ戦ほどぶち切れないのはやっぱアンフィールドでよくやった・・って思えるからかな。
アルシャビンの嫁はさ、美容師だけじゃなくてお気にのシェフも呼び寄せちゃいなよって感じ。一般人の感覚だと「うまいもんないとか文句言ってないで自分で作りなよ」だけど、セレブですものね~e-420ならではの苦労もあるんだろうけど、うらやましいわ(笑)

| 筍母 | 2009/04/22 18:26 | URL | ≫ EDIT

>筍母さま

ホント、お疲れさまでした。
試合終了間際に4点目決まった時は「勝利」を確信したんだけど、「そう言えば守りきれないんだったー、この子ら」ってすぐに思い出しました(あはは:汗)
4点取ってて勝てないって…ってすっごい悔しかったけど、不思議と後味は悪くない試合でしたねぇ。私も2回見ちゃったよ(笑)
ってか、今またリピート始まったのでなんとなく見ちゃってます(えー)

シャビンの妻は「そういうこと言っちゃダーメ!」って思うけど、でもロンドンってホントに美味しいものなさそうだよねぇ(あはは:汗)

| ゴトー | 2009/04/23 00:13 | URL | ≫ EDIT

リエラを見てると、レジェスを思い出してしまいます。

という具合に、いつでもグーナー目線でございます。

本当に疲れる試合でしたね。
歴史に残る打ち合いだったと思います。

| nezii | 2009/04/24 00:21 | URL | ≫ EDIT

>neziiさん

いつでもグーナー目線、さすがです!!

にわかサポの私にとっては、やっぱり昨シーズンのCLのアウェイのミラン戦がいまだに心に残ってる一番の試合なんですけど、この試合はそのミラン戦にも劣らないくらいインパクト強い試合でしたね。
多分、この試合も忘れられない試合の一つになるんだろうなーと思います。
そんな風に忘れられない試合が少しずつ増えて行ったらうれしいです。

| ゴトー | 2009/04/24 09:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。