PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【コンフェデ杯】初戦の結果とスペイン戦をさくっと

14日から始まったコンフェデレーションズカップ2009のここまでの結果。

■グループA
南アフリカ vs イラク 1-1
スペイン vs ニュージーランド 5-0

■グループB
ブラジル vs エジプト 4-3
イタリア vs アメリカ 3-1

まあ、普通に予想通りと言えば予想通りの結果ですけども、南アだけは想定外だったようですね。グループの顔ぶれ見ても、開催国の南アはかなり優遇された感があって、予定通りに行けばスペインにだけ負けて決勝Tに進めるはずなんですけど、開幕試合でイラクと引き分け、ちょっと厳しい状態になってます。

で、結果は予定通りでも、内容が予定通りじゃなかったらしいのがブラジル。
エジプト相手にかなり苦戦を強いられた模様。
開始5分でカカが先制したものの、4分後に追いつかれ、その後、前半だけで2得点(ルイス・ファビアーノ、ジュアン)して3-1で折り返すも、後半早々に2点返されて追いつかれます。このままドローで終わるか…と思われた試合終了間際、ブラジルがPKゲットし、これをカカが決めて、なんとかブラジルが勝ったようです。

アメリカvs イタリアは、ビジャレアルのロッシが2得点の活躍。
ローマのデ・ロッシも1得点し、ロッシコンビの3得点でイタリアが勝ってます。

次節の予定は以下のとおり。

6/17 グループA
スペイン vs イラク
南アフリカ vs ニュージーランド

6/18 グループB
アメリカ vs ブラジル
エジプト vs イタリア

さて、お目当てのスペインの試合についてさくっと書いとこうと思います。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
海外サッカープログ集はこちら



って言っても、昨日の朝のめ○ましTVで、うっかり先に全ゴールシーンを見ちゃったので、せっかくのスペ代のゴール祭りも面白さ半減な感じでした。

TV中継見れない人にとってはありがたいんでしょうけどね、プレミア&リーガのシーズンが終わってから、これだけを楽しみに生きて来た私としてはホントがっかりですよ。
まったくもう(涙)

さて、スペインの初戦の相手はFIFAランキング82位のニュージーランドってことで、もしかして主力は出さないんじゃね?と思ってたんですけど、ご覧のとおり↓ばっちり主力そろってました(笑)

_1RS8067.jpgR.F.E.F

GKカシージャス、DFカブデビラ、アルビオル、プジョル、ラモス(53min→アルベロア)、MFシャビ・アロンソ、シャビ(53min→カソルラ)、セスク、リエラ、FWビジャ、トーレス(70min→シルバ)

イニエスタとかマルコスセナとかっていう主力組がいなくても、このメンツって言うね(汗)実際、EUROではシャビ・アロンソやセスクがベンチ組だったわけですから、なんとも贅沢な顔ぶれですね。

で、EUROの時にはずーっと「シャビとセスクが同時にピッチに立つとうまくいかない」と言われてましたけど、この試合ではセスクはのびのびプレーしてて存在感ありました。
思うに、シャビと合わないんじゃなく、シャビとイニが揃っちゃうと、セスクが消えちゃうんじゃね?と思います。

バルサでも、中盤にイニ、シャビが入る時は、ボランチを底に残して、ほとんどイニとシャビが2人で何でもやっちゃう感がありますから、4-4-2のスペ代でイニ、シャビが中盤に入るときは、セスクよりも運動量のある汗かき屋タイプのシルバの方が合うと思うんですよね。

今回はイニがいないので、その代わりにセスクが入ったわけですけど、今節を見ると、シャビ&セスクは全然問題なかったです。と言っても、イニ&シャビのコンビなら阿吽の呼吸でお互いに上がったり下がったりするので、シャビがゴール前に飛び込むシーンも見れるんですけど、セスクだとシャビはあんまり前には出ないので、それがちょっと残念ですね。まあ、セスクはゴール前でよくボールに絡んでて楽しそうでしたけど(笑)
4点目も決めたしね。

後半はシャビがベンチに下がり、セスクが少し下がり目でボールさばくという、前半のシャビみたいな役目をしてました。シャビがいないなら、セスク&イニでも問題なさそうです。シャビとイニが揃っちゃうと、セスクの役目がないんだよなー、やっぱ。
でも、こうやって見ると、セスクは将来的には、シャビみたいなスペ代の核となるのかなーと思いますけどね。

さて、この試合は5-0というゴール祭りだったわけですけど、前節のビジャのハットトリックに続き、今節ではトーレスぼくちゃんがハットトリック決めました。
しかも、試合開始からわずか17分で!!

で、私はてっきり、ビジャのハットトリックでぼくちゃんがすねないように、大人な周りの仲間達が一生懸命トーレスにボール集めたんだろなーと思ってたんですけども、実際に試合見てみたら、ただ単にニュージーランドの守備陣がへぼすぎるだけでした(大汗)

まあ、確かにトーレスはプレミアではしっかり結果出してるし、実際、実力のあるいいFWだとは思うんですけど、なんかスペ代では気が入ってないように見える時があるのよね。特に親善試合なんかだと、「ケガしたくねぇー」みたいな、やる気のなさが見え見えな時があるので、おばちゃん、ついつい意地悪言いたくなっちゃうわけよ。

でも、EUROの予選の時にビジャが持ち上げてくれたおかげでスペ代でも結果出せるようになって、あれから結構頑張ってるし、まあ、そろそろ許してやるよ(って、何様?)

_1RS9210.jpg

しかし、スペ代のサッカー見てると、止める、蹴るって基本動作が正確にできるかできないか…ってところで大きく差が出るんだなーって思いますね。
ニュージーランドもボール奪うと攻撃に出てましたけど、そのパスが通れば…とか、そこちゃんとトラップしないと…って基本的なミスが多かった。

特に、ビジャが5点目を決めたシーンでは、ニュージーランドのDFがゴール前でまさかの空振り!!(大汗)ゴール左サイドからトーレスが中にボールいれた際、ちょうどいい所にニュージーランドのDFがいたんだけど、「素人かー?」ってくらい大胆に空ぶってボールはきれいにゴール前に入り、そこにいたビジャがきっちりあっさり決めました(大汗)

スペ代はどの選手もキックが正確で、試合の中でも数えるほどしかパスミスはなかったもんね。基本動作がしっかりできることが大事…って言うのは当たり前のことのように言われてますけども、言葉で言われるよりも、スペ代のサッカー見る方が火を見るより明らかです(笑)

試合は前半だけで4-0、後半も開始3分くらいでビジャが5点目を決め、完全に終了~って空気になってたので、マタとかブスケとかパブロとかっていう若手を出せばいいのにーって思ってたんですけども、投入されたのはアルベロア、カソルラ、シルバというメンバーで、あんまり遊び心ねーなーデル・ボスケ…と思いました(は?)
だってさ、こういう試合じゃないと、若手はなかなか見れないんでね。

でもまあ、グループ予選はあと2試合あるんで、そこら辺で若手メンバーも見れるといいなーと思います。


パブロやマタやブスケが、サファリツアー見に来ただけで終わっちゃうとかわいそうだからねー(あはは)

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。