PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【女子サッカー】デビュー戦はぼろ負け(涙)

さて、やっと落ち着いた所で、今日の試合の感想を書いてみようかな。
書いてるうちにどんどんネガティブな方向に行きそうでちょっと自信ないですけど(あはは:汗)

ここ数日間、ずーっと緊張してビビりまくってたレディースサッカー大会がやっと終わりました。

ええーっと、結果なんか言うまでもなく、ボロッボロのボロ負けでした(涙)
ここにも何度も書いたように、相手は遥か彼方雲の上…みたいな、うちのチームに比べたら超レベルの高いチームなので、ぼろ負け覚悟で出たんですけども、実際に負けたらやっぱり悔しかったです。
技術も経験も足下にも及ばないとわかってても、やっぱり悔しかった。
試合終了の笛が鳴った瞬間に、恥ずかしながら号泣でした(あはは:汗)

自分でも「何泣いてんのアタシ?」って思ったし、相手チームの人たちからしても、「は?なんで泣いてんの、アンタ?」って感じだったと思うんですけど、でも止められなかったんだもん(涙)
負けたのが悔しかったのか、あまりにも歯が立たな過ぎだったのが悔しかったのか、はたまた自分自身のへぼさが悔しかったのか…。
まあ、おそらく、その全てだと思いますけど。
自分なりにこの大会に向けて一生懸命練習して来たつもりだったんだけど、そんな練習なんて何の意味もなかったような気がして、めちゃめちゃ凹みました。

でも、号泣してたの、うちのチームで私だけだったけどねー(あはは:汗)
あ~あ、超恥ずかしいよ、マジで(凹み)

さて、今後のためにも、冷静に試合を振り返ってみようと思います。


にほんブログ村 サッカーブログへ
サッカーブログ集はこちら



…つっても、とにかくもう無我夢中だったので、あんまりよく覚えてません(えー)
だって、何が悪かったのか…ってレベルの話じゃないもの。
試合内容とか以前に、ホントなら同じ土俵には立てないレベルだからさー(汗)
ただただ、相手がうまかった、自分たちがヘボかった…ってだけです(あはは:涙)

そもそも、死ぬほど頑張ったって勝てる相手じゃないので、勝とうだなんてことは全然考えていなくて、ほんの少しでも相手を苦しめるような場面が作れればいいな…と思ってました。
まあ、おそらく攻撃は無理だと思うので、守備とかの場面でね。
でも、苦しいのはうちのチームばっかりだったよー。

前後半50分間、ほぼ攻められっぱなしでした。
ワンサイドゲームっていうか、ほぼ自陣エリア付近だけでのゲーム…みたいな(あはは:涙)
何本コーナー取られたのかなぁ。
もうね、スコアもしっかり覚えてないくらい失点したんすよ(汗)
前半だけで6失点くらいして、後半はそれ以上…(汗)
全後半で20点までは行ってないと思うけどねーってレベルですよ(涙)
まるで大人と子どもの試合です。

相手チームには、エスパルスのマルコス・パウロ選手の奥様がFWで入ってまして、この人がもう大活躍でした。
一人で何点取ったんだろうな(汗)
この人がうまいってのももちろんあるんだろうけど、うちの守備陣がマークにつき切れなくて、気づくとドフリーでボール持ってたもんね。

私は今日はトップ下だったんですけど、攻撃の機会なんてほとんどなかったので守備に奔走しました。
CKのときにはパウロの奥さんに着いて、ドフリーで飛ばせないように競り合いました。
そう言えば、昨日試合があったパウロは今日はオフだったのか、子ども連れて応援に来てましたけど、奥さん大活躍で上機嫌のパウロに八つ当たり的にイラッと来て(えー)、「ちっくしょー!昨日エスパルスの応援に行ってやったのにー!」とか思いました(←超大人げない:汗)

必死の形相で走り回るうちのチームとは裏腹に、相手チームは余裕で笑いながらやってましたね。
多分、本気の3分の1くらいしか出してなかったんじゃないかなー。
それ見たら心が折れそうになりました(汗)
ふと、「なんでこんな思いしてまでサッカーやってるんだ?アタシ…」なんて疑問が浮かんで来て、その答えを見つけるためにがむしゃらに走ってた気がします。

それからはなんか、苦しくて、悔しくて、辛くて、「いくら頑張っても、私にはこの先、この人たちみたいにサッカーを楽しめる時は来ないんじゃないか…」なんてネガティブな事を考えながら走ってました。
完全に自分に負けてます(汗)

特に、後半の試合終了間際にはミドルシュートを打たれまくって、それがまた、面白いように次々にゴールに吸い込まれて行って、その度に、泣きたい気持ちを抑えるのに必死だった。
泣いてる場合じゃないんだ、ガマンしなきゃ…って頑張ったけど、試合終了の笛で、そんな思いがぷつんと切れてしまいました。

試合終了後、号泣のまま表彰式(汗)
一応これ、レディースサッカー大会の県予選だったんですけど、参加チームが2チームしかいなかったので、うちは負けたのに2位の賞状もらいました。
気分的には、銀メダルを「銀じゃいらねーよ!」って投げ捨てたどっかの柔道選手(柔道だっけ?)みたいな気分だったんですけど、参加賞でボール2個もらえたのは素直にうれしいです(あはは)


てなわけで、初めての公式戦は、ほろ苦い…ってか、激苦いメモリーになっちゃいましたけど、試合終わって時間が経ってみたら、「やっぱ参加して良かった」って自然に思えました。
試合してる時は辛くて、そんな思いまでしてサッカーしてる理由がわからなくて苦しかったけど、気持ちが落ち着いた後には、「やっぱサッカー好きだ、アタシ…」と思いました(笑)

ママさんチームは今日やっと1歩を踏み出した所で、おそらくこれから何度もこういう苦しい試合を重ねていくんだろうけど、それでもサッカーが好きだから、これからも凹まず腐らず、地道に頑張って行こうと思います。


そう言えば、私のデビュー戦を見に来るはずだったうちのパパの姿が見えないなーと思ってたら、勘違いして全っ然違うグランドに行ってたらしいです(えー!)


P.S.ここで応援してくれた皆さん、ありがとうございました!


| コメント(4件) | TOP↑

COMMENT

お疲れさまでした。
本当に、お疲れさまでした。
そしてこのブログの内容にとても感動しました。

ゴトーさんは決して年齢や立場を言い訳にせず
自分の思いのみを言葉にしているので
とても清々しく伝わっています。


僕はサッカーの経験は無いのですが
高校時代ラグビーを3年間やっていたので
全くあの四角いフィールドを駆け巡ることの
大変さを知らない訳ではないので、おっしゃっている意味が
何かわかります。


ゴトーさんの奮闘している様子をうかがっていると
僕もサッカー、やりたくなりました。
会社でフットサルチームがあるので頭下げていれてもらおうかなぁ~

試合、終盤走り回るゴトーさんのとなぜがドイツW杯の時のブラジル戦の中田をオーバーラップさせてしまいました。(迷惑かもしれませんが…)

| sakura | 2009/10/05 01:20 | URL | ≫ EDIT

>sakuraさん

ありがとうございます!

中田とオーバーラップだなんて…。
迷惑どころか恐れ多いっすよ(笑)
私も走れなくなったら旅人になります(えー)

sakuraさん、ラグビーの経験があるならサッカーもすぐ上手になるんじゃないかと思います。バスケとかハンドボールとか、同じようなコートで運動してた人って、動き方がうまいですもん。
ボールコントロールは練習積んでけば上手になるし。
ぜひ挑戦してみて下さい。
サッカーの試合の見方も変わりますよ。

でも、昨日はガナが快勝、バルサも勝ちましたけど、昨日に限っては、どのゴールシーン見ても自分の試合の失点シーンを思い出して、1人切なくなってましたけどね(あはは:涙)

| ゴトー | 2009/10/05 09:47 | URL | ≫ EDIT

 試合お疲れ様でした。
試合前の緊張。不安だらけだった自分。ボロ負けするであろう感覚。でも、もしかしたら少しは良い試合出きるかも知れない・・・と言う、微かな期待。 多分、色々な思いが混じった涙だったと思います。
 その半面、冷静に見ている自分が何処かに居たりして、自分の中でグチャグチャになったんじゃないですか??

 「すー」が住んでいる長野県では、まだまだアラフォー世代が活躍できるサッカーの場が少なく、長野県サッカー協会女子委員長指導の元、少女サッカー(U-12)大会の試合の合間に、「アラフォーフェス」なんて物を開催して、普段は応援しかしていないお母さん達に、サッカーの魅力を伝える!!なんてこともおこないだしています。
 サッカー文化の根付いている静岡と、サッカー後進県の長野県では、環境といったハードの面は違うと思いますが、やっているサッカーのルール(世界共通ですね・・・v-38)は変わりません。
 これからも、女子サッカーが男子サッカー以上に発展していって欲しいですね。
・・・スミマセン、変に話をまとめてしまいました。

 

| すー | 2009/10/07 09:45 | URL | ≫ EDIT

>すーさん

ありがとうございます。
ただいま、燃えつき症候群です(汗)
おっしゃる通り、色んな思いがごっちゃごっちゃになって、自然に涙があふれた…って感じでした。
自分でも「え?なんで泣く?」ってびっくりしたくらい(汗)
でも、そんな思いって大人になってからずーっとしたことなくて、思えば、学生時代の部活以来かなーと思います。
だから、落ち着いてみたらなんか新鮮で、この年でこんなに夢中になれるものに出会えて私は幸せだ…って思いました。

静岡は確かにサッカーをする環境は整っています。
とくに男子に関しては、70歳以上のリーグとか大会もあるそうです。
今回の大会に参加して良かったことは、隣町にあるママさんサッカーのリーグに入りませんか?と声をかけていただいたことですかね。まだ参戦するかどうかわかりませんけど、もしリーグに入れてもらえれば、年間13試合はコンスタントにできるんだそうです。

今回は相手のうまさ以上に、自分たちの経験不足も痛感したので、リーグ戦に参戦して経験を積んで行きたいなーと思ってます。
長野県ではそんな推進運動をされてるんですね。
全国でママさんサッカーが盛んになって、県外にも遠征に行けるようになったりしたら楽しいなーと思います。
今のアラフォーの女の人たちはまだまだ若くて元気ですからね!(笑)

| ゴトー | 2009/10/07 12:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。