PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【欧州CLバルサvsインテル】これは決勝戦(byブスケツ)

ふぅ、やれやれ…です。

日本時間の本日早朝に行われた欧州CLバルサvsインテル戦は、2-0でバルサが勝ちました。コレ負けたら、場合によっては今日グループリーグ敗退が決まるところでした(汗)ブスケも試合前のインタで「これは決勝戦だ」と、この試合がいかに重い意味を持つか…ということを語ってたそうです。
あ~、良かった。マジで良かった。
今はただただ、ホッとしています。

バルサは直近のリーグ戦でビルバオと分けて、内容的にもめちゃめちゃ不安を残してただけに、正直、この試合ではインテルに負けるんじゃないか…と思ってました。
夕べは10時には布団に入り、今朝4時半に起きて生で見たんですけども、あまりにも不安だったせいか、なんだかやたらと夢見が悪かった気がします(あはは:汗)

さて、試合の方ですが、インテル戦、クラシコへの出場は厳しいと言われていたズラタンとメッシは、スタメンではないものの、ベンチには入っていました。
クラシコもあるしまだシーズンも長いので、ペップもできれば無理して使いたくないんだろうけど、試合の状況によっては2人とも後半当たりから出て来るかなー?…とか思いました。まあ、どちらにしても、ズラタンもメッシも使わずに勝つのは無理だろう…というのが、試合前の私の予想でした。

そんな今節のスタッズは以下の通り。

GKバルデス、DFアビダル(88min→マクスウェル)、プジョル、ピケ、アウベス、MFケイタ、シャビ、ブスケツ、FWイニエスタ(93min→ジョナタン)、アンリ、ペドロ(84min→ボヤン)

SUB:ピント、メッシ、ズラタン、ジョナタン、ボヤン、マクスウェル、マルケス


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
ゴトーブログは今何位?



スターティングメンバーを見た時に、一番不安を感じたのはやっぱりFW陣です。
今季あまりリーガでも試合に出てない上に、W杯予選で物議をかもしてるハンド騒動の渦中の人であるアンリがスタメン出場。
イニエスタはともかく、ここまでそこそこ結果は出してるものの、それでも、私がまだいまいち信用しきれないペドロ。
う~ん、この3人で点が取れるのかな?
ズラタン、メッシの個人技がなくて、どうやって点を取るのかな?

ところがところが、試合が始まってみたらそんな不安はどこかに吹き飛びましたね。
忘れてたよ、バルサにはシャビとイニエスタがいたってことを(えー)

まあ、忘れてたってことはないですけど、この試合は、今季初めてなんじゃね?ってくらい、イニとシャビが圧倒的な存在感を示した試合でした。
それはまさしく、昨シーズンまでのバルサです。
イニとシャビが暴れだしたら誰にも止められないぜー!ってなバルサです。

そう言えば、今季はそういう試合ほとんどなかったよね。
ズラタンとかメッシに頼りがちなサッカーしてたせいか、シャビ、イニの個人個人の調子は良くても、この2人が絡むようなプレーがなかなか見られませんでした。
だって、シャビがゴール前に飛び出してヘディングとか、ここまでのリーグ戦ではあんまりなかったでしょ?

今日はケイタがいつもほど前へ前へ出なかったこともかえって功を奏してた気がします。そういう指示があったのかわかりませんけど、特に前半は、いつも守備が軽めなケイタ、ブスケが、割と丁寧に守備をしてました。
まあ、ケイタの場合は、守備が軽いというか、いつも前がかり過ぎて守備が遅れがちなんですけど、今日はあまり前に出過ぎに慎重な感じでした。

さらに、試合が進むにつれ感じたのは、最初に私は、ズラタン、メッシの不在に不安を感じたんですけど、実はこの2人の主力がいなかったことが、かえってインテルの守備を混乱させたのかなぁ…ということです。
当然インテルは、ズラタン、メッシのいるバルサの攻撃を研究してきたでしょう。
でも、その2人の選手はピッチにいない上、ズラタン、メッシのいないバルサは、フィニッシュに誰が飛び出して来るかわからないわけですから。
おまけに、ズラタンがいないことで昨年までのバルサらしいサッカーが復活し、おそらく、インテルの考えてきた方法では守りきれなかったのだと思います。
まあ、これがどんなチームにでも通用するとは限りませんけどね。

でも、メッシ、ズラタンという怪物2人をベンチに置いてのこの強さは、ある意味、他のチームにも脅威に映ったと思います。

アンリも、自信の得点こそなかったものの、1点目のピケのゴールをアシストし、前線でうまくポストもこなしていました。
イニ、シャビがゴール前でパスを回せるような試合のときは、そこにズラタンがからむよりはアンリの方がやっぱりスムーズに行くような気がします。



直近のビルバオ戦で私がこき下ろしたペドロも、この試合では大健闘でした。
ところどころで残念なパスやトラップミスもありましたけど、今日は一対一の場面でも臆せず勝負して突破できてたもんね。
あともう少し、突破した後に周りを見る余裕が出ればもっと良いんですけど。

そのペドロも、前半26分に右サイドのアウベスからのクロスにファーから走り込んで、これをボレーで決めました。浮かさないように叩き付ける当たりにペドロのうまさを感じましたね。普通なら浮かすよ、アレ(笑)

アウベスの前のシャビのちらしも素晴らしい!

一方のインテルは、前線のエトー、ミリートにほとんどボール通らず。
インフル疑いのアビダルをムリヤリ使わなくても、マクスウェルでいいじゃん…って最初思ったんですけど、右サイドからの突破を狙ってたマイコンを、アビダルがきっちり抑えてくれてたおかげでほとんど危険な場面はありませんでした。
まあ、バルデスのトラップミスでヒヤヒヤした場面もありましたけどね(汗)
相手FWのプレスが激しい時はバルデスにバックパスしないでほしいよ、まったく…(汗)

しかし、いつも思うんですけど、イタリアのサッカーってのは中盤のプレスが全くと言っていいほどないですね。
シャビがあんなに自由にボール持てて、あんなに自由に動ける試合なんて、リーガではそんなにないでしょ。
ってか、シャビをあんなに野放しにしちゃだめでしょ。
逆にインテルの選手はプレスに弱くて、ペドロやボヤン君、アンリなどが前線からプレスかけると、焦ってやみくもにパス出したりとバタバタな感じでした。

後半になるとインテルもあきらかに点を取りにきてる感じで、バルデスのあのうっかりトラップを見た後なので結構ヒヤヒヤした場面もあったんですけど、今日はブスケ含め、守備陣が集中切らさず対応してましたね。


てなわけで、試合は2-0でバルサが勝ち、一気にグループFの首位に返り咲きました。グループFのもう一戦、ルビンvsディナモの試合は、スコアレスドローに終わったようです。まあ、最終節までまだ安心はできませんけど、それでも、ひとまずホッとしました(笑)


さて、安心したところで、今からアーセナルvsスタンダール・リエージュの試合見よう。


| コメント(2件) | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

アンリはこれを機に代表を引退してバルサに専念してくれないかな、なんて思ったりもします。
この試合はイニエスタ&シャビにつきますね。この2人が仕事できるように周りも頑張ったと思います。インテルもモウリーニョだから何か仕掛けてくるのかなと思いましたが、これと言って何か特別なことをしてきたわけでもないですし、ちょっと拍子抜けでしたね。

| イニエス太 | 2009/11/25 22:37 | URL | ≫ EDIT

>イニエス太さん

コメントありがとうございます。

アンリは来年の本大会でもことあるごとにコレについて言われそうですよね(汗)このまま代表引退も後味悪いような気もしますけど、年齢的に考えて、次のW杯はもう厳しいですし、やっぱりコレを機に引退するのが善作かもしれませんね。

この試合のイニ&シャビは本当に久しぶりに見たー!って思いました。
イニは今シーズンは動き回る割に機能してない…なんて試合も多かったので、胸につかえてたモノがすっきりした感じです。
あとは、ズラタン、メッシがいる時にもっとシャビ&イニが機能するようになったら最強なんですけどね。

| ゴトー | 2009/11/26 09:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。