PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【プレミア第16節アーセナルvsバーンリー】セスク負傷か?

くぅー…。
やっぱり起きれませんでした(悔)

ミッドウィークの試合を生で見るのはキツいっす。
水曜日の夜は自分のサッカーの練習があって、夜7時から2時間、結構みっちりしごかれるんで、ホント、クッタクタに疲れるんですよね。
練習から帰ってきてお風呂で温まって布団入ったら最後、そのまま朝までぐっすりです(汗)

クラブワールドカップのバルサの試合はもうはなから生で見るのはあきらめてたんですけども、せめてガナの試合だけでも…と思いつつも、こっちさえも生で見れませんでした。
で、朝起きてから出勤までの間、バタバタと支度しながら録画を見たんですけど…。
う~ん、やっぱ「ながら見」はなんか見た気がしないね(汗)

てなわけで、細かいところまではあんまり見れてないんですけど、気付いたとこだけさくっと…。


とりあえず、この試合のスタッズ。

GKアルムニア、DFシルベストル、ヴェルメーレン、ギャラス、サニャ、MFナスリ、ディアビ、セスク(43min→ラムジー)、ソング、ウォルコット(64min→エドゥアルド)、FWアルシャビン

SUB:ファビアンスキー、エドゥアルド、ラムジー、ベラ、ウィルシャー、エブエ、エマニュエル・トーマス



にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加中です!



う~ん…。
勝ちきれなかったねぇ。

試合開始7分と早い時間に先制していながらその後追いつかれ、結局追加点を奪えないまま、試合は1-1のドローに終わりました。

試合の入り方は良いなーと思ったのよね。
キックオフと同時に一気に前がかりになって、序盤だけ見たらリバポ戦のヴェンゲルさんのお叱りの効果がまた続いてるなーと思ったのよ(笑)
実際、試合開始7分にセスクたんが先制するまでにも何度も相手ゴールを脅かすような良い崩しをしていたし、セスクたん自身も動きにキレがあったので、コレはもしかして今日3点くらい取れちゃうんじゃね?なんてウキウキしてたのよね。途中までは…。

ところがどっこいっ!
中盤でディアビやソングがボール失い始めてからセスクたんが前に顔だせなくなってきて、この辺りからなんかバランスが崩れ始めちゃった感じでした。
ソングとかディアビはやっぱ狙われちゃってたのかなぁ。
ここんとこずっと「良いなー」と思ってたソングが、今日はいまいち良い状態でボールを持てないし、持てても出しどころがなくて持ち過ぎてボール奪われる…みたいな場面が多かったですね。
ディアビに関しても、状況判断力が若干他の選手に比べて劣ると言うか、小気味良くパスが回っててもディアビにボールが入ったところでリズムがくずれて良い崩しまでつながらないことが多かったと思います。

ただ、ソングやディアビばかりを責められないと思うんだよねぇ。
だって、前半15分過ぎくらいまでウォルコットがピッチにいたことに全然気付かなかったもん(えー)
ソングやディアビは中盤でよくボールにからんでたからミスも目についちゃうんだけど、ウォルなんて「え?いたの?」って感じだったもんねぇ。
ただ、ウォル同様、前半はナスリんもあんまり目立ってなかったって事を考えると、中盤でうまくサイドにボールを振れてないってこともあるのかなぁと思います。
まあ、ガナは真ん中から崩してくのが好きですけど、前半はバーンリーの守備が真ん中に集中してたので、もっとサイドにボールを散らしてワイドに攻撃すれば良いのになーとか思いつつ見てました。

てなわけで、ソングやディアビがボール奪われ始め、セスクが下がり気味になったせいで守備陣もラインをあげられなくなり、一気に形勢逆転(汗)
ガナのゴール付近まで攻め込まれる時間が徐々に長くなり、そうこうしてるうちにヴェルメーレンがエリア内でファウルを取られてPK献上(涙)
もう、いつも手堅いヴェルメーレンがあんなファウル(焦って足だけ出しちゃうような)をエリアの中で犯すこと自体、流れが良くないなーって感じですよね。
まあ、流れが悪いからこそ、エリア内にボール持ち込まれてるんですけどね。

で、前半28分にこのPKを決められ、1-1。試合は振り出しに戻ります。

その後もあまり展開は変わらず。
なんか、今日はいつもよりさらに真ん中からばっかり崩そうとしてて、サイドにがら空きスペースがあるにも関わらず、ひたすら混み混みの真ん中からばっかり攻めてましたね。
まあ、真ん中がシャビンだし、サイドからクロス入れてもムダなのはわかるけど、ナスリんやウォルや、なんならシャビンがライン際までえぐってゴール前に戻してシュート…とかそういう形で攻めるとか、真ん中以外を使ってみれよー…と素人監督の私はヤキモキしておりました(笑)
だって、逆にサイドのそのがら空きスペースを相手に使われてカウンター仕掛けられたりしてたしね(汗)

しかし、前半終了間際にラムジーと交代したセスクたんが心配です。
どうやらまたケガのようですよ(涙)
大したことないといいけど。
つーか、カタルーニャ選抜行くなよ、セスクたん(←どうせTVで見れないし)
あ~あ、けが人がみーんな戻ってきて、これからが楽しみだなー♪なんて思えたのはほんの一瞬でしたね(涙)

てなわけで、1-1のまま折り返した後半、「だんだんウォルがスペース活かせるようになってきたなー」と思ったら、エドゥアルドと交代しちゃいました。
ウォルのドリブルイヤそうだったのに、バーンリーの守備陣。
前半、ディアビとソングがやばくなってきた時点で、シャビンを一つ下げてベラかドゥドゥを入れればいいのになーとは思ってたので、「交代ちょっと遅くね?」って思ったけどね。ガナのサッカーって、まんま「攻撃は最大の防御なり」って感じなので、中盤でボールキープできなくなると途端に窮地に追い込まれるよね(汗)

しかし、セスクたんがいないから苦しかったと言えばそうなんですけど、それ以前になんかこの試合は選手があんまり走れてなかったなーと思いました。
雨振ってたしね。また。
特に中盤でのプレスが弱くて、ボール奪われた後も奪い返しにいかないし、守備に関しても仲間のフォローが全然ないなーと思いましたね。
イーブンのボールも先に触れないしね。

でもまあ、ナスリんが後ろに下がってきてからボールが回る時間も少し増えて、惜しい場面もいくつかありました。
ただ、やっぱフィニッシュで決めきれず。
そこで打て!!ってとこで打たないで、1個パスが余分だったりするのよねー。
まあ、それがアーセナルだけど(笑)

試合終了間際には、FW陣の点の取れなさにじれったくなったのか、ヴェルメーレンやギャラスが頻繁に前に上がって攻撃参加してました。こういうの見て他の選手も少しは奮起しなさいよねー。
きれいなゴールだけじゃ勝てないのよー(笑)
世の中、きれいごとばっかりじゃ生きて行けないのよー(は?)


てなわけで、ギャラスの奮闘もむなしく、結局試合は1-1のまま終了。
勝ち点1もらった…というよりは、勝ち点2落とした…と言いたくなる試合でした。

セスクのケガの具合はまだわかんないそうですけど、とりあえず次節(19日土曜日)のハル戦に出れないことだけは確からしい(汗)

どうなることやら、ハル戦…。

ああ、恐ろしや…(汗)

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。