PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラムジーの回復を祈って

ピクチャ+6_convert_20100228221505

昨日行われたアーセナルvsストークシティ戦の試合中に大けがを負ったアーロン・ラムジーのケガの状況がアーセナルの公式サイトで発表されました。

ラムジーは、右足の頸骨と腓骨を骨折し、昨日の夕方手術を受けたそうです。
復帰までのはっきりとした期間は明言されていませんが、今季は絶望的とのこと。

ドゥドゥは腓骨の解放骨折と足首脱臼で復帰までに丸1年かかりました。
頸骨まで骨折しているとなると、ドゥドゥよりも長引く可能性もありますが、ラムジーは若いので回復が早いかもしれないと勝手に期待しています。

アーセナルというビッグチームでプレーする彼にとって、突然こんな風に長期にわたって戦列を離れなければならないことは、辛く、悲しく、悔しく、この先、不安や恐怖感にも襲われることでしょう。
でも、彼はまだ19歳ですから、焦らずじっくりケガを治して欲しいと思う。

世界中のファンも、そしてもちろんチームメイトも、あなたのことずっと待っています。

ストーク戦後にエンジンを組む選手たち→http://www.twitvid.com/A34AD

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!

| コメント(4件) | TOP↑

COMMENT

今回のラムジーの件、私もゴトーさん同様、一サッカーファンとして彼の回復を祈るばかりです。
それにしても、またしてもこの様な悲しいコトが起こってしまいました。
はっきり言って、ショークロスは永久追放にするべきです。
これは、私がガナーズファンだから言っているのではありません。逆に、ガナーズにあの様なプレーをする選手がいれば、例えセスクであったとしても私は絶対に許しません。
サッカー選手であれば、あんなプレーをすれば危険なだけであり、ボールを奪える可能性など全くないことは分かっているはずです。それを分かっていてあの様なプレーに出るということは、もはや「未必の故意」があったとしか考えられません。結果に驚き、泣いたところでラムジーの足は元には戻りません。今後、この様なコトが起きないようにするためにも、ショークロスは永久追放するべきです。
厳しいと思われるかも知れませんが、彼の行為はそれだけ重大なものであり、決して許されることではないと思います。

| ろまにす太 | 2010/03/01 00:27 | URL | ≫ EDIT

>ろまにす太さん

コメントありがとうございます。

お気持ちはよくわかります。
私も最初はそう思いました。
でも、少し落ち着いてから、あの場面を何度も何度も繰り返し見て、超スロー再生でも見た結果、一概にショークロスが悪いとは言えない…という結果が自分の中で出ました。

前のブログで訂正してる部分ですが、最初私はショークロスが足裏でラムジーのすねにタックルをしたのだと思っていたのですが、スロー再生で見ると、足を蹴ったのではなく、どうも軸足同士が衝突したような感じです。
つまり、ほぼ同時にボールに向かって行っているため、タイミングが少しでもずれていたら逆にショークロスがケガをしてたかもしれないと思うのです。

実際、ディアビも数年前のプレシーズンマッチで当時マドリーにいたスナイデルの足を骨折させる悪質なタックルをしていますし、被害者になるか加害者になるかは紙一重だと思うんですよね。

ドゥドゥのケガの時にはマーティン・テイラーがあのケガの前から悪質なタックルを繰り返してましたから、あのときは「テイラーをサッカー界から追放すべき」と強く思いました。

でも、今節に関しては、ショークロスが悪質なタックルを繰り返していたわけでもなく、責任があるとすればむしろ、それまで激しいフィジカルアタックなどを流していた主審にあるのではないか…と思うのです。

自分もサッカーをやっているからこういう風に考えるのかもしれませんが、ピッチ上で相手の足をつぶしてやろうなんて考えながらプレーしてる選手はほとんどいないと思うんですよ。
彼らはもちろんプロだから、こんな事故はあってはいけないんですけども、同じプレーヤー(たかがママさんですが:汗)として、今回の場合に関しては、こぼれ球に対してショークロスがとっさにああいう動きをしたことが悪質だったとは言い切れないような…、なにかとても複雑な心境です。

| ゴトー | 2010/03/01 00:42 | URL | ≫ EDIT

あの涙
引き続きコメントさせていただきす。
ショークロスくんの涙をみて、多分、故意ではないと思います。

この事故は本当に、被害者、加害者ともに悲劇です。
うるっ。(涙)

| sakura | 2010/03/01 01:19 | URL | ≫ EDIT

>sakuraさん

おっしゃる通り、本当に本当に悲しい事故でした。

ラムジーは19才とまだ若いですが、一方のショークロスもまだ22才とのことで、ラムジーが辛い思いをしてケガと戦っている間、ショークロスも重い十字架を背負って過ごさなきゃいけないわけで…(涙)

あの直前にベントナーがボールを失ってその球がこぼれてこの事故が起きたので、「ベントナーがあのときボールをこぼさなければ…」とか、その前にベントナーにパスを出した人がしっかりパスしてれば…とか「たられば」をいろいろ考えましたけど、やはり誰のせいでもない、これは本当に悲しい事故だったと思います。

私たちサポにできることは、ただただ懸命にラムジーを、ガナを応援することだと思っています。

| ゴトー | 2010/03/01 10:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。