PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【EL決勝R2回戦バレンシアvsブレーメン】バネガたんのアンラッキーな日

水曜日の朝CLのアーセナルvsポルト見て、昨日の朝はミランvsユナイテッド見て、今朝もまた早起きしてEL(ヨーロッパリーグ)決勝ラウンド2回戦バレンシアvsブレーメンの1st legを見ました。
毎朝毎朝早起きしてる私ってば健康的!(って、えー!)

しかし、実際にはあんまり体に良くないですよ、早朝サッカー。
だって、自分の好きなチームが勝てばその日一日気分爽快ですけどね、負けたら朝から超ブルーだし、何より、ハラハラドキドキするような内容の試合だと、起き抜けの体には結構なストレスです(笑)
もうそんな若くないんで、攻められまくって間一髪!!みたいな場面とかあると、ビビり過ぎて心臓麻痺で死ぬかも…とか思います(ええー!)

さて、今朝のバレンシアvsブレーメンもあんまり体に優しくない試合でした。
私は以前、少年サッカーで審判員をつとめてまして、市のサッカー協会主催の「レフリースクール」なる場所でレフェリングを学んでいたんですけども、そのときのスクールのトレーナーがよく言ってたんですよね、「審判が目立つ試合は内容の良くない試合だ」…と。
 
しかしながら、今日の試合の主審(マーティン・アトキンソン)はもう、全世界の注目の的だったと思います。
解説の金子さんが「英国一と言われてもおかしくない優秀な審判」と言ってましたけども、あれが英国一だとしたらどんだけレベル低いんだ、英国!!って話です。
そんな金子さんでさえ、「この試合に限って言えばジャッジングは0点」と酷評するくらいひどいジャッジングでした。

…ってか、こんな人プレミアで見た事ない気がするんですけど…。
ちなみにプレミアで好きな主審はマーク・クラッテンバーグ氏とフィル・ダウド氏です。
クラッテンバーグさんはカッコ良いから(は?)
ダウド氏はジャック・バウアーみたいだから(はぁぁ?)

余談はさておき、この試合のスタメン。

GKセサル・サンチェス、DFアレクシス(46min→ジョルディ・アルバ)、デアルベール、ダビド・ナバーロ、ミゲル、MFマルチェナ、バネガ、シルバ、マタ(76min→ホアキン)、パブロ、FWビジャ(84min→バラハ)

SUB:モヤ、マドゥーロ、バラハ、ジギッチ、ホアキン、マヌエル・フェルナンデス、ジョルディ・アルバ

ピクチャ+1_convert_20100312103319

↑uefa.comのページよりハイライトが見られます。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



ええーっと、普段ブンデスは見ないので、ぶっちゃけブレーメンの試合をちゃんと見たのは初めてなのであります(汗)
なので、バレンシアとどんな試合をするのか…ってのはまったくもって想像もつかなかったんですけども、立ち上がりから両チームともがむしゃらに前がかりで「なんじゃ、こりゃぁ~!」と大興奮でした(←目覚めのからだには超良くない:笑)

しかし、大ざっぱに言うとスペイン対ドイツなんで、両チームの選手の体格が全然違ってて、バレンシアの選手がいつもよりさらにちびっ子に見えましたね(汗)
ブレーメンのCBの話のとき、「彼はそんなにでかくはないですよ、187cmです」(←誰のことかわかんないけど)って金子さんが言ってて、そんなにでかくなくて187cmってことは、デカイCBの身長は一体どんだけだよっ!!って思ってビビりました(笑)

そんなわけなので、サイドから中へフツーにボール放り込んでも簡単に跳ね返されるわけです。しかしながら、そこはさすがバレンシア。アラゴネス政権下(?)のスペ代でのクアトロフゴネスの一角を担ったシルバや、新スペ代の期待の若手、マタやパブロを要するバレンシアの黄金の中盤が、ブレーメンの守備陣をゆさぶって攻撃を仕掛けます。
パブロやシルバらの2列目からの飛び出しにブレーメン守備陣が完全に崩されてる場面もありましたけど、フィニッシュでふかすなどして決めきれず(汗)

ブレーメンもボール奪うと積極的に前へ運び、序盤は一進一退の状況が続きましたが、前半24分、自陣のゴール右サイドのエリアでバネガがファウル取られてFKを献上。
このFKの際、主審のマーティン・アトキンソンさんの不可解な笛が鳴り、なぜかブレーメンにPK献上です。

一見、FKでゴール前に入れられたボールを、デアルベール(か誰か)がキレイに頭ではじいたようにしか見えなかったこの場面ですが、実況、解説の情報に寄ると、「バネガが相手選手を押したか引っぱったかしたのでは?」ということ。
でも、相手選手は倒れたわけでもないし、リプレイ見てもバネガがファウルに値する行為をしてるようにはまったくもって見えない。
そりゃ多少の押し合いへし合いはありますけども、そんなの取ってたらFKとかCKなんかやってらんねーよって話です。
アシスタントレフェリーすら「はぁ~?何があった~?」って感じの顔してたんですけど。ちなみに、カメラもアシスタントレフェリーのそんなぽかーん顔をとらえてました。

てなわけでよく事態が把握できないまま、PK決められて0-1に。
何度見てもよくわかんないようなファウル取るなんて、「アンタ、アウェイゴールの重みを知ってんのかよ」…とあの主審に小一時間問いつめたかったです。

その後もこの人のジャッジはまったくもって一貫性がなく、「今のイエローじゃね?」ってなファウルを流したかと思えば、その後に全然大したことない競り合いで笛吹いて止めたりして、「なんならアタシ笛吹こうか?」と思いました(←4級のくせに)

結局前半は0-1で終了。
後半になると、エメリんは左SBに入ってたアレクシスに変えてジョルディ・アルバを投入します。
個人的にはアレクシス悪くなかったと思う。
CBに入ってると粗いプレーが多くてハラハラするけど、この試合では左SBに入り、常に高い位置をキープしてかなり攻撃的に動いてました。
この方がアレクシスに向いてる気がするよ。
でも、代わった入ったジョルディ・アルバも悪くなかったですけど。

後半に入ると、前半よりもバレンシアがボールを支配する時間が増え、たびたび良い形でゴール前まで入って行けるようになりました。
ブレーメンの選手が疲れたのか、それとも1点取って守りに入ったのかわかんないですけど、バレンシアは相変わらず前がかりになって相手ゴールに襲いかかります。

そんな中、この試合の最大の珍事が起こりました。

後半10分、誰かからの縦パスに走り込んだビジャと相手GKが衝突。
相手GKが口から血を流してその場で処置を受けてた間に、主審がセンターライン付近の4審のところに駆け寄りなにやら密談。
ビジャの衝突にカードを出す相談だろうか…と思ってると、センターサークル付近に戻ってきた主審がおもむろにポケットからレッドカードを取り出して天高く示したわけです。

えええー!レッドー???

…と目ん玉飛び出るくらいびっくりした私ですけども、そのレッドがビジャではなく、バネガに出たと知ってさらに驚きました。
マジ目ん玉飛び出しそうになって慌てて押さえたよ(ウソ)

画面は何度もビジャとGKの衝突のリプレイを流してたので、何があったのか全然理解できてません。
ビジャとGKの衝突の前に、バレンシアゴール前でバネガがマリンを倒したファウルのリプレイも流れてましたけども、それで一発レッドはどうにも考え難い。

でも、ボールはブレーメンのゴール近くにあってバレンシアが優勢だったこの状態で、まったくボールと関係ないところのファウルに対して一発レッドってのはこれ、悪質な暴力行為とか以外に考えられないんですけど…。

試合後、レッドもらう数分前を何度も繰り返し見直してみましたけど、結局何もわかりませんでした。
ただ、解説の金子さんも言ってましたけど、レッドもらったバネガが全く異議を唱えてなかったところをみると、なにか心当たりがあるのでは?とも思うわけで…。まあ、異議を唱えたところで覆らない…というのを知ってるから…ってのもあると思いますけど。
これに関しては、どこかに詳しい情報が出て来るまで待つしかないですね。
何があったかわかんないんでアレですけど、リーガやプレミアでよくあるように、後からレッドカードの撤回処分…とかになってくれることを祈ります。この試合でもバネガが一番よく動いて攻守に渡って大活躍だったんで、次節出場停止はイタ過ぎるよ。

それにしても、PK与えたのもバネガなら、そのきっかけになったFK与えるファウルもバネガ、さらには一発レッドで退場と、一番活躍してた選手に対して失礼過ぎるおもてなしだぜーとか思いました。
あの主審、バネガたんのこと嫌いなんじゃね?って思ったよ(超八つ当たり)

ただ、この不可解なレッドがバレンシアの選手を奮い立たせて、この直後に怒濤の攻めで1点返した時にはマジ泣きそうだった。
アタシ、泣きそうだった(←2度言うな)
マタがエリアの中までボール持って入り込んで、ゴール前のシルバへ。
シルバが一人交わしてシュート打つも、相手にはじかれ、こぼれたボールをマタが押し込みました。
イライラしたり腐ったりしないで、全員で奮起して怒濤の攻撃を仕掛けてるとこみて、「だからバレンシア好きなんだー」と思ったよ(笑)

この後も1人少なくなったことを感じさせないくらい前がかりになって点を取りに行ってたけど、結局試合は1-1の引き分けで終了しました。
ひどいジャッジングに苦しめられた上、ビジャ、アレクシスなどがケガを負ったようで厳しい試合でしたけど、とりあえず負けなかっただけ良かったです。
この試合だけ見てれば2nd legで勝てる可能性は十分あると思うしね。って言っても、バネガはいないし、パブロも累積でサスペンションだそうですけど(涙)

ちなみにバレンシアは今週末にリーグ戦でバルサと対戦します。
こんなハードな試合してて週末バルサってめっちゃキツくね?(汗)
私はどっちも好きなんで、「面白い試合見れればどっちが勝っても良いや」と思う反面、バルサは前節引き分けてマドリーに首位を明け渡してしまったので、次は勝ち点とりこぼしたくないなーと思うし、一方で、現在3位のバレンシアは負けたら4位のセビージャと勝ち点差を縮められてしまう…。これは困る(笑)
来年はELじゃなくCLでバレンシアを見たいので、今季は絶対4位以内でフィニッシュしてほしいんですよね。

うーん、困った。
複雑な乙女心です(誤:乙女心)

でも、楽しみ♪

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。