PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【リーガ第26節バルサvsバレンシア】エメリんの苦悩は続く…

ええーっと、気付いた人は多分いないと思いますけど(笑)、ブログタイトルの下のコメントをちょっと変更しました。

今までは、「バルサとアーセナルと、時々清水エスパルス…」だったんですけども、バレンシアとスペイン代表を付け加えてみました。
ええ、今やもう、バルサもアーセナルもバレンシアも甲乙つけがたいくらいみんな好きなんで…。

まあ、もともとはスペ代が好きで、スペ代の所属してるチームの試合をくまなくみてるうち、バルサ、アーセナル、バレンシアのサッカーに強烈に魅せられたわけなんですけども、他にも、スペ代のいるリバポやビジャレアルなんかの試合も結構見ます。

てなわけで、バルサ、アーセナル、バレンシア、スペ代、エスパルスの中でどれが一番好きか決めろと言われたら非常に困るわけで、ぶっちゃけ全部好きなんで、どれが一番かなんて決められねー!って話です。

…って、なんか、いきなりカンケーない話が長くなりましたけど、実はカンケーないようでカンケー大ありな訳ですよ。だって、リーガ第26節は、私の大好きなバルサと大好きなバレンシアの対戦だったわけですからね。

バルサは前節、マドリーに首位を明け渡してしまったので、ここで負けるわけにはいかないわけです。だって、マドリーは早くもCL敗退が決定し、残る希望ははリーガのタイトルのみ。あんだけ巨額の投資して作り上げた銀河系軍団でタイトル1個もなし…ってわけにはいかなくなってる状況なので、この先リーガで勝ち点取りこぼすとは考え難い。
ということは、バルサも勝ち続けなきゃいけないわけです。

ただしかし、バレンシア目線で考えれば、バレンシアも今季はなんとしても4位以内に終わって来季のCL権を獲得したいところ。2位のバルサとはかなり勝ち点差が開いちゃってますけども、4位のセビージャ、5位のマジョルカとは勝ち点差わずか4ですから、この2チームが同時に今節勝ち点を積めば、かなり厳しくなるわけです。

うーん、複雑…。

こういうとき、常々申し訳なく感じてるのは、私みたいな気が多いサポってのは、一途に一つのクラブを応援し続けてるサポさんにとってはイラッと来るんだろうなーと言うことなんですよね。「お前どっちの味方だよ?」的な…(汗)
だけど、どっちも好きなんですもん、ホントすんません。

てなわけで、今節は自分でも途中途中でころころと目線が変わってるのがわかる試合でした(笑)そんなこの試合のスタメンは以下の通り。

■バルサ
GKバルデス、DFマクスウェル、ミリート、ピケ、アウベス、MFイニエスタ(86min→ジェフレン)、ブスケツ、シャビ、FWボヤン(46min→アンリ)、メッシ(88min→トゥレ)、ペドロ

SUB:ピント、マルケス、チグリンスキ、トゥレ、アンリ、ジェフレン、ムニエサ

■バレンシア
GKセサル、DFブルーノ(76min→バラハ)、デアルベール、マドゥーロ、ミゲル、MFアルベルダ(43min→フェルナンデス)、バネガ、ジョルディ・アルバ、シルバ、パブロ、FWドミンゲス(65min→ジギッチ)

SUB:モヤ、ジョエル、バラハ、フェルナンデス、マタ、ジギッチ、ホアキン

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



試合前の私の希望としては、とにかく面白い試合が見たいなーということでした。
どちらのチームの方が勝ち点が重いか…と言えば、マドリーの優勝は阻止したい!!という思いもあって若干バルサの勝ち点の方が重いような気がするので、やっぱりバルサに勝って欲しいという思いはありましたけども、バルサの華麗なパス回しから守備陣崩してゴールと言う場面と、バレンシアの持ち味であるスピード感あるカウンターからの痛快なゴールのどちらも見たいという気持ちでした。まあ、どちらも攻撃的なチームなので、単純に、打ち合いの面白い試合が見られれば良いなーと楽しみにしてたわけです。

しかしながら、前節一発レッドで退場したズラタンが今節は出場停止、バレンシアもELブレーメン戦で肩を負傷したビジャが欠場と、両チームのスター2名が不在。
しかも、バレンシアはマタも負傷で代わりに中盤には若手のジョルディ・アルバが入ってました。
この点に関しては、ズラタンはここ最近ずっと調子良くないので、ビジャがいないバレンシアの方がずーっと不利な気がしましたね。

今節バルサはズラタンが欠場と言うことでボヤン、メッシ、ペドロと、カンテラーノの3トップを組んできました。久々のボヤンくんスタメンでうれしかったんですけども、前半45分を見る限りでは、なんだかんだ言ってもやっぱりズラタンがいてこそ前線でボールがおさまってるんだなぁ…という印象が強く残る内容でした。

ボヤンくんとペドロがサイドでボール持ってもなかなかそこから突破できないし、メッシが真ん中にいても、野口さんも言ってたようにオフザボールの動きがないのでそこにボールを出しようがない。前半はバレンシアのプレスも激しかったけど、それに加えてバルサが全体的に運動量が少ないのが気になりましたね。
中盤でもシャビがバネガの執拗なマークに合っていて簡単には前にボールを出させてもらえませんでした。

バネガのこういうとこ、すごく良いなーと思うんだけど、ポジション柄カードをもらう機会が多いのがホント残念です。「そこカードもらってでも止めるべき」って大事な局面でしっかり仕事してくれてるわけで、個人的には軽く交わされたりボール失ったりしてるブスケよりはバネガの方が圧倒的に良いと思う。
そんなバネガたんはELブレーメン戦では一発レッドで退場になっちゃったんですけど(涙)

退場と言えば、バレンシアはここ数試合、毎回退場者を出してます。
今節もなんと、マドゥーロが警告2枚で後半24分に退場(汗)
この試合では7枚のイエローが出てますけど、そのうちの6枚がバレンシア。
しかも、7枚すべてが後半に出されたものです。

前半、バルサの調子が上がらず、バレンシアもそこそこボール持ててイーブンに戦えてる間はクリーンだったんですけど、後半になってボヤンに代えてアンリがピッチに入った途端、バルサのボールが回り出し、そこからバレンシアにラフなプレーが多くなってしまいました。

前半は結局0-0で終了。
ボヤンくんは残念ながら良いお仕事できず、後半頭からアンリと交代になっちゃったんですけど、この采配が当たって、後半はバルサの攻撃が機能するようになります。

何が違うかと言えば、アンリはやっぱりスペースを作る動きがうまいと思う。
前半、サイドがボール持った時のメッシやペドロ、ボヤンに見られなかったオフザボールの動き。
前線で相手を引きつけてスペースを作るとか、そういうのが前半にはあまり見られなく、なんか窮屈な攻撃を繰り返してましたけど、後半になったら前線にぽっかりスペースができたり、メッシがフリーになったりする場面も増えました。
アンリも今季は出番が少なくて、決して調子が良いとは言えなかったんですけどね。

バルサの先制点は後半11分、FKからシャビがボール受けメッシへ、メッシがバネガ、ブルーノ、デアルベールをドリブルで交わしてシュートです。
前半動きがいまいちだと思ってたメッシたんですけど、このドリブルのときの交わしはキレキレでした。

後半36分にもメッシが決めます。
左サイドのアンリ(←多分)から逆サイのメッシに長いパスが出て、メッシがこれをまたしても自ら持ち込んでシュート。

さらにその2分後にはバレンシアのミスパスをカットしたイニからアンリにパスが通り、アンリがこれを胸トラップからすばやくメッシに落として、この日3度目のメッシのゴラッソです。

すべて右サイドからやられちゃってます。
デアルベールがチンチンにやられちゃいました(涙)
メッシたんのハットトリックはうれしいんですけども、バレンシアの途中から気持ちが折れちゃった感じが何とも切なかったです(涙)

バルサの1点目のあと、ドミンゲスに代わって入ったジギッチがスルーパスに抜け出してバルデスと一対一になる決定的な場面があって、アレが入って同点になってたらもっと違った試合になってたかなーと思います。
あの後マドゥーロが退場になって、そこら辺からバレンシアがガタガターッと崩れちゃったかなぁという感じでした。

しかも、バレンシアはこの試合で退場者だけなく、またしてもけが人を出してます(汗)
前半にアルベルダが負傷でベンチに下がり、後半、ブルーノもケガでバラハと交代しました。
エメリんはブルーノのケガがなかったらホアキンを入れようと考えてたようで、今さらですけども、あそこでホアキン入れててもまた違っただろうなーと思う。


てなわけで、結局試合は3-0でバルサがバレンシアを下しました。
とは言っても、引き続き行われたレアル・マドリーvsバジャドリの試合ではマドリーが4-1で快勝してるので、おそらく順位表に変動はないでしょう。
ただし、4位のセビージャがデポルと引き分け、5位のマジョルカがヘタフェに負けたのでバレンシアはちょっと救われましたね。

さて、バルサは週中17日(水)にCLのシュツットガルト戦が、バレンシアはELのブレーメン戦が控えています。奇しくもどちらもドイツ勢との対戦です。
バルサもバレンシアも1st legを引き分けてますから、2nd legは勝ちにいかなければなりません。
どちらもハードなスケジュールですけど、けが人が多いバレンシアが心配ですね。

特にバレンシアは、今節の敗退でモチベががくっと落ちないように、気持ちを切り替えてブレーメン戦に臨んで欲しい。バルサも、ベルナベウで優勝するためにはここでつまづくわけにいかないので、シュツットガルトにきっちり勝って欲しいと思います。

次は心置きなく両チームを応援します(笑)

| コメント(3件) | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

あんなに流れが変わった!!ってはっきり見て取れる試合も珍しいな~と思います。アンリが入って格段にスペースが生み出され、バルサのペースに持ち込みましたね。バレンシアも前半は頑張ってたんですが、過密日程による疲労と退場者、絶対的エースのビジャの欠場で、後半一気にそれらがのしかかってましたね。

ボージャンが結果を残せなかったのが残念ですが、それより心配なのがマックス君ですね。攻撃も守備も微妙でした。

セントラルの布陣は見たかったピケ・ガビコンビでしたが、結構良かったんじゃないかな~。シルバのシュートを滑り込んで防いだ時、ピケ~~!!!!って叫んじゃいました(笑)

ミッドウィークのCL、この調子で突破して欲しいです。

| ystk | 2010/03/15 21:05 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。

バレンシアにとっては最悪なタイミングでのバルサ戦でしたね。ビジャ欠場は知ってましたが、マタを始め知ってる選手がいませんでしたし。主審のロスタイム1分もそこら辺の事情を推し量ってって感じでしたね。
前半の調子なら優勝争いに絡んでもおかしくはないチームでしたが、選手層が薄いのがネックになってるみたいですね。まあバルサも決して使える?使われる?選手層が厚いわけではないのですけど。

| イニエス太 | 2010/03/16 08:35 | URL | ≫ EDIT

>ystkさん

コメントありがとうございます!

ホントに前半と後半でまるっきり違うチームみたいでしたね(笑)
個人的にはボヤンくんのプレーをもっと見たいので、この試合のスタメンでアピールできなかったのがホントに残念です。
ちなみに私はボヤンくんのプレーばかり気にしてみてたので、マクスウェルの微妙さはあんまり気にしてなかったです(笑)
若干「ずーっと使われてるから疲れが出てるのかなぁ」と感じた場面はありましたけどね。

しかし、後半のメッシはホントにすごかったですね。
CLもこの調子で快勝してほしいです。

>イニエス太さん

コメントありがとうございます。

バルサの勝ちはうれしいんですけども、楽しみにしていたカードだけに内容的には少々残念な感じでした。希望としては、両チームが万全のコンディションで、お互いに100%に近い力を出し合って戦うようなゲームが見たかったですね。
バレンシアに関して言えば、バルサに勝てないまでも互角に戦えればこの先の試合への自信にもつながると思っていたので、この結果(というか内容)はホントに残念でした。

バルサは前半はホントに良くなかったですけど、後半修正できたのは大きいですね。
苦しい試合を自分たちで変えることってなかなかむずかしいですからね。ただ、CLでは最初から運動量を惜しまずに前がかりで行って欲しいですね。

| ゴトー | 2010/03/16 22:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。