PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【プレミア第30節アーセナルvsハルシティ】ベントナーがベントナーであるために

さて、そろそろハル戦の感想でも書いてみようかな…と思います。
あ、先週末行われたプレミア第30節のアーセナルvsハルシティ戦の話です。

ええ、超今さらな感じなんですけども、なんつーか、しばらく書く気になれなかったんですよね~。
だってもう、悪い意味でのアーセナルっぽさが前開の試合だったんで(汗)

確かにねぇ、リーグも終盤に近づいてきたし、CLも決勝Tに突入して相手もだんだん厳しくなるし、選手たちの疲れもピークに達してるとは思うんですよ。でもねぇ、CLポルト戦であれだけの攻撃力爆発させときながら、今節あまりにも運動量少なくて別のチームみたいだったんでびっくりでした(汗)

試合の立ち上がり数分はポルト戦を思わせるようなリズミカルな攻撃も見れたと思うんですけど、なんかどんどんスピードダウンしてって、しまいにゃボールは動いてるけど人が全然動いてねー!ってなサッカーになってました(汗)

まあ、ハルは勝ちへの強い執念もあって当たりもかなり激しかったしプレスもキツかったので、ガナの子ら的にはやりにくかったんだろうなーとは思いますけどね。
ラムジーの事故もあったし、ああいう体を投げ出して来るようなタックルとかプレスになかなか対応できない気持ちもわかります。
でもね、それにしても、全体的にホントに運動量が少ないので見てて途中で眠くなりました。
つーか、ガチで寝ちゃったよ(えー)

とりあえず、そんなこの試合のスタメンは以下の通り。

GKアルムニア、DFクリシ、ヴェルマーレン、ソル・キャンベル、サニャ、MFエブエ(66min→ウォルコット)、ディアビ、ナスリ(76min→エドゥアルド)、デニウソン、FWアルシャビン、ベントナー

SUB:ファビアンスキ、トラオレ、シルベストル、イーストモンド、メリダ、ウォルコット、エドゥアルド

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



gun__1268646775_4_convert_20100316223540.jpg

はい、決勝点はこの人が決めました↑
ええ、日本でもにわかに注目が集まってます。
頼れる(笑)ストライカーのスーパー(←予定)ベントナーですよ。
頼れるの後の「(笑)」は必須です。
だって、「まっ、まさかその決定機で外したりしないよね?」っていうサポの期待をしっかり裏切ってくれるから(あはは:汗)

この試合でもそんなベントナーっぷりフルスロットルでした。
ホンットに解説者泣かせのストライカーだと思うよ、彼は。
うまいんだか下手なんだかわかんないっていうね(笑)

バーンリー戦でしたっけ?数え切れないほどの決定機を外しまくってメディアに叩かれてたくせに、CLのポルト戦ではハットトリック決めちゃうって言うね。なにこの安定感のなさ(笑)
ベントナーのそういうツッコミどころ満載なところが大好きなんだよねー♪(←ツンデレ)

まあある意味、それが彼の魅力でもあるから、ベントナーが覚醒してある日突然スーパーベントナーに変身したら悲しいかもしれません(ええー!)ベントナーがベントナーであるためには、素晴らしいプレーの中に、少しの微妙っぷりを残しといて欲しい…、少年の心を忘れないで欲しい…、と常々思ってるアタシなのでした(意味不明)

もう時間も経ってるし細かいことはあんまり覚えてないんですけども(えー)、チームの調子がいまいちな中でも、アルシャビンはやっぱり一つ上行ってるなーと思えるようなプレーが見られましたね。
すっごくメッシと似てると思うのは、直前までぼーっと歩いてるように見えて、ボール受けた瞬間にカチッとスイッチ入ったかの用にキレッキレの動きができるところです。
人の動きって徐々に加速してくもんじゃないんですか?
なんでシャビンとかメッシは突然トップスピードに乗れるんだろ。

前半14分と早い時間にシャビンが先制点決めた時には、こりゃあこの試合も大勝だなーと思ったんですけどねー。

だがしかし、前半28分にソル・キャンベルが自陣エリア内で相手選手を倒してPK献上し、試合は振り出しに…。
つーか、この時点でかなり運動量落ちてたわけなんですけども、それより何より、この倒された人思いっきりオフサイドだったよね。しかも、倒れる前にボールコントロール失いかけてたしね。
まあ、あのときの主審の位置から見たらキャンベルがあまりにもデカすぎてフツーにキャンベルが押し倒したようにしか見えなかったかもですけど。

この後位からなんかハルの当たりがますます激しくなってきて、ガナの運動量は相変わらずいまいちなので、試合はやけに荒れた感じになってましたね。
ベントナーもケンカ売られてるしね(笑)
で、前半のうちにハルの選手が2枚目イエローで退場になり、こりゃあ後半圧倒的に有利になるなーと思ってたんですけど、なかなか追加点ならず。

つーか、ベントナーもですけど、シャビンもむずかしいシュートは決められるのに、ゴール前ドフリーの大チャンスだとシュートふかしちゃうっていう(涙)
あまりに大チャンス過ぎるとそれがかえってプレッシャーになるのかな?(笑)

そのうち、ハルも一人少ないしもうドローでいいや的なプレーになってきて、「あーこりゃもうドローだなぁ」と思ってたらば、我らのベントナーがやってくれました。
試合終了間際(だったかロスタイムだったか)、デニウソンがミドルレンジで狙ったシュートをGKがはじき、これをベントナーが押し込んで勝ち越しです。
デニウソンも90分通していまいちだなーって感じでしたけど、最後に良いプレーが出ましたね。

今節もセスクはいなかったんですけども、ポルト戦が「セスクがいないことが良い方に出た試合」だったなら、この試合は「悪い方に出た」試合だったと思います。
しかも今節はサスペンションでソングがいなかったので、ソングの不在の方がイタかったかもしれません。

まあ、最終的には勝てましたし、シーズン終盤まで来ると選手やチーム全体が万全なコンディションで試合するのはむずかしくなりますから、内容がどうとか言ってる場合じゃないんですけどね。
でも、調子に乗ればポルト戦のような勢いのある試合もできるのがガナの子たちなので、そこはやっぱり期待しちゃうんですよねぇ。

てなわけで、次節のウエストハム戦では眠気もふっとぶような爽快な試合を期待したいと思います。
まあ、ツッコミどころもないとつまらないので、ベントナーの微妙っぷりもスパイス程度に少々織り交ぜていただくと、よりアーセナルっぽい試合になると思われます(え?)

ちなみに「やべっちFC」ではW杯で日本が当たる国のストライカーの活躍…としてベントナーのゴールを紹介してましたけど、あんなシュートシーンばっかり日本で紹介されちゃうと、実際W杯で当たったとき日本代表のサポさんがベントナーの微妙っぷり見て面食らっちゃうんじゃないか…などといらぬ心配をしている私なのでした(笑)
いや、代表でもあんなにやらかしてんのかどうかは未確認ですけどね(笑)

まあでも、ベントナーはビジュアルはカッコ良いので、W杯でベントナーファンになる女子は多いんじゃないですかね。それで日本で大ブレイクしちゃって、女性誌とかにも載っちゃったりして、いつの日か調子に乗ってJリーグとかに来てくれたらうれしいなーとか思ってる隠れベントナーファンのゴトーなのでした(ありえねー!:笑)

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。