PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【J1第3節清水vs神戸】ボスナーが移籍後初ゴール!!

Jリーグディビジョン1第3節。
我らが清水エスパルスは、ヴィッセル神戸をホームに迎えての一戦です。

前節、相手チームの選手と接触して前歯がグラグラになっちゃった岡ちゃんは欠場。
代わりに大前くんがスタメンから登場です。
やっと出番が回ってきたよー、大前くん。
健太監督は、どんなに有能でもユースや高卒の若い選手をすぐにトップに起用したりはしないもんね。
去年は岡ちゃんの年だったけど、今季は岡ちゃんに続いて大前くんもブレイクすると良いなー。

さて、結果から言っちゃうと、試合は1-0で清水が勝ち、開幕からまだ負けなし、ホームは2連勝となかなか良い滑り出しです。
しかしながら、今日の試合は内容的にはあまり良くなかったと思います。

90分を通して、あまり良い形で決定機を作れなかったもんね。
前節の山形戦では中盤から前で面白いようにパスが回って相手守備陣を翻弄してましたけども、今節は神戸の激しいプレスに苦しめられ、前節のようなパス回しはほとんどできませんでした。

特に小野は厳しいマークを受けていて、小野に良い形でボールが入らないと4-3-3というフォーメーションもなかなか機能しないと思うのよね。
今季はパスで崩してくサッカーをするそうで、「ヨンセンをポストに使わない」「岡ちゃんが裏を取るようなスペースへのパスは出さない」というのが基本スタイルになるみたいですけど、今節みたいに中盤でうまくボールさばけないと、結局ロングボールを多用するしかなくなるよね。

ということで、今節は前節に比べて前線へのロングボールも結構出てました。
…が、プレスに苦しめられてか、フィードの精度が低い(汗)
最終ラインにもかなりプレスかけられてたので、前線へのフィードも精度を欠き、ヨンセンのところでなかなかボールがおさまらず。

それでも、前線でヨンセンや淳吾もよく相手にプレスかけてたので、神戸もほとんど決定機を作れないまま試合は進みました。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



しかし、今日の主審のジャッジもはっきり言ってかなり「?」って感じでした。
今シーズンから「手を使ったファウルを厳しく取る」とか言ってますけども、それを気にし過ぎてジャッジの基準がなんかはちゃめちゃになってる気がするんですけど。

アフターで入ったタックルはノーファウルなのに、相手選手が倒れてもいないのに「手を使って背中を押した」とファウルを取る。
どっちが危ないと思う?
ボールが離れた後の足にタックルに行く方があきらかにケガの危険性が高いと思うんですよ。背中に手を置いただけでファウルを取って、後ろから足を払ったりアフターでタックルしたりしてもノーファールって、それちょっと違うんじゃないかなーと思う。

そもそも、「外国の基準に従って」ってことらしいですけど、どこの国のサッカーを基準にしてるのかなぁと思う。
プレミアやリーガじゃ、ちょっとやそっと押されたってファウルなんて取ってもらえない!っつーの。
そんなファウルの取り方されてたら、逆に世界に通用しない選手になっちゃうよ。
レフェリーも海外リーグとかに留学して勉強した方が良いんじゃないんですかねぇ?
サッカー選手が海外に挑戦して日本のサッカーのレベルを上げようと努力してるんだから、審判だってもっとレベルを上げる努力をするべきですよ。
まあ、私は4級更新せずに流しましたけどね(←カンケーない)

結局、前半は0-0のまま終了。
前半終了間際に岩下が傷んで担架で運ばれましたけど、「まあ、イワシだからね」とあまり気にしてませんでした(ひどい)案の定、後半何事もなかったようにイワシがピッチに出てきたので、「ほらね」と思ったんですけども、後半開始3分でボスナーと交代。
やっぱり傷んでたみたいです。
だって、もう、私の中ではイワシ=マリーシアみたいなイメージがすっかり定着してるんで(あはは:汗)

結局、イワシのこの交代が今日の勝因となりました。
だって、イワシが負傷退場しなければボスナーも入ってなかったわけで、決勝点となったボスナーのFKもなかったわけだからね。
ただ、イワシはまたじん帯やったそうで、しばらく戦列を離れる模様(汗)
あ~あ、まったくもう(涙)

後半になって真樹や原クンが入ってからはフォーメーションも4-4-2に戻り、少し高い位置でもパスが回るようになって何度か決定機も作ってましたけど、フィニッシュでなかなか決められず。
そんな中、イワシの代わりに入ったボスナーがやってくれました。

後半37分、清水はFKをゲット。
小野かな?淳吾かな?と思ってたら、どこからともなくあらわれたボスナーがボールをセット!(笑)
大股でボールから離れ、かなりの助走距離を取ります。
もう、どっから見ても打つ気満々。
でもねぇ、前節もボスナーのこの打つ気満々なとこ見ましたけど、あのときはサインプレーでサイドにボール振っただけだったんだよね(笑)

ってことで、今回も肩すかしなサインプレーなんだろうなーと思ってたらば、今節はホントに打ちましたよっ!!(笑)グラウンダーのズドーン砲が相手の壁の間を通ってゴールに突き刺さりました。

すげー!!ボスナー、すげー!!

つーか、家で録画見たら相手の壁、最初から思いっきり間空いてんじゃんね(汗)
FKの直前に狂ったように怒りの雄叫びをあげる三浦監督がうつってましたけど、きっと「間空いてんじゃねーか!この大バカやろう!!」って言ってたんでしょうね(えー)

てなわけで、このFKが決勝点となってエスパルスが勝ちました。

後半の采配については、神戸の選手の運動量が落ちてたので、スピードのある辻尾なんかを入れても面白かったなーと思うんですけどね。
兵働、伸二も後半途中からがくーっと運動量落ちてましたから。
でも、淳吾は90分通してよく動いてたなーと思います。
今日は本拓のボランチも安定してました。
残念ながら、得意の「つぶされ技」ではファウルを取ってもらえない場面が何度かあって、あれファウルを取ってもらえないと途端に大ピンチになるのでヒヤヒヤしましたけどね。

そういえば、試合前にうちのパパが「神戸のエジミウソンってバルサのシャビに似てるよ」と言ってたのでワクワクしてたんですけども、全然似てなくて「はぁ?」って感じでした(笑)
ポジションが同じで、背番号もシャビと同じ6番でしたけど、プレースタイルは全然違うし、まあ、ムリヤリ言えば、髪型が似てなくもないけど…ってレベルです(笑)

ちなみに神戸の大久保はガツガツプレスはかけてましたけど、あんまり本調子という感じではなかったですね。
ケガ明けだっけ?なんか、サポーターつけてる足ばっかり気にしてた感じでした。

さて、開幕からまだ負けなしのエスパルスは、3節を終了してなんと首位ですよ。
って、まだたったの3節ですけどね(笑)
でも、エスパルスはいつもスタートでつまずくイメージなんで、こんな好スタートを切るとちょっといろいろ期待してちゃいますよ。いろいろ(笑)

次節はアウェイで川崎と対戦です。
岡ちゃんも戻って来れそうだし、次も勝ってなるべく勝ち点積んでおきたいところです。

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。