PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【欧州CL決勝T2回戦バイエルンvsマンU】私の予想は大外れ

さていよいよ始まりました、欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント2回戦。
初日の今日は、バイエルンvsマンチェスター・ユナイテッドと、リヨンvsボルドーの2試合が行われました。

バルサとアーセナル好きってことで、普段からプレミアとリーガの試合をよく見ることもあり、同じプレミアでアーセナルと優勝争いをしてるマンUの試合は当然気になります。
アーセナルもバルサもマンUみたいな早いカウンターを武器とするチームは苦手なので、どちらが勝ち上がっても、できればマンUとは当たりたくない。
特にアーセナルが勝ち上がった場合、こんなシーズン終盤に来て同じプレミアで優勝争いしてるチーム(しかもマンU!)と2回も試合しなきゃいけないのは体力的にも精神的にも辛いので、ぶっちゃけ、マンUさんにはここらで敗退して欲しいわけですよ(ユナイテッドサポさん、ごめんなさい)

…と言いつつも、個人的には、ルーニーはメッシと並ぶくらいのスーパーストライカーとして尊敬してるので、バイエルンが勝ち上がるのはかなり難しいだろうなぁと思ってました。まあ、私は普段ブンデスはまったく見ないので、実際のバイエルンの実力は全然わかんないんですけどね。
それに、今季はロッペンもいるし、フランス代表のリベリの他に、シュバインシュタイガー、クローゼ、ラーム、ゴメスなど、ドイツ代表選手もわんさかいるんで、意外にマンU苦戦するかもなーとも思いましたけどね。
でも、マンUが勝つと思ってましたけど(笑)

そんなわけで、他サポゴトーが色んな算段をしつつ見たこの試合の感想をさくっと書いとこうと思います。
いつものように先に言い訳しときますけど、他サポ(アーセナル&バルサ)なんで、チーム事情や戦術等々はよくわかりません。マンUサポさん、バイエルンサポさんにはツッコミどころ満載の感想になると思いますが、そこはまあ、笑ってスルーするか、あるいは愛を持ってツッコンでください(←難しい)

0331_convert_20100331112015.png

↑画像をクリックするとuefa.comのページからハイライト動画が見られます。



にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



普段ブンデスは全然見ないので、バイエルンがどんなサッカーをするのか全く持って知らなかったわけなんですけども、ドイツのクラブチームってことと、ドイツ代表選手がたくさんいるってことで、バイエルンのサッカーってのは、もっとこうドイツ代表っぽい堅実であんまり面白みのない(←失礼)サッカーなのかなーと思ってました。

最近のドイツ代表は知りませんけど、EURO2008でスペインが決勝を戦った時の印象としては、「堅過ぎてつまんねーサッカーだな」という印象だったんですよね。
まあ、ドイツ人気質がよく表れてると言えばそうなんですけども、スペ代のような「美しく勝つ」サッカーとは対極と言うか、スペ代が「軟」なら、ドイツは「硬」というイメージだったんですよ。
てなわけで、バイエルンのサッカーもどちらかというと「硬」なイメージを持ってたんですけども、実際には、私の想像とはまったく違うサッカーでした。

さて、バイエルンのサッカーについて語る前に、試合開始2分のルーニーのゴールについて触れとかないといけません。試合開始からたった2分でルーニーに先制された時には、「こりゃあ今日はマンUが大勝かなぁ」とあっさり思いました。
しかし、マンUはこういう、相手のチームがまだ試合に完全に入ってない時間帯に点取るのがうまいよね。相手の守備陣はルーニーをまったく警戒してなかったし、全体的にまだゆる~い感じでした。

ただ、この早い時間帯に先制してしまったことがかえって悪い結果を招いたように思います。開始2分でバイエルンはハッと目を覚まされ、主に右サイド展開が多かったので、ナニを警戒する意識が高まりましたよね。この失点の後はルーニーにもしっかり人が着いてルーニーにボールが渡るのを防いでました。

それにしても、毎試合毎試合ルーニーには驚かされます。
決定力だけじゃなく、ポストプレーもうまいし、展開力もある。
さらに運動量豊富で、深い位置まで戻って守備もできる。GK以外のどこのポジションでもできそうだよね(笑)
バイエルンが後ろにボール戻すたびにルーニーの素早いチェックが入ってましたけども、「ルーニーにボールを取られたらサイアクです。」という倉敷さんの実況が妙にウケてしまいました(笑)うん、確かにサイアクだよ(笑)

GKと言えば、ファン・デル・サールはやっぱりすごかったです。
反応が早いよね。手足も長くて背も高いので、ループなんかでゴール狙うのは厳しいと思う。それに比べてバイエルンのGKはなんか心もとない感じで、味方すらもあんまり信用してない感じでしたね(汗)
あの人、正GKじゃないのかなぁ。

さて、いきなり先制されたバイエルンですけど、試合開始早々だったせいか、選手たちはあまり悲観的にはとらえていないように見えました。さらに、マンUが先制したことで若干マンUの攻撃が緩やかになった感があったのと、同時にバイエルンの守備陣がシャキーンと目を覚まして集中し始めたこともあって、前線のルーニーがボールをさわる回数が少しずつ減って行きました。

一方でバイエルンですけど、私の想像とは全く違う、「短いパスを回して相手をくずすサッカー」をしてました。
まあいわゆる、バルサやガナのようなポゼッションサッカーに近い形です。
ふ~ん、バイエルンってこういうサッカーをするんだねぇ。
言うまでもなく、バルサ、ガナのスタイルが好きな私には、バイエルンのサッカーは面白かったです。

まあ、マンUは相手がボール支配しててもあんまり気にするチームではなく、ボール奪った瞬間に前線のルーニーへポーンと蹴り出してルーニーが1人で得点…って形ができるので、バイエルンがボール回してても全然安心できなかったんですけどね。

とにかく早いもんね、ルーニー。自分でポストで落としといて、これを味方もワンタッチで前線へ出してるのに、そのボールを自分で拾えちゃうからね。

しかしながら、失点してからのバイエルンの守備はルーニーのケアを集中してしっかりできてました。
あんまりにもルーニーに引きつけられると2列目からパクやスコールズ、ナニなども入って来るので油断はできないんですけども、そこら辺もしっかり対応し、マンUも追加点を奪えないまま、1-0で後半へ突入。

後半はバイエルンが序盤から前がかりに出ます。
リベリ、アルティントップがサイドから中へ切れ込んだり、オーバーラップしてきたラームが右からアーリークロスを入れたりするも、ユナイテッドの守備陣にことごとく跳ね返されてゴールを奪えず。
そんな中、後半32分に、ゴール左サイドの良い位置でバイエルンがFKをゲット。
リベリのFKが皮肉にも先制ゴールを決めたルーニーに当たり、コースが変わってゴール左隅に突き刺さりました。
なんと、1-1の同点弾ゲットです。

この直前までも、比較的バイエルンが押してる感じではあったものの、ファン・デル・サールが良いセービングを連発してたこともあって、結局ゴールは割れないだろうなーと思ってたのよね。
なので、この同点弾には思わず立ち上がって喜んでしまいました(笑)

これはもう、残り10分でマンUの猛攻撃にあうだろうなー。ドローで追われればラッキー。下手すると失点して負けるだろう…って思ってたんですけども、いやいや、良くしのぎましたね、バイエルンの守備陣。
かなり決定的な場面もあったんですけどね。

こりゃあドローだなぁと確信しつつあった後半ロスタイム、まだドラマは終わっていませんでした、
途中出場したゴメスが相手ゴール前で守備陣につぶされ、こぼれ球をヴィディッチか誰かが外に蹴り出そうとした瞬間、どこからともなく(いや右サイドから)風のように走り込んできたオリッチが一瞬の隙をついてボールを奪い、ワンタッチ、ツータッチしながらファン・デル・サールの位置を確認して、左足でゴール右にシュートを決めました。

いや、このシュート素晴らしかった。
90分間見てたけど、最後の最後で「何?この人かっけえ!」と思った(笑)
もうね、バイエルンサポだっけ?アタシ…と思ったくらい「いやっほうー!!」って飛び上がって喜んじゃったよ(笑)
いやだって、この方が2nd legも楽しめるじゃないすか。
1st legからマンUに大勝されたら、次は消化試合みたいにゆるくなっちゃいそうだし、それじゃあせっかくのビッグカードがもったいない。
マンUは次節でひっくり返せる力が十分にあるチームですから、この結果になった方がより楽しい試合になる可能性が大きいですよね。だって、とにかく点取って勝たなきゃいけないわけだからね。

それには、最後の最後でちょっと心配な出来事がありました。
試合終了間際、ルーニーが足をぐりっとひねって負傷した模様。
正直、ルーニーのいないマンUはつまらないです。
ここでルーニーがケガすると、マンUはプレミアもCLもかなり厳しくなるよね。
アーセナルファンの立場で見れば「ラッキー」ですけども。
まあ、ルーニーは骨折しても驚異的な早さで復帰する超人ですから、ねん挫くらいじゃあっと言う間に治りそうですけどね(笑)

てなわけで、他サポですけど、この試合はめちゃめちゃ楽しかったです。
欲を言えば、やっぱロッペンが見たかった。バルサの宿敵マドリーにいたころはキライでしたけど、マドリーにいたからキライなだけで、やっぱり彼は良い選手だと思うし。
次節はロッペンも出られると良いなー。あ、ルーニーもね。

ちなみに、バイエルンはサイドから中へボールを入れる攻撃に弱いようなので、アーセナルもバルサも両サイドにボール散らしてワイドに攻撃できればなんとかなりそうかな…と思いましたね。

さて、そんな私の大好きな2チームの直接対決が、いよいよ明日の朝(日本時間3:45)に迫っています。個人的には6:4でバルサが勝つと思ってるんですけど、この試合もマンUが勝つだろうと思ってた私の予想は大外れだったので、今度の予想もまた外れるかもしれません(あはは)

ただ、アーセナルはセスクが、バルサはイニエスタがケガで欠場なのがすごく残念ですね。どちらも好きな選手だし、スペ代でのチームメイトの2人のマッチアップを見たかった。カンプノウでの2nd legにはどちらも出場して欲しいです。

明日の朝3:30起きなので今日は夜9時には寝たいんですけども、今日の夜はアウスタ日本平にナビスコカップ(清水エスパルスvs湘南ベルマーレ)の応援に行くので、帰宅はきっと10時を過ぎちゃうだろうなー。

でもまあ、エスパルスが勝てば気分良く帰ってぐっすり寝れそうなので、とりあえず今夜のエスパルスを全力で応援してきます(笑)

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。