PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【リーガ第38節バルサvsバジャドリ】カンピオーネ!!!

FCバルセロナが、最終節でバジャドリードを4-0で下し、昨シーズンに続いて09-10シーズンも優勝いたしました!!!

まずは、

おめでとうー!!!


ピクチャ 2↑クリックするとバルサの公式Youtubeチャンネルに飛びます。

いやぁ、良かったよぉ。
ホントに良かったよぉ(涙)
最終節までの2位のマドリーとの勝ち点差がたったの1だったわけですから…。
ホントに最後の最後まで気が抜けませんでした。

ぶっちゃけ、CL敗退した時点ですっかり燃え尽きてしまってて、「無冠でもいいよ、もう…」とか、完全にふてくされた子供みたくなってたんですけども(え?)、前節のセビージャ戦で追いつかれそうになったときには本気で「勝って欲しい!!」「優勝して欲しい!!」と思いました。
ホント勝手なサポでごめんねー(えー)

とは言っても、最終節なのにシャビが出れないってことで、これはもしかして「マドリーの逆転優勝もあるんじゃね?(涙)」とネガティブになってたわけなんですけども、最終節の前に朗報が飛び込んできました。

ケガで戦線離脱していたイニエスタくんの復活です。
このまま今季はもうイニエスタくんのユニ姿を見れないのか…とあきらめてたので、最終節での復帰はホントに嬉しかった。

とりあえず、そんな今節のスタメンは以下のとおり。

GKバルデス、DFアビダル、プジョル、ピケ、アウベス(79min→イブラヒモビッチ)、MFケイタ、トゥレ、ブスケツ、FWボヤン(77min→アンリ)、メッシ、ペドロ(85min→イニエスタ)

SUB:ピント、イニエスタ、ミリート、マルケス、アンリ、イブラヒモビッチ、チアゴ



にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!





いやもう、びっくりしましたね。
何がって、立ち上がりのバジャドリの猛攻に…ですよ(汗)
そりゃそーですよ、最終節まで熾烈な残留争いを続けてるバジャドリだって、今節は絶対に負けられないわけですからね。
そんなバジャドリの勢いに押されてバルデスのあのミスですよ(大汗)
バックパスをコントロールしそこなって大ピンチ!!っていうね(涙)
あれプジョルがど根性でシュート防いでくれてなかったらかなり違った展開になったんじゃないですかね(汗)

まあ、その後バルデスはサモラ賞もらうにふさわしいような神セーブを見せてたのでこのくらいにしてやるけど(←何様?)

それにしても、バルデスだけじゃなく、立ち上がりの数分間はなんかプレーが落ち着かなくてコワかったです。
別に「優勝だー!!」って選手たちが浮かれてたわけでは決してないと思うんですけど、やっぱりシャビがいなかったからか、最初のうちは選手間の呼吸がいまいち合ってない感じでした。

バルサは最終節で勝てれば無条件で優勝なわけなんですけども、もしもマドリーが最終節に勝てば、バルサは引き分けても優勝を逃すことになるので、1点目が入るまでは本当に不安で胃がキリキリ痛みましたね。
いや、空腹でグーグーなってただけかもしれませんけど(えー)

バジャドリは5バックでバルサのパスコースやスペースを消してきたので、シャビみたいに意表をついたパスが出せる選手がいないと突破はなかなか難しい感じでした。

…が、そこはさすがカンテラーノのトリデンテ。
メッシ、ボヤン、ペドロがボールを持つとさすがのファイブバックも翻弄されて守備にほころびが見え始めます。
最初は中盤のケイタ、ヤヤもなかなかボールの出しどころがなくてミドルシュートを打つなどしてましたけど、途中からは積極的に自分で縦に切れ込んでいくようになりました。

徐々に落ち着きを取り戻したバルサがバジャドリのゴールに猛攻をしかけますが、なかなかゴールを割れず。
でも、ケイタやトゥレ、ボヤンくんのミドルシュートはどれも威力のある良いシュートでしたね。
メッシたんが「いつもなら決めてるんじゃね?」ってコースから打った球が外れた時にはちょっと「やばい、今日ゴールに嫌われる日?」とビビりましたけど、そんな不安も前半27分の先制点で吹っ飛びました。

左サイドのエンドライン近くでパスを受けたアビダルから、ゴール前のペドロにマイナスにボールを渡し、これをペドロが再度ライン際までえぐって中へ折り返したところ、相手DFの足にあたってオウンゴールとなりました。
OGとは言っても、ごっつあんゴールではなく、相手の懐深くまで崩しての得点です。

これで勢いのついたバルサは、このゴールの4分後にメッシがドリブルでゴール前まで運んだボールを、途中ワンツーをはさみながら最終的に右サイドをかけあがってたペドロに出し、ペドロがこれをきっちり押し込んで追加点をゲットです。

この追加点でスタジアムは一気にお祭りムード。
そりゃそうですよ、だって、カンプノウでの優勝は12シーズンぶりなんだそうです。
スタジアムにはちらほら日本人らしきサポもうつってましたね。
ああ、良いなぁ。
カンプノウでバルサの試合見るのが私の死ぬまでの目標なのに…(笑)

てなわけで、前半は2-0で終了。
前半早い時間帯にマドリーがマラガに先制されたことは途中経過として伝えられたので、「できればバルサが勝って、マドリーが負けての優勝が良いなー」と思ってました。

…が、後半始まってすぐにマドリーが追いついた…との情報が入り、途端になんか、2-0だとまだ危ないような不安な気持ちになってきました。
だって、セビージャ戦は3-0から1点差にまで詰め寄られたんだかんね(汗)

ところがところが、カンプノウのお祭りムードに背中を押されたのか、後半バルサはますます攻撃に勢いが増し、後半17分、トゥレが素晴らしい縦突破を見せ、ゴール前にグラウンダーの早いボールを入れて、これをメッシが簡単に押し込んで3-0と引き離しました。

ほらね、やっぱトゥレ良いと思うのよね。
足が長いからか、ボールキープの仕方が独特で、面白いと思うのよ。
来季どっかに出すとか言わないよね?(汗)
ボヤンくんもしきりに「ビジャと交換でバレンシア行き」とかって情報が飛び交ってますけども、できれば来季もバルサでボヤンくんを見たい。
なんか、「この中に来季で見れない選手もいるかもなんだよなー」と試合中に急に切なくなったりしてた私でした(あはは:汗)

3-0になったところでTVの前の私も完全にお祭り気分だったんですけど、カメラにうつるペップの表情は3点リードしてても厳しかったですね。
この後、後半31分にトゥレのパスを前線で受けたメッシが相手を交わして自分でドリブルで持ちこんで4点目をゲットしますが、このときやっとビラノバコーチと笑顔を交わしてたのが印象的でした。

4-0になったところで、アンリ、ズラタン、イニエスタくんなどが次々にピッチに投入されます。アンリってもうアメリカへの移籍が決まってるんですか?(実況がそんなこと言ってましたけど)
見納め…という意味でピッチに送ったのかなぁ。
まさか、ズラも見納めではないですよね(大汗)

イニエスタくんはまあ、アップの時点でイニエスタコールがわき起こってましたし、最後にご挨拶程度に出て来るだろうな…とは思ったけどね(笑)

欲を言えば、最後にアンリやズラに追加点を取って欲しかったですけど、残り時間が少なかったこともあって残念ながら得点には結びつきませんでした。
でも、ほんのちょっとですけど、イニエスタくんの華麗なドリブルが久しぶりに見られて嬉しかった~。

てなわけで、試合終了の笛が鳴り、4-0で勝ったバルサが今シーズンのタイトルをゲットしました。6冠の昨シーズンと違って唯一のタイトルですけど、それでもやっぱり優勝できて良かったです。

去年のように泣く程の感動はなかった今シーズンですけど、たくさんワクワクさせてもらいました。WOWOWさんの放送時間の関係で、優勝セレモニーは見れませんでしたけど、今からネット上で動画を漁ってみようと思ってます(笑)

ちなみにマドリーは結局最終節は1-1のドローに終わったそうで、マラガは勝ち点1をゲットして残留を決めたようです。

今シーズンも終わり、これからクラブ間でいろんな選手の移動があるでしょう。
バルサから誰が出るのか?誰が新しくバルサの仲間になるのか?
非常に気になるところですけども、今はしばらく、優勝の余韻に浸りながら今シーズンのバルサをゆっくり振り返ってみよう…と思っている私なのでした。

| コメント(4件) | TOP↑

COMMENT

優勝おめでとー!!!!そして、最終節までマドリーとの壮絶な勝ち点デットヒートを戦い抜いた選手達にお疲れさま!!!!!!!

この試合、いろんなバルサの顔が観れてよかったですね。バルデスのポカから始まり、カピタンのど根性ディフェンス、ケイタのミドルにヤヤのドリブル、決定力ハンパないペドロ、積極的にゴールを狙うボージャン、時折見せるアビダルの攻撃参加、そして世界一のメッシ。イニエスタ、アンリ、ズラタンの途中出場でのプレー。優勝決めてからのピケとアウベスの、お祭りに来た子供のような無邪気な笑顔。そしてなんといってもゴトーさんのおっしゃる通り3点差がついても厳しい顔してたペップとビラノバの握手にはホント感動しました。

それにしても、WOWOWさん、バルサ優勝したんだからセレモニーちゃんと見せて欲しかったです。白組の試合とか放送しなくても良いのにとか思っちゃいますよね!!

| ystk | 2010/05/17 12:41 | URL | ≫ EDIT

>ystkさん

コメントありがとうございます!!

試合序盤のバルデスのポカにはホンットにヒヤヒヤしましたよね(汗)
これで負けてマドリー優勝とかなったらしばらく抜け殻になるところでした(汗)
でも、その後は本当にみんな気持ちの入った良いプレーを見せてくれて、「ああ、これが今シーズン最後の試合なんだなぁ」ってしみじみ感じて泣きそうでした(笑)

ペップは優勝セレモニーで「明後日はCL決勝のはずだったのにすみません」って言ってましたね。「来年はミスをしない!」とも。
来年こそはまた欧州クラブナンバーワンの座を取り返して欲しいものです。

ちなみに、セレモニーの続きをやるというから録画までした見た「リーガダイジェスト」ですけど、セレモニーほんのちょっとだった(涙)

| ゴトー | 2010/05/17 20:30 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。

バルデスのあのプレーは一瞬逆転で優勝をさらわれるという最悪のシナリオが浮かびましたが、なんだかんだ言ってもプジョルでしたね。
アンリは最後にファンへの顔見せみたいでしたね。ズラタンはどうなるのだろう?
ペップにとっての安全圏は4点差ですか。これは来季も選手たちは苦労しそうですね(笑)。

| イニエス太 | 2010/05/17 23:02 | URL | ≫ EDIT

>イニエス太さん

コメントありがとうございます。

バルデスのポカは、「シーズン最終節にそれ出すかー!!!(大汗)」って感じでしたね(笑)あの瞬間に「W杯はないなー」って思っちゃいましたもん(笑)
でもまあ、プジョルの見せ場を作ったとも言えますけど(笑)
2シーズン目のペップを見てきて思ったんですけど、元々真面目な性格のところに、1年目の6冠という偉業が自分自身に相当のプレッシャーになってしまっているような、そんな風に見えました。
常に気を引きしめていくのは良いことですけど、下手すると選手も息苦しいんじゃないかなぁ…と思ったり。

来季は3年目ですし、ペップに少し余裕が出るとチームももっと良くなるんじゃないかなーと思いますね。

| ゴトー | 2010/05/19 20:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。