PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ママさんリーグ第3節】FW失格…

夕べはママさんリーグの第3節の試合がありました。

初戦も2戦目も負けてる上に、私はFWのくせにここまで1本のシュートも放っていないと言う情けない状況。てなわけで、この試合ではなんとしても得点したい!!…と意欲は満々だったんですけど、その意欲も空回りに終わり、今節もまたしても負けと言う結果に終わったのでした(涙)

ただ、今節に関して言えば、勝てない試合ではなかった…というか、内容的には十分に勝てた試合でした。もちろん、相手チームの方達は私たちよりも経験も長いので、キック力もあるしパスの精度も高かったですけど、うちのチームも運動量では負けていなかったと思う。

うちのチームは40才前後のメンバーが多いんですけど、ママさんリーグの他のチームではもっと平均年齢の高そうなチームも多く(←60代現役と言う方もいらっしゃいます)、そういうチームに比べるとうちのチームは体力的には均整が取れてると思うんですよね。
ある意味、そこがうちの強みかなぁと思ったりもします。
めちゃめちゃ若い子もいないですけど、めちゃめちゃ年で走れない…って人もいないので、全体的な運動量は割と多いんじゃないかと思います。

技術でかなわなかったから走り勝つしかないですもんね。
うちのチームの守備陣は食らいついたら離れないすっぽんディフェンスです。
ただいま開幕から3試合全敗中ですけど、その分、きっと守備陣は鍛えられてると思う。
私は試合中いつもFW位置から守備陣の頑張りを見て感動しています。
みんなが必死で守備してるの見ると、自分が点取らなきゃ!…って思う。

それでも、あまりに押されてる試合だとなかなか前までボールが来ないし、前節などは低い位置に戻ってポストをする場面が多く、未熟なのでそこから前向いてもう一度ボールをもらうことができず、結局チャンスらしいチャンスも作れずに終わりました。

今節こそは前2試合の反省を活かして良いプレーをしよう!と心に誓いつつピッチに立ったわけなんですけども、良いプレーどころか、FWとしてあるまじきプレーをしてしまい、そんな私のせいで勝てる試合を落としてしまった…という結果に終わったのでした(涙)

てなわけで、以下、へたれFWゴトーの反省文に続きます。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!




前半の早い時間帯に先制したのはうちのチームでした。
SBから前線へナイスなスルーパスが入り、これに抜け出したFWがドリブルで持ち込んでシュート!!
これはキレイな得点だったし、うちのチームのリーグ戦初ゴールな上、得点したメンバーも公式戦初ゴールと言うことで、チームの雰囲気が一気に盛り上がりました。

これ見て私も絶対に得点したいと思いました。
仲間が得点したことでこれだけみんなが盛り上がって良い雰囲気になるんだから、ここはもう1点取って盛り上がって、勢いで勝ちたい!と思いました。

が、しかし、その後1点返され、1-1で前半を終了。

私は前半、何度も最終ラインからの飛び出しを試みてましたが、相手の守備陣はさすが経験があるだけあって、前線にボールが出る瞬間にラインを上げられて何度もオフサイドを取られていました。
ただ、今節もまた、スペースにボールが出れば走り勝つ自信はあったし、最終ラインが割と高めな割に、相手のGKはゴール前に張りついていてあまり前に出てなかったので、最終ラインとGKの間に広いスペースがありました。
ここに抜けるボールを出してもらえれば、DFを置き去りにしてゴール前に持ち込む自信はありました。

例えばスペインのビジャなんかもそうですけど、最終ラインギリギリのところからの飛び出しを繰り返してはDF陣と駆け引きし、何度オフサイド取られても、やがてそれが成功して得点に結びつくじゃないですか。私の頭の中でも、そんなイメージでライン際からの飛び出しを繰り返していました。

ところが!!ところが!!!!なんですよ。

後半、相手DF陣の足も止まってきたせいか、うまくオンサイドから飛び出してゴール前でGKと一対一になるという絶好の得点チャンスがとうとうやってきたんですけども、その瞬間、相手選手たちの「オフサイド!!オフサイド!!」という声が耳に飛び込んできて、なおかつ副審の旗が上がったような「バサッ」という音も聞こえてきたので、私はそこで勝手に攻撃をやめてしまったのです。

その瞬間は、ピッチの中で自分だけが動いてるような変な感覚でした。
相手GKも、一対一になったのに前に詰めて来るでもないような、プレーをやめてるような感じに見えたので、ゲームは止まったのだ…と勝手に思い込んでしまったのです。

…が、GKにパスするようなボールを蹴ってしまった直後に、監督が「オフサイドの笛鳴ってないよ!」と叫んでるのが聞こえました。何が起こったのかを理解したとき、ピッチの上で呆然としてしまいました。

この後、さらに相手に追加点を許してしまい、スコアは1-2に。
そして私は「あのチャンスを決めてさえいれば…」とますます落ち込んで行きました。

前から何度も書いてるんですけど、ホントにメンタルが弱いんですよ(汗)
試合中に自分の気持ちをコントロールできないんです。
ノッてる時は良いんだけど、一度ミスをするとそれを引きずって自滅していくタイプです。そしてこの試合でも、1度ならず、まったく同じ失敗を2度してしまったのです(涙)

同じく、DFラインからうまく抜け出したのですが、この時、味方から「オフサイドだから触らないで!」と声をかけられたんですよね。その瞬間、その声をかけた仲間が飛び出し来るのかな?と思いつつ、もう足はボールを触ってしまっていました。
で、触ったなら触ったで、そのままゴールまで持って行くべきだったんですけど、ここでまたしてもオフサイドだと思い込んでプレーを止めてしまったのです。
本日2度目の失態(涙)

結局、これもオフサイドではありませんでした。
どちらも本当に決定的なチャンスで、とくに1本目などはエリア内でGKと一対一だったので、おそらくシュートを打ってれば得点できたと思います。

てなわけで、試合は1-2でまたしても負けと言う結果に終わりました。
負けたことがショックと言うより、1試合で2度も同じ失敗をしたと言うことと、そのせいで負けてしまったんだという罪悪感で、試合の後には涙が出てきました。
まあ、いつもすぐ泣くんですけどね。あはは(汗)

今朝になって、「オフサイドだから触らないで」と声をかけてきた仲間からメールがありました。「私がゴトーさんのシュートチャンスをつぶしてしまった」と彼女も夕べかなり落ち込んだようです。
でも、これは私の責任で、彼女のせいではありません。
どんな状況だろうが主審の笛が鳴るまでプレーをやめるべきではないし、FWなら例えオフサイドだったとしてもシュートで終わるくらいの気持ちがなければダメなのです。
今となっては、なんでプレーをやめたのかもわかんないし、そんな自分が情けないと言うか、腹立たしいと言うか…(涙)

ここまでの3試合を終えて、自分だけが何も成長してないような気持ちになりました。
他のみんなは確実に経験を積んで、みんな良いプレーをして、一試合ごとに成長してるのがわかる。
でも自分は?
そう思って、夕べは本当に凹みました。

でもわかってる。この壁を乗り越えなきゃダメなんです。
試合からの帰り道、一生懸命励ましてくれてた仲間に対して「私FW向いてないんだよ、きっと。つーか、サッカーやる資格ないんだよ。」とめっちゃグチグチめんどくさいことを言ってたら、友達が

「どうしたいの?サッカーやめたいの?」

ってぶちキレたんですよ(笑)
それで我にかえりました。サッカーやめたくない!!(笑)

だから、頑張るしかないんです。

来週の第4節の試合までに、気持ち切り替えてまた頑張ろうと思います。
とりあえず、ジャイキリ1巻から読み返してメンタルトレーニング(?)だな(笑)


ああ、いつかはここで「勝ちましたー」って報告ができると良いなぁ…。

| コメント(4件) | TOP↑

COMMENT

最終ライン破っただけで十分じゃないですか。

ウジウジするくらいなら、何度も飛び出し成功したシーンをイメージトレーニングするべきです。

今日できなかったことではなく、できたことに目を向けましょう。
飛び出すことすら出来なくなってしまうなんていう負の連鎖を起こさない様に注意してください。


次は飛び出した後のトラップ、その次は顔を上げれる様になること、そしてその次にシュートができるようになれれば十分ですよ。

少しずつ実戦に慣れていきましょう。
焦らず、冷静に、丁寧に、しっかりと。
まだまだシーズンは長いですから。

| ロジマ | 2010/06/05 02:47 | URL | ≫ EDIT

ちなみにメンタルに関してはふてぶてしいくらいの方がいいです。(FWではないですが)ビクトル・バルデスみたいな。
FWは残酷な役割です。
相手を絶望に突き落とす実行犯になるし、微妙な判定というのもどうしても出てくる。
少し自己中心的じゃないとやってられませんよ。

| ロジマ | 2010/06/05 02:57 | URL | ≫ EDIT

気にしない、気にしない♪
次は誰にオフサイドって言われても、シュートを入れときゃいいんですよ♪
プロだって、DFは裏取られたらダメ元で手ェ上げてアピールしてるし、FWはオフサイドって分かってても、シュートするじゃないですか。
だから、そういう状態でボールを受けたら、何がなんでもシュートを決めるだけでいいでしょ?
ひょっとしたら本当にオフサイドでも、審判がゴールを認めるかも知れないし、その逆もあるかもしれない。
サッカーってのは、そういうモンじゃないすか
ジャイキリの夏木の如く、立派な?FWになってください♪

| ろまにす太 | 2010/06/07 01:11 | URL | ≫ EDIT

>ロジマさま

コメントありがとうございます!

ロジマさんのアドバイスはめっちゃ説得力あるというか、なんか奮起させられますね。確かにウジウジするくらいなら成功したイメトレするべきですよね。
前に進むことを考えないと。

他のチームの選手よりもサッカー歴が短いと言うのがコンプレックスになってるとこがあるんですよね。
それに、自分の技術が未熟なので、自分に自信が持てなくてゴール前で思いっきり蹴れないんですよ。
なるべくゴール近くまで持って行こう、ミスキックしても外れないくらい近くまで…と思ってると敵に取られちゃう。
練習では気持ち良くシュート蹴って外しても何とも思わないのに(笑)

今は多分、試合では100%の力を出せてないんです。
失敗したらどうしよう。点取れなかったらどうしよう…って不安ばかりが先走って。でも、次は少し図々しいくらいの気持ちでやってみます!

>ろまにす太さん

コメントありがとうございます!

プロの試合なんかでは、DF陣がよくオフサイド取れたと思って止まることあるじゃないですか?アレ見て「笛鳴ってないんだから止まるなよ!」って思ってたりするんですけど、自分が止まっちゃいました(汗)

でもプロのFWはみんな笛鳴っててもシュートまで無理矢理持ってきますもんね。私もそのくらいの強い気持ちを持ってピッチに立たないといけないなーって今回ホントに実感しました。

ジャイキリの夏木ですか!(笑)
そうですね。リアルではエスパルスの岡崎みたいに、どん欲にゴールに向かって行きたいです。岡ちゃんもエスパルスに入団したころは評判の「ヘタクソ選手」だったみたいなので、頑張れば報われるんだ!…っていいお手本ですね。

| ゴトー | 2010/06/07 10:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。