PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【2010W杯8日目】主審が目立った2試合

待ちに待ったワールドカップ開幕からまだ1週間だというのに、早くも疲れが出ております。え?選手がじゃなくて、アタシが…ですよ。あはは(汗)
さすがに平日毎日サッカーの試合があると、楽しいけど体力的に厳しいっすね。
仕事中の睡魔との戦いがハンパないっす(汗)
「絶対に負けられない戦い」(←睡魔との)に毎日負けています(えー)

そんなわけで、最近は自分の興味のある試合以外はさらっと流すようにしてます。
全部まともに見てたら廃人になりそうなんで(汗)

さてW杯8日目の試合を振り返ってみようと思います。

8日目
■Group C
スロベニア 2ー2 アメリカ
イングランド 0-0 アルジェリア

■Group D
ドイツ 0-1 セルビア
ガーナ   1-1 オーストラリア(9日目)


グループCの4チームの中では、アメリカ、イングランドが優勢かなぁと思ってたんですけども、意外にも2試合を終えて首位に立ってるのはスロベニアです。
このグループの試合では、スロベニアがナイジェリアに勝った以外は全てドロー。
アメリカもイングランドもまだ白星がありません。
去年のコンフェデでスペインはアメリカに負けてますから、この大会ではアメリカ結構来るんじゃないかなーと思ってたんですけど、初戦のイングランドに続きスロベニアともドローと苦戦を強いられてるようです。
つーか、苦戦してるのはイングランドも同様ですけどね(汗)

グループDのセルビアvsドイツは盛り上がりましたね。
主審がリーガでも有名なマジェンコさんだったのでちょっとイヤーな予感はしたんですけども、案の定、イエロー連発。両チーム合わせて9枚のイエローカードが出て、うち2枚はクローゼの累積警告で退場となってしまいました。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



主審にもいろんなタイプの人がいて、イエロー出さずとも選手とコミュニケーション取りながらコントロールする人もいれば、マジェンコさんの様に試合の流れとか考えずにばんばんイエロー出す人もいます(汗)
でもまあ、マジェンコさんの場合はあれがマジェンコさんのやり方と言うか、自分のジャッジングに迷いが無いという感じでいつ何時でもああいうジャッジングなので、リーガで慣れてる私には「ああ、いつも通りだなぁ」(←マジェンコさんレベルで)って感じましたけどね。
まあ、慣れてない人が見たら「なんじゃ、この審判」って思うよね。

ガーナvsオーストラリアはオーストラリアが先制したので、これはオーストラリアが楽に勝つかなあと思ったんですけども、前半25分にガーナに同点弾を決められ、結局引き分けに終わりました。
こちらの主審も有名なロゼッティさんでしたけども、後半24分のキューウェルの一発退場はコレちと厳しいなぁと思いましたね。いや間違ってないし、むしろロゼッティさんの判断で正しいとは思うんですけど、ハンドの解釈って結構曖昧で、「あきらかな故意じゃない場合は取らない」って人と「故意じゃなくても自分に有利な状況になった場合はハンドを取る」って人といるんですよ。

私は以前、レフリースクールでジャッジングを少し学んでたんですけど、その時のインストラクターは「故意じゃなくても有利になったらハンドを取る」って教えだったのに、先日受けた審判資格取得の講習会では「有利に働いても故意じゃない場合はハンドを取らない」って教えてたんですよね。
うーん、どっちー???

私の判断ですけど、今回のキューウェルの場合は、リプレイを見ると相手選手の打ったシュートが二の腕あたりに当たっていて、シュートもかなりスピードがあったので、おそらくこれは故意ではないだろうと思うんですよね。
教則本の「故意ではない場合はハンドを取らない」に則るなら、これはハンドではないと思うわけです。
でも、そこは主審の判断にゆだねられるわけで、ロゼッティさんの判断は「レッド」だったんですよね。
でも、もしかしたら取らない審判もいるかもしれない。
つくづくサッカーの審判ってむずかしいなぁと思います。

ちなみに映画「レフェリー」にはこのロゼッティさんも登場(というかメイン?)してるようですけど、まだ見てません。静岡でも昨日から上映が始まったので、W杯期間中になんとか見に行きたいと思ってます。
私は人からよく「サッカーの試合の視点が変わってる」と言われる事があるんですけど、審判からサッカーの世界に入ったので、プレーから入った人や、プレーだけしてる人、プレーはしないけど見てる人とは、サッカーの見方が少し違うのかもしれません。
…って、もしかしたらただ単に「ミーハー目線」なだけかもですけど。あはは(汗)

グループDはドイツの1位抜けが確実だと思ってたんですけど、2試合を終えて1勝1分けのガーナが首位に立っています。以下、ドイツ、セルビアが1勝1敗、オーストラリアが1敗1分けと、オーストラリは厳しい状況に立たされてますけど、ここも最終節までわかりませんね。
個人的にはセルビアに決勝Tまで進んで欲しいなー。


てなわけで、ほとんど審判の話になっちゃいましたけど(笑)、まあ、試合内容やその他もろもろは他の方がたくさん書いてるのでそちらをご覧ください(えー!)

昨日行われた日本vsオランダについては、後ほどUPします。

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。