PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【J1第17節清水vs鹿島】私的今季ベスト1なゲーム

ちょっと時間空いちゃいましたけど、先週末の清水エスパルスvs鹿島アントラーズの試合をさくっと振り返ってみたいと思います。

前節までで勝ち点1リードの鹿島が首位、エスパルスが2位だったわけですけども、アウスタで行われた直接対決では、2-1でエスパルスが鹿島を下し、首位を奪還いたしました。

いやぁ、気分良いです。
強いチームに勝つって気分良いです。
勝ったという「結果」もですけど、何より選手の気持ちが入った良いプレーをたくさん見れたという「内容」の点でも本当に楽しい試合でした。

相手が強豪鹿島だし、苦しい試合を強いられて自分たちのサッカーをさせてもらえないんじゃないかなぁって思ってたんですよね。
それでも、内容は二の次でもとにかく勝ってくれればうれしい!…って思ってたんですけど、試合が終わってみたら再び首位に立てた事とかどうでも良くて(笑)、ただただ素晴らしい試合内容に感動でした。

この試合では、キックオフの前から何かいつもの試合と違った空気がスタジアムを包んでました。
一人一人のサポからアドレナリンが出まくってる感じ?
鹿島のサポさんもキックオフ前から熱の入った応援をしてましたけども、清水ももちろん、いつもスタジアムを盛り上げてくれてるゴール裏のサポさんたちだけじゃなく、他の席のサポもみんな気持ちは一つになってる感じがしましたね。

選手たちも皆それぞれ気合い入ってたでしょうけど、スタジアムのこの雰囲気も選手の士気を高めたんじゃないかなぁと思いますね。

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



実際、エスパルスの選手は皆、試合開始から気持ちの入った良いプレーしてました。
ここまでで勝ってる試合のほとんどは、試合開始から前がかりになって先に主導権を握れてると思うんですよね。
この試合でも「これは今日行けそうだな」って思える良い入り方をしてたと思います。

特に序盤、左SBの太田くんが積極的に攻め上がってたのが見てて楽しかった。
やっぱサイド攻撃がないといまいち迫力がないというか、右のイッチーが長い距離走って上がったり、左の太田くんがドリブル突破で深い位置まで入るとホントにワクワクします。

太田くんはドリブルで上がって相手と対峙した時に、フェイントかけて大抵左から抜いて縦に行く事が多いんですけども、この試合では珍しく左に抜くと見せかけて右に抜き、中に切れ込んでく場面があって、これにはホントしびれましたね(笑)
パスサッカーって相手の戦術に寄ってはパス回せなくて行き詰まる事も多いですから、そういう時にこういう、一対一に強くて自分で仕掛けれる選手がいないと厳しいなーと思いますね。

岡ちゃんは動きは切れてたんですけど、今節も決定機でシュートを決められずに終わりました。前半30分すぎまで0-0でしたけど、その間に少なくとも2回は決めておきたい場面がありました。
あとホント決めるだけなんですよね。
動きはホントに良いと思う。
敵を背負ったままパス受けて前向けるし、パス受けて前向いてシュート打つまでの時間も確実に早くなってる。
後はホントに決めるだけ。
これ、きっちり決められるようになったらホントにすごいストライカーになると思うよ、岡ちゃん。

前半38分に相手のエリア内で岩政がハンドでPKゲット。
これを淳吾がきっちり決めて清水が先制します。

しかし、このハンドは解せない。
あきらかに故意に手でボール止めてるのに、カードはなし。
その前に小野が相手のユニを引っ張ったってことでイエローもらってるけど、岩政のこのハンドの方があきらかに悪質ですよ。
入ったボールのコースに寄っては赤が出てもおかしくないし、赤じゃなくても黄色は絶対に出すべきだったと思う。手を使ったファウルに厳しくなったんじゃなかったっけ?

鹿島は前のマルキーニョスにボールが渡るとやっぱりコワかったですけど、本拓がしっかりマークについてことごとく鹿島の攻撃の芽を摘んでました。
ホントにねぇ、なんどタッくん(本拓ね)に窮地を救われたかわかりませんよ。
「今のタッくんだよね!」「またタッくんだよ!!」ってずーっと言ってたもん、アタシ(笑)今節はあまり本拓は前に上がらなかったので、最初からマルキ封じの任務を言い渡されてたんでしょうね。
そのマルキは前半途中で負傷退場しちゃいましたけどね。

後半に入り、早い時間に追加点が欲しいなーと思ってたんですけども、逆に後半13分に興梠に頭で決められて追いつかれます。
興梠の動きはマルキほどコワくないな…って思ってたんですけど、失点のシーンでは清水のDF陣が右に引きつけられてゴール左にぽっかりスペースができた所にうまく走り込まれてしまいました。ってか、そこに入ったシュートせいのクロスがこれまた良いボールだったんですけどね(確か新井場)

同点に追いつかれてからは鹿島の攻撃に勢いがついて押し込まれる苦しい時間が続きましたけど、守備陣が体張って良く守ってました。
個人的には平岡のひたむきな守備が好きですね(笑)
岩下も一対一の相手を止めるのはすごくうまいし強いと思うけど、クリアとかパスとか、時々めちゃめちゃ雑なのが気になります(汗)
その点では平岡の方が一つ一つきっちり丁寧にこなしてると思う。
ロングフィードも良いもの持ってるしね。

後半28分に伸二に代えて枝村を投入。
健太監督は試合後のコメントで、

枝村には「お前を入れる意味は分かっているな」という話をし、本人も「分かっています」という返事で「行ってこい!」と送りだした。

と語ってますけど、その枝村がきっちり仕事をしてくれました。
後半29分に兵動がゴール前にいれたボールを岡ちゃんが胸で落とし、これを相手DFがクリアしようと蹴った所に走り込んで来たエダの胸に当たって跳ね返り、ボールはそのままゴールイン。
ごっつぁんゴールにも見えますけども、このタイミングでしっかり走り込んでたエダの動きも良かったですよね。

鹿島は攻守の切り替えが早かったですけど、この試合では清水も90分通してよく走ってしっかりプレスかけれてたのが大きかったと思う。
高い位置では岡ちゃん、ヨンセンが、中盤でも兵動や伸二がしつこいプレスを徹底してました。
ボールを出すタイミングを遅らせるだけでも相手の攻撃の組み立てを阻止できるし、プレスはホントに大事だと思いますね。

てなわけで、2-1のまま試合終了。
順位は入れ替わって、清水が首位、鹿島が2位となりましたが、日曜日の試合で名古屋がFC東京に勝ったので、名古屋が2位に浮上。鹿島は3位となりました。

名古屋vsFC東京も見ましたけど、後半試合終了間際のロスタイムに闘莉王がヘディング決めて1-0で名古屋が勝ちました。
ホンットにロスタイム最後のラストプレーってところで、「しめしめ、名古屋も引き分けで、上位陣で勝ったのはエスパルスだけかぁ~」って思ってたのに、がっくり(汗)まあ、名古屋は嫌いじゃないんですけどね。

しかし、今年のエスパルスはホントに面白いですね。
強いから面白いってわけじゃなく、やってるサッカーがホントに面白い。
私の好きな「中盤が面白いサッカー」をしてると思う。

この試合は本当にスタジアムで見れて良かったです。
サポと選手の気持ちが一つになったような錯覚に陥りましたもの(笑)
こういう試合見るためにスタジアムに通うんだよなーって思った。
優勝したわけじゃないのに、ただ一つの試合に勝っただけなのに、感動して涙出そうでした。あはは(汗)

試合終わった瞬間には、「こういう試合見れただけで幸せ。もう優勝しなくても良いや。」って思ったくらい感動して悦に入ってたんですけども、ちょっと興奮が冷めて落ち着いて来たら、「やっぱ優勝してほしい」って思いました(えー)

まあ、まだ折り返し地点ですから、目の前の一試合一試合を丁寧にこなして行って欲しいと思いますね。
良い結果というのは、こういう良い試合してれば自然とついてくるものですから。

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。