PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【SBSカップ国際ユースサッカー】日本代表vs静岡ユースの感想

サッカーにどっぷりハマってから初めてどっぷり見たワールドカップが終わり、直後から完全に燃え尽き症候群になってたために、ここ1~2ヶ月はブログの更新頻度がぐっと減っております、ゴトーです。
あ、皆さん、どうもお久しぶりです。

なんとかプレミアリーグも始まって、よっしゃここからまた復活してハイテンションでサッカー語ってくぜえええー!!って思ったんですけど、先週3日間に渡って行われたSBSカップ国際ユースサッカーにあまりに熱を入れ過ぎたため、終わった途端に今年2回目の燃え尽き症候群でもうグダグダな感じになっております(ええー!)
いやホント、ユースとか全然興味なかったんですけどね。
予想以上に面白かったです。SBSカップ。


そんなSBSカップですけども、今週火曜日(24日)に最終日の以下の2試合が行われ、大会は大盛況のうちに終了いたしました。
最終日の24日も、平日だと言うのに結構お客さん集まってましたよ。

とりあえず、最終日の試合結果と大会成績を載せときます。

【大会3日目試合結果】
○日本代表 vs ●静岡ユース 4-3
○スペイン代表 vs ●ガーナ代表 4-0

【大会成績】
優勝 日本代表(3勝)
2位 スペイン代表(2勝1敗)
3位 ガーナ代表(1勝2敗)
4位 静岡ユース(3敗)

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



最終日は袋井市にあるエコパスタジアムで行われました。
2日目の日曜日はうちのパパやTwitterのクレ(バルサファン)仲間のみなさんと一緒にわいわい楽しい観戦だったんですけども、さすがに平日火曜はパパも仕事でして、しょうがないので一人で行ってきました。
出かける時に長男くん(高1)に、「サッカー一人で見に行くとかどんだけ(苦笑)」って言われたんですけどね(うるへー)

電車で行くか車で行くか迷ったんですけど、結局一人ドライブ気分で車で行くことに。
ドライブと言えばサービスエリアでしょう…ってことで、牧ノ原SAでみたらしソフトを食べるなど一人旅を満喫(笑)

x2_271d613.jpg

途中、工事渋滞に30分くらい巻き込まれるも、最近買ったばかりのカーナビがiPhoneと連動しててiPhoneに入ってる動画を見れるもんですから、テイネンピ少女ハイジとかアーセナルのビデオpodcastとか見ながらストレスなく渋滞をしのぎつつ、1試合目(日本代表vs静岡ユース)キックオフの1時間前にはエコパに到着しました。

この大会では、スペ代もですけど静岡ユースにも注目してまして、静岡ユースに関しては、スペ代やガーナ戦よりも日本代表戦で良いサッカーをして欲しいな…という思いがありました。
てなわけで、静岡ユースの試合の中では一番楽しみにしてた日本代表戦。

厳密にはU-19の日本代表に対し、静岡ユースは全員現役高校生のU-18世代ですから、この大会ではやっぱりかなり不利だと思うんですよね。
U-18とU-19って、年齢は一つしか違わないですけど、U-19と言えばもうプロとしてやってる選手もいるわけで、現役高校生とプロでは経験値が違いますから、そこの差はやっぱり大きいなーって思いました。

他のチームに関しても、ガーナはU-19世代がメインだったようですけど、なんと15才(高1)の選手も出てたそうですし、スペインに関してはほとんどがU-18世代だったようです。日本代表は大学生の選手などは体も大きくて当たり強い選手が多かったですし、そう言う意味では、日本代表が優勝して当然と言えば当然ですよね。

そんな日本代表相手に、静岡ユースは良い試合をしたと思います。
試合開始直後からフィジカルとか技術の面でかなりレベルの差を感じる場面が多く、開始4分で日本代表の永井(セレッソ大阪)に先制された時には「コレどんだけぼろ負けするんだろ…」って不安になったんですけど、この日の静岡ユースの選手はスペ代、ガーナ代表との試合の時よりも気持ちが入ってて、強気で勢いのあるサッカーをしてましたね。

静岡ユースはここまでの試合で無得点だったので、特にエスパルスユースの柴原にはなんとかゴールを決めて欲しい…と思ってたところ、前半29分にその柴原が同点弾ゲット!!これはねぇ、この大会の中で一番うれしいゴールだった。
一人で来てたのも忘れて、立ち上がって「きゃああああああーーー!!」と叫んでしまいました(隣の女子高生にがん見されました:汗)

…が、その直後にカウンターから日本代表小林に勝ち越し点決められ、再び1点ビハインド。さらにそのわずか2分後にまたまた小林にゴール決められて一気にスコアは1-3に(汗)

ああ、気持ち折れちゃわないと良いな…って心配してたんですけど、いやはやこの日の静岡ユースはホントに気合い入ってた!
正直、初日にガーナ戦見た時には、エスパルスユースの3人(柴原、石原、田代)とジュビロユースの清水、清水商業の風間、清水東の増田以外はレベル的にちょっと差があるかなぁ…と思ってたんですけど、日本代表戦ではチーム内にそういう差はまったく感じなくなってましたね。
他の選手もめちゃめちゃ良い動きしてました。
静岡ユースはきっとまともに全体練習する時間もなかっただろうし、初日はまだかみ合ってなかったのかもしれません。
1試合ごとに成長してく姿に母さんマジ感動したよ(母さん?)

そして、前半37分にドリブルでエリア内まで侵入した柴原が倒されてPKゲット。
これを本人がきっちり決めて2-3とします。
失点して追いついて、また失点して追いついて…っていうこういう試合はホントに興奮しますねー。
しかしながら、前半終了間際に日本代表菊地にゴール決められ、前半を2-4で終了。

ぶっちゃけ、ここまででもう十分満足でした。
それだけ中身の濃い前半だった。
静岡ユースはあきらかに1日目、2日目よりも良くなってたし、エスパルスユースの柴原、石原の動きがキレてて見ててホントに楽しかったですね。
清水商業の風間は自身のゴールこそなかったですけど、ポストプレーもうまいし、1点目の柴原のゴールも、確か、2点目の柴原がPKをもらうきっかけになったドリブル突破の前のパスも風間だったんじゃないかなぁ。
動き一つ一つ見ても「何か持ってるな」って感じでした。
あの風間八宏氏のご子息ですからね!

余談ですけど、1日目の試合の結果をパパに聞かれたとき、「風間はどうだった?」って聞かれて、「ああ、風間八宏ね、良かったよ、八宏」って言ったら、「それ父さんだから!」とツッコまれました(あはは:汗)

って、そんなことはさておき…。

後半22分に静岡の木下がゴール決めて3-4まで詰め寄りますが、後半は日本代表が若干ゆるくなってた感じでしたね。余裕でもう手を抜いてたのか、はたまた疲れてゆるゆるになってたのかはわかりませんけど、後半の日本代表は若干グダグダ感がありました。

結局試合は3-4で終了。
負けちゃったけど良い試合でした。
3日間で6試合全部見たけど、多分この試合が一番面白かった。

大会は、日本代表が3戦全勝で優勝しました。
静岡ユースは一勝もできずに終わりましたけど、最後の日本代表の試合では気持ち見せてくれたので何か清々しかったですね。
しかし、日本代表の永井(セレッソ大阪)はすごかったです。
今大会3試合で合計5得点を決めて大会MVPに選出されました。

期待してたスペ代に関しては、随所で次元の違うスペクタクルなプレーを見せてくれましたけど、全体的にはやっぱり本調子じゃなかったかなぁという感じです。
長旅の疲れもあるし、暑くて湿度も高かったしね。

ガーナはもう、良くも悪くもガーナで面白かったですよ(笑)
ただ、身体能力の高さにはホンットに驚かされました。

最終ゲームのスペインvsガーナの試合の感想は、後ほど(気がむいたら)UPします。

ちなみに、福島で行われていたadidasカップU-15の大会では清水エスパルスのJrユースが優勝しました。
柴原、石原の活躍といい、Jrのユースの優勝といい、これからのエスパルスに大いに期待できそうでワクワクします。そんなエスパルスのトップチームは現在3連敗中なので、余計にユース世代の活躍に救われますね。あはは(涙)

adidasカップにはうちの子供たちの幼なじみ君もエスパルスJr ユースとして出場してたので、数年後のSBSカップでは彼が静岡ユースとして活躍してくれるかもなーなんて楽しみにしてます。

この大会を機に、ユース世代にももっと注目して、将来のスター探しを楽しんでみようかなぁ…などと思った私だったのでした。

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。