PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【J1第21節清水vs川崎】キレキレ淳吾たんが連敗ストップ

9/4に行われるパラグアイとのテストマッチの日本代表メンバーに、エスパルスからはFW岡崎に加えてMF藤本淳吾が招集されました。

今季、確かに淳吾の動きはキレてて調子良いし、招集されるのも当然と言えば当然。
エスパサポとしては喜ぶべきことなのでしょうけど、怒られるの承知で言っちゃうとエスパルス>>>>日本代表なので(サーセン)、3連敗中のこの時期に淳吾呼ぶとかエスパルス的にはどうなの?って思っちゃった私でした。

だって、ワールドカップが終わった今頃になって日本代表に呼ばれてもなぁ…って思うし、フィジカル強くて結構ガツガツ当たって来るパラグアイの試合に出てケガでもされたら…って思うとさー。

でも、この試合の淳吾を見たら、やっぱ代表の招集されたのが良かったのかな…って思ったよ。

ここんとこの3連敗ですっかり気持ち落ちてて、実を言うとこのホームでの川崎戦も「負けんじゃね?」ってちょっと弱気になりながらスタジアムに行ったんですよね。
昨シーズン、首位に立った後に5連敗したように、今回もまた5連敗すんじゃね?って思ってたんですけど、今年のエスパルスは去年とは違ってました!

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



3連敗した後だからか、ゴール裏の応援団の皆さんはいつもよりちょっと気合い入ってる感じで、アップ中に2階から大きな弾幕を下ろすなど、選手に対して期待と若干のプレッシャーを与えてた気がするんですけど(笑)、選手たちはリラックスした様子でなんか良い雰囲気でしたね。

x2_2829e3a.jpg

そして、試合が始まってみたら、淳吾のキレっぷりにホントに驚かされました。
これ絶対代表招集効果でしょ?
淳吾めちゃめちゃ張り切ってるっしょ?

今季は伸二の加入でいろんなものを吸収して成長著しい感じの淳吾ですけど、それが評価されての代表招集ってことで、自分の成長を自覚できた自信がみなぎってる気がします。

この試合では序盤に右サイドからドリブルでエリア内に侵入し、まるでメッシみたいにゴール近くで守備陣をドリブルで交わしてシュートを打つ場面があって、一対一になったGKの股抜こうとしたシュートは残念ながら止められましたけども、「えええー!そんなことできたっけ?」ってホントにびっくりしました(笑)
アレ決まってたらバルサからオファー来ちゃうよ!!(←言い過ぎ)

エスパルスの試合見て常日頃感じてるのは、「パス回すだけじゃダメ。とりあえず個々が一人でも交わせるように仕掛けないと…」ってことなんですけど、この日の淳吾はめっちゃ攻撃的に何度も仕掛けてましたね。
肉食男子だった、マジで(笑)

淳吾のキレっぷりもすごかったですけど、ヨンセンの献身的なプレーにはもう、感動して涙が出そうでした(笑)

前線に入る長いボールは必ず自分で触って味方につなげるし、スローインを受ける時も相手DFを背負って長い足でしっかりボールをキープ、味方にパスできる。
攻められてる時は自陣の深い位置にまで戻って守備してピンチを救い、その後すぐにカウンターで前線へ駆け上がる。

あのね、ヨンセンって36才ですよ!知ってますか?(笑)

一回りくらい年下の選手と一緒にプレーしてる中で、おそらくヨンセンが一番走ってたんじゃないかな?この献身的なプレー見て「ああ、ヨンセンがいないとダメなワケだわ」って思っちゃったよ。
でも年齢的なことを考えると、「ヨンセンいないとダメ」とかいつまでも言ってられないわけで(汗)

できれば永井さんとか長沢駿とかに、ヨンセンの代わりになるようなプレーを習得して欲しいなぁと思うんですけどね。まあ、永井さんは若干プレースタイルが違いますけど。

てなわけで今日の一句。

いつまでも、いると思うなフローデ・ヨンセン(え?)

もちろん、ヨンセンにはいつまでもいて欲しいですけど、ヨンセン自身が「もうムリ」って言った時には素直に「お疲れさま」「ありがとう」って言わなきゃいけないし、それはきっとそう遠くない未来だと思うんですよね。
あ、ダメ。泣けて来た(まだ早いっ)
でも、寒い国出身のヨンセンが他国のこんな暑い中で90分間献身的に走ってること考えると、やっぱ泣けてくるよ。ヨンセン、マジ愛してるー。

さて、キモイ告白が終わったところで(え?)、ゴールシーンを振り返ってみます。

前半16分の先制点は、この日キレキレの淳吾たん。
試合開始直後から果敢にドリブルで仕掛けて相手エリア内への侵入を繰り返してた結果、エリア内で相手選手がハンドをしてPKゲット。
これを淳吾が冷静に決めて先制点ゲットします。
淳吾はホントPK外さないね。

川崎はブラジル人2人、特にFWのヴィトールJrは足が速くてカウンターが脅威でしたけど、太田君、平岡がよく対応してました。
前半は太田君がヴィトールを警戒してかなかなか攻撃にからむような上がりができませんでしたけど、後半は結構オーバーラップして攻撃にからんでましたね。
太田君はあの上がりがあってこそ太田君だからね。

それから、個人的には、平岡の地味だけど(笑)丁寧な仕事っぷりが好きです。
彼は中学校まで野球部だったそうですね。
基本的に運動神経が良いんだろうなー。
何かこう、もくもくと仕事こなす職人みたいな感じで結構好きなんだよなー(笑)

川崎に完全に崩された場面もあったものの、相手のシュートミスや西部のスーパーセーブもあって、前半は1-0で終了。

始まった後半、なんと、開始2分で我らが岡ちゃんが追加点ゲットしました。

いや、これは半分はヨンセンの得点ですね(笑)
相手エリア内ゴールラインギリギリのところで相手DFからボールを守り、苦しみながらもゴール前の岡ちゃんにパス。これを岡ちゃんが丁寧に決めました。

ここんとこ岡ちゃんは決定的場面でシュートがなかなか入らず、この試合の前半にも「それ決めとこーぜー!」って場面でのシュートは枠外だったので、これ決まってホント良かった。

しかし、この日は夕方18:30キックオフだったにもかかわらず、途中から風が止んで湿度が一気に上がり、蒸し蒸しした不快指数の高い陽気だったためか、後半途中から選手の足が完全に止まってて「失点しちゃうんじゃないか…」って終わるまでヒヤヒヤしました。まあ、川崎の選手も結構キツそうでしたけど。

全体的に試合内容は面白かったんですけど、個人的には、後ろからビルドアップできるような正確なロングフィードを出せる選手がいないのが気になります。
この試合ではイワシのフィードや西部のゴールキックの精度がめちゃめちゃ低くて、「なんじゃそりゃ?」って感じでした。

イワシやボスナーは良い時は良いんだけどね。
むしろ平岡のフイードの方が安定してると思った。
西部っちはゴールキックもっと練習してください。お願いします(え?)


結局、試合はこのまま終了し、2-0でエスパルスが勝ちました。
試合後のスタッツ見ると、90分通してのシュート数は清水が12、川崎が13と、川崎の方が上回ってましたけど、枠内にあんまり飛んでなかったのが幸いです。


さて、エスパルスの次節の日程は以下のとおりです。

【リーグ戦】
9/11(土)15:00 NACK vs 大宮アルディージャ

【ナビスコ杯】
9/1(水)19:00 味スタ vs FC東京
9/8(水)19:00 アウスタ vs FC東京

ちなみに、9/1味スタの試合は、ドリスタやってるドリームウェーブ静岡さんが中継してくれるそうですよ!



| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。