PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【リーガ第3節アトレティコvsバルサ】カルデロンはやっぱり鬼門

前節エルクレスにまさかまさかの敗戦を喫したバルサですけども、直後のCLパナシナイコス戦では出来過ぎ!ってくらいの美しいバルササッカーで完勝し、良いムードのままリーガ第3節に臨みました。

が!!

そんな第3節の相手は、バルサがどうも苦手意識のあるアトレティコ・マドリー。
しかも、アウェイのビセンテ・カルデロンです。
昨シーズンバルサは、第3節のホーム戦は5-2で勝ったものの、第22節のビセンテ・カルデロンでは、1-2でアトレティコに負けています(汗)

しかしながら、アトレティコはヨーロッパリーグから中2日というハードな日程。
しかもアウェイのギリシャまで行って負けてるかんね(汗)
選手たちのコンディションが回復するにはちょっと時間が足りなかったかもしれません。

実際、この試合は雑なファウルも多くて荒れた内容になってしまいました。
主審のジャッジが最初からどうも基準がぶれていて、両チームの選手たちにだんだん主審に対する不信感の色が出ていたのがはっきりわかったんですけど、雑なファウルが増えるのってハードスケジュールによる選手たちのコンディションにも問題があるんじゃないかと思うんですよね。

疲れた体では、切り返したり急に止まったりってプレーがいつものようにはできないと思うんですよ。
それは、私自身がサッカーやってるのですごく感じます。
1月にママさんサッカーの大会があって、1日で2試合やった時なんか、2試合目にはボール持った相手に寄せて行ってギリギリのところで止まろうと思ってもなかなか止まれないし、タックルに来た相手の足を避けることもままならない(汗)
それでも残ってる力を振り絞ってプレーしようとするから、余計に危険なんです(汗)
疲労によりプレーのクオリティが落ちるのは、例えプロでも同じだと思うんですよね。

この試合も、前半こそ「点の取り合いになるか?」って感じの面白い内容でしたけど、後半は両チームともグダグダになってる感がありました。
疲労感でグダグダな試合ってやる方も大変なら見てる方も面白くないから、せめて中3日以上は空けて欲しいなぁと思います。ホントなら1週間空いて両チームがベストコンディションでやるのが一番良いんだけどね。

とにもかくにも、そんなこの試合のスタメンは以下の通り。

GKバルデス、DFマクスウェル、プジョル、ピケ、アウベス、MFイニエスタ(91min→マスチェラーノ)、ブスケツ、チャビ、FWビジャ(78min→ケイタ)、メッシ(94min→ボヤン)、ペドロ

SUB:ピント、ミリート、アドリアーノ、ボヤン、ケイタ、マスチェラーノ、チアゴ

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!





立ち上がりはアトレティコの高い位置からのプレスに随分と苦しめられた印象でした。
バルサの場合、中盤から前の選手に比べるとやはり守備陣は足下の技術が若干劣るため(バルサの中盤、前線に比べたらね)、最終ラインにプレスかけられるとホントヒヤヒヤします(汗)
特にギリギリのところでバルデスたんにバックパスしたりすると心臓バクバクだよ(汗)
個人的にはプジョルのところにモーレツプレス行かれて、プジョルからバルデスにバックパスするパターンが一番コワい(笑)どっちも焦ってるから(笑)
見てるこっちも焦るわっ!(あはは)

それと、マックス、アウベスの両SBが上がってる時にブスケが最終ラインに吸収されてスリーバック気味になることが多いんだけど、ブスケの最終ラインでのさばきもヒヤヒヤするからキライです(笑)
ゴールを背にしたところで相手を交わそうとボールこねこねされたりすると、「シンプルにさばけ!!」と、母さん思わず怒鳴りたくなります(母さん?)
ブスケは下がった位置より高めの位置で攻撃にからんだ方が良いと思うんだよねぇ。

アトレティコはボールを前に出すのを遅らせる為に前線はプレスを一生懸命かけてましたけど、中盤から後ろはやはり動きが若干鈍い感じで、バルサは高い位置でのプレスをかいくぐって前線までボールを遅れれば、そこからは割とスムーズにビルドアップできてたと思う。

しかし、前線にメッシ、ペドロ、ビジャと、個の力で突破できる選手が揃ったことで、イニエスタ、チャビが前線へ飛び出す機会がこれまでより若干減った気がします。
まあ、前線の3枚の後ろにさらに攻撃力を持った中盤がいることで波状攻撃はできますけど、イニーチャビのコンビネーションプレーからの得点が大好物な私としてはちょっとさみしい(笑)

ここんとこ先に失点することが多かったバルサですけども、この試合では前半13分にペドロの素晴らしいスルーパスからメッシたんが飛び出してGKと一対一になり、落ち着いてゴールファーサイドの隅を狙ってシュートを決めます。

これはチャビ(←確か)の縦パスからビジャが打ったシュートがポストに当たって跳ね返ったところをペドロが拾い、キープして一瞬タメを作ってから走り出したメッシに合わせてスルーパスを出すと言う、ペドロの好プレーから生まれた得点でした。

前々から書いてるように、若手ではボヤンくんにもっと頑張ってもらいたい派なんですけども、ゴールヘの意識も高く、それでいて周りも使えるペドロの方がやっぱボヤンくんより便利に使えるんだろうなーと思います。
1試合通してみてても、ペドロは攻撃だけでなく守備の意識も高い。
ボールを奪われた時の守備への切り替えが、多分バルサの中で一番早いんじゃないかなーと思いますね。

先制した勢いで追加点を奪いたいバルサでしたけど、前半25分にセットプレーからラウール・ガルシアにヘディングで押し込まれて同点に追いつかれます(汗)
マジでセットプレーに弱い(汗)
ただし、ここまでフォルランやアグエロにはあまりお仕事はさせてなかったと思う。
特にアグエロはELの疲れかあんまり存在感もなかったですね。
それでもやっぱり、前線でアグエロやフォルランがボール持つとコワかったけどね。
アグエロもフォルランも、どちらかがボール持った瞬間にどちらかがすごい勢いで動き始めるかんね(汗)
まあ、フォルランは私の中では王子様なんで、どうせ失点するならラウール・ガルシアじゃなくてフォルランに決めて欲しかったんですけどね(は?)

さて、失点から8分後、今度はバルサがセットプレーから勝ち越し点をゲットします。
ゴールを決めたのはなんとピケ!(笑)←なぜ笑う?(笑)

この試合でもピケは最終ラインからボール持って果敢に上がって攻撃参加してましたけども、セットプレーではぴったりくっつかれてる相手DFに一旦体当ててから下がって自分でスペース作って胸トラップ。落ちたボールをすかさずシュートで勝ち越し点をゲットしました。
相手のマークを外すあの小技はとっても参考になりましたね(笑)
私は背が高いのでセットプレーのときガッチガチに相手にマークされちゃうんですけど、マークを外す動きがなかなかできないんだよねぇ(汗)空中戦もコワいし(ええー!)

てなわけで、前半は2-1で終了。

後半に入ると、両チーム、特にアトレティコの選手に疲労が色濃く出始め、雑なプレーが増え始めました。
実況さんが「アトレティコは昨シーズン最もファウル数の少なかったクリーンなチーム」と言ってましたけども、その言葉を疑いたくなるくらい雑なファウルが多かった(汗)
でもまあ、疲れから足が思うようにでなくなったら、そりゃ手が出るわな。

後半は前半よりもバルサが押し込む時間帯が長く、チャビ、ペドロ、ビジャが幾度となくシュートを打ちますが、アトレティコのGKにことごとく阻まれました。
このGK良かったですね。
まだ19才だそうで、幼さの残る表情が全っ然頼りにならなそうなんだけどね(ひどい)

さて、後半はスコアが動かないまま45分を終え、ロスタイムに突入。
アウェイのビセンテ・カルデロンで勝って終われると歓喜の瞬間を待ち構えていたとき、それは起こりました。

後半94分にドリブルで駆け上がろうとしたメッシをウィファルシが倒して、メッシまさかまさかの負傷退場(汗)最初はそんなにひどい接触に見えなかったので、メッシたんもすぐに起き上がるだろうと思ってたんですけど、そんな私の願いもむなしく、メッシたんは担架に乗せられてそのまま退場してしまいました(涙)
担架の上で顔を覆って泣いてるようにも見えたメッシたんは、もしかして自分で自覚したくらいの大けがなのか???と心配になりましたけど、公式HPによると右足首外側靭帯のねん挫で、骨への損傷はなかったそうです。良かった。良かった。

今後、水曜のヒホン戦、土曜のビルバオ戦は欠場。その後はケガの回復状態を見て復帰次期を判断するとのこと。
ご存知のように、メッシたんは10/8に日本代表との親善試合で来日することになってますけども、出場はかなり微妙ですね。日本に来れなかったらすごく残念だけど、でも、親善試合のためにムリはして欲しくないな。

メッシたんは担架で運ばれ、ウィファルシはこのファウルタックルにより一発レッドの退場。2-1で勝ったものの、なんとも後味の悪い終わり方となりました。
カルデロンはやっぱバルサに取っては鬼門ですね(汗)

メッシたん欠場が決まってる今後の2試合はやはりボヤンくん起用でしょうか?
ボヤンくんにはこういうチャンスを活かして欲しいなぁ。
メッシたんが安心してケガの治療に専念できるように、ボヤンくんが大活躍してくれることを祈ります。
シーズンはまだ始まったばかりだからね。
メッシたんには焦らずじっくりケガを完治させて、万全な状態になってからピッチに戻って来て欲しいです。

| コメント(2件) | TOP↑

COMMENT

こんにちは。

勝った事は嬉しいんですが、素直に喜べませんね。ウィファルシもクンの携帯でメールで謝罪したみたいですけど、電話で謝って欲しいな~。ペップも毎回言ってますが、悪質で危険なファウルが出ないように主審には試合をコントロールしてほしいです。これ以上メッシが怪我する姿は見たくありません。

今日の試合についてはデ・ヘアが素晴らしかったので追加点はなりませんでしたが、得点を感じさせるプレーはいくつもあったので、これから決定力を上げていってほしいです(特にビジャには)。
あとゴトーさんもおっしゃってるように、ボヤンはセンスは十分にありますが、決定力や守備力や若さ(ペドロの方が年上ですが元気ハツラツって感じ)においてはペドロの方が上回っていてスタメンにふさわしいのかなと思います。
次節はイニが前に来て、ケイタさんがスタメンかな~・・・もっとボヤンみたいですね。

| ystk | 2010/09/21 13:47 | URL | ≫ EDIT

>ystkさん

コメントありがとうございます!

アトレティコはあきらかにELの疲れが見えてた試合だったので、勝っても何かすかっとしませんでしたね。
ウィファルシのファウルは確かに悪質でしたけど、本文にも書いたように、疲れが残ったままでの試合というのもこういう危ないプレーを誘発する原因だと思うんですよね。
やはりハードな日程での試合はあんまりやって欲しくないなぁと思います。

アトレティコのGK、ホント良かったですね。
ぱっと見細くて頼りない感じなのになぁ(笑)

メッシたんのケガでボヤンくんにもスタメン出場の可能性があるかなぁと思ったんですけど、確かにペップならケイタを起用してイニを前に起きそうですね。
うーん。ボヤンくんもコンスタントに出場機会があれば、ペドロみたいに試合を重ねるごとに成長して行くんじゃないかと思うんですけどねぇ。
せっかく「9」を背負ったので、もっと活躍して欲しいですね。

| ゴトー | 2010/09/22 12:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。