PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【欧州CLバルサvsルビン】教えて!!エラい人!!

【質問】どうしてバルサはルビンに勝てないのですか?

ねえねえどうしてー?どうしてーーー?
教えてー!エラい人!!

おせえてぇぇぇぇぇぇぇ!




あ、どうもこんにちは、ゴトーです。
ちょっと取り乱してしまいました、すんません。

欧州CLグループリーグの第2戦が28.29日の2日間に渡って行われました。
結果は以下のとおり。

2010/9/28
スパルタク・モスクワ 3-0 ジリナ
バーゼル 1-2 バイエルン
パルチザン 1-3 アーセナル
ローマ 2-1 CFRクルージュ
ブラガ 0-3 シャフタール
オセール 0-1 レアル・マドリー
アヤックス 1-1 ミラン
チェルシー 2-0 マルセイユ

2010/9/29
ルビン 1-1 バルセロナ
インテル 4-0 ブレーメン
バレンシア 0-1 マンチェスター・ユナイテッド
パナシナイコス 0-2 コペンハーゲン
レンジャーズ 1-0 ブルサスポル
Hテルアビブ 1-3 リヨン
シャルケ 2-0 ベンフィカ
トッテナム 4-1 トゥエンテ

バルサはアウェイでルビンと対戦。
ルビンと言えば、忘れもしない昨シーズンのCLグループリーグでホーム・アウェイの両方とも勝てなかったあのルビンですよ。
勝てなかったどころか、ホームカンプノウではまさかの敗戦を喫したあのチームですよ。
何コレ、絶対UEFAマジック発動したでしょ?

って、そんなことはともかく、そんなルビンにバルサはまたしても勝てませんでした。
なんでだろう なんでだろう (←テツトモじゃねーです)

ドン引きになる相手に苦しめられることはあるけど、今日は何回か崩せてたのになー。
呪われてるかのようにシュートが決まりませんでしたね。
ペドロもイニエスタくんもメッシたんも…(他にもいたような…)
あれってもう、ルビンの監督の神頼みが効いてるようにしか思えないんですけど。
誰かベルジエフ監督のあの数珠みたいなヤツ奪って来てくださいよ、マジで。

とりあえず、この試合のスタメンは以下の通り。

GKバルデス、DFアウベス、ピケ、プジョル、マクスウェル、MFマスチェラーノ(60min→メッシ)、ブスケツ、チャビ、FWイニエスタ、ビジャ(84min→ボヤン)、ペドロ

SUB:ピント、ミリート、アビダル、ケイタ、チアゴ、メッシ、ボヤン

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



さて、ルビンと言えば昨シーズンのCLでは、ドン引きでゴール前固めつつも数少ないチャンスをモノにしてバルサを下した…という印象ですけども、今シーズンもまさに同じサッカーでしたね。

試合開始直後から自陣に引きこもったルビンは徹底的にスペースを消し、狭いところを通そうしたパスをカットすると、一気に前線にボール送ってカウンターで攻める。
バルサはほぼ全員がルビン陣内に入り込んでボール支配しますが、スペースを消されてなかなか縦に効果的なパスを入れられませんでした。
さらに、ここんとこバルサ対策としてポピュラーになりつつある、CBのピケ、プジョルにモーレツプレスをかける戦術をとられ、プレスを避けるパス回しばかりでなかなか効果的なパスが出せない。こうなったとき、やっぱズラタンみたいなターゲッターがいないと前線にボール送るの難しくなりますね。
ピケからのロングフィードもサイドからのクロスも跳ね返されてなかなか前にボール収まらないしね。

今節は珍しくマスチェが先発でアンカー、ブスケは一つ上がってケイタの位置でのスタートだったんですけど、逆に今日の試合ではケイタの方が2列目から効果的な動きで攻撃にからめたんじゃないのかなぁと思います。
ブスケはチャビと並行してパスを横から横へ流してる場面が目立って、あんまり縦への動きが見られなかったと思う。
ブスケも良い時は頻繁にゴール前に顔出したりできるし、背も高くて競合いにも強いので、そういう意味でも今節は一つ高い位置でのプレーになってたんじゃないかと思うんですけど、普段、ボランチやってるときとあんまり変わらなかったような気がします(汗)
やっぱ、あんだけゴール前を固められたら横だけじゃなく縦の動きでも相手を揺さぶるしかないと思うので、サイドにボールを振りつつ、2列目から縦への仕掛けがもっとあった方が良かったんじゃないかなーと思う。

それと、やっぱり効果的なのはイニエスタとかメッシたんみたいに、ボール持ったらとりあえず自分で仕掛けることですよね。
スペース消されてる以上、ワンタッチでもパスがカットされる可能性も高いし、あのキツキツのエリアで細かいパス回すのは厳しい。
でも、とりあえずボール持ってる人が仕掛けてくれればそこで相手の守備の陣形も少し崩れて、そこからスペースやパスコースが生まれたりするわけで、やっぱ突破力のある選手って必要だなーと思うよ。
まあ、正直言えばメッシたん使わずに勝って欲しかったんですけどね。
ってか、メッシたん使ったのにもかかわらず勝てなかったけどね(汗)

しかしバルサはカウンターに弱いですね(汗)
特に、マックス、アウベスの両SBが上がった後ろのスペースにボールを出された時、相手選手が駿足だったりするとピケやプジョルが追いつけなくてたちまち大ピンチですよ(汗)
マックスやアウベスが高い位置でプレーしてて戻るのも遅くなるので、ピケやプジョルがサイドに引っぱり出される分、アンカーのマスチェやブスケあたりが最終ラインまで戻って守備しなきゃいけなわけなんですけど、ブスケなんかはこういう大事なところであっさり交わされたりするのでヒヤヒヤします(汗)

ゴール前をびっしり固めて超守備的に戦いつつ、ボールを奪うとカウンターに転じるルビンが、前半29分にとうとう先制します。
カウンターからルビンの選手がゴール前にドリブルでボールを持ち込んだところをアウベスがエリア内で倒しPK献上。バルデスが反応するも、ボールはゴールに吸い込まれました。

あ~あ。

最近、相手に先にゴール決められるのがお決まりみたくなってね?(汗)
まあ、パナシナイコス戦みたいに、ここから本気出して攻撃力爆発させてくれれば良いや…と思ってたんですけど、結局バルサの攻撃力はこの日は不発に終わりました。

まあ、最初にも書いたように、ガッチガチのルビンの守備を何度か崩してはいたんですけどね。
でも、相手GKがシュートを止めるたびにどんどんノってきちゃって、打てども打てどもゴールには入らず(汗)
ペドロのシュートが1本でも決まってたらまた違った流れになったと思うんだけど。
それでも、後半15分にイニエスタくんが相手エリア内にドリブルで侵入したところを後ろから倒されてPKゲットし、これをビジャがきっちり決めて同点に追いつきました。

この後もバルサは何度か相手守備陣を崩したものの得点には結びつかず(汗)
結局試合は1-1のドローに終わりました。

ちなみに試合終了間際にビジャに代わってボヤンくんがピッチに入ってますが、実は全然記憶にございません(汗)
いつの間にか寝落ちしていた模様(ええー!)
CL見るのもツライよ(笑)
バルサのゴール祭りだったら眠くならなかったかもしれませんけど(笑)

てなわけで、バルサは1勝1分けでただいま勝ち点4となっております。
グループDはコペンハーゲンが2勝で勝ち点6、バルサが4、ルビンが1、パナシナイコスが0となっています。
CL次節は10/20、ホームカンプノウに現在2勝中のコペンハーゲンを迎えます。

リーガの方は、今週末第6節のマジョルカ戦がホームカンプノウで行われます。
放送予定は以下の通り。

■10月3日(日)深夜1:58 LIVE WOWOW 191ch
ちなみに、前節暴力行為で一発退場となったビジャはマジョルカ戦はサスペンションです。ただし、ビジャの出場停止は1試合で済むことになったそうで、とりあえず良かった(ホッ)

しかし、アウェイのルビン戦から中3日とハードなスケジュールですなぁぁ(汗)

やる方もですけど、見る方も(笑)

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。