PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【リーガ第7節バルサvsバレンシア】楽しさ半分はがゆさ半分

リーガ・エスパニョーラ第7節。
バルサはホームカンプノウに好調バレンシアを迎えての一戦です。

ご存知のとおり(?)私は「バルサファンだけどバレンシアも好き」と言うクレの風上にもおけないミーハーでして、それ故、このカードはクラシコと同じくらい超超超楽しみにしておりました。

ただ、元々「スペイン代表好き」からバレンシアも見るようになったので、自分の中では「ビジャとシルバがいなくなったバレンシアを今年も楽しいと思えるのかどうか…」ってのはわからなかったんですよね。

でも、ビジャやシルバがいなくなってもバレンシアはバレンシアだった。
だって、監督のエメリんも好きだし、ピンクが似合わな過ぎるところが萌えポイント(え?)のGKセサル様もいるし、スペイン代表のマタやパブロもいる(アドゥリスもね)
さらに、バネガたんや今季加入のティノたんなんかはすごく好みのタイプだしね(顔じゃねーよ、プレーがね)

てなわけで、ここまで書くとなんかバレンシア押せ押せ!!な感じですけど、そこはやっぱ優先順位から行くと1番バルサ、1.5番(←?)バレンシアなので、最終的にはバルサに勝って欲しいわけですよ。
でも、いつぞや(昨シーズンだっけ?)のカンプノウでの対戦のようにバレンシアがボッコボコに負けるのは見たくないので、できれば点の取り合いで3-2くらいでバルサが勝つと良いなー…とか、超都合のいいことを考えてた私でした(笑)

そんなこの試合の両チームのスタメンは以下の通り。

●バルサ
GKバルデス、DFアウベス、ピケ、プジョル、MFチャビ(78min→マスチェラーノ)、ブスケツ、ケイタ(87min→アビダル)、FWイニエスタ、メッシ、ビジャ(80min→ペドロ)

SUB:ピント、アドリアーノ、アビダル、ペドロ、ボヤン、マスチェラーノ、チアゴ

●バレンシア
GKセサル、DFブルーノ、ナバーロ、リカルド.コスタ、ジョルディ・アルバ、MFアルベルダ、フェルナンデス、パブロ、マテュー(81min→ビセンテ)、バネガ(66min←マタ)、FWソルダード(62min→アドゥリス)

SUB:モイ、ティノ、スタンケヴィシウス、トパル、ビセンテ、マタ、アドゥリス

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村



今さら言うまでもありませんけども、元バレンシアのビジャは古巣対決です。
ピッチに入場する前にビジャがバレンシアの選手たちとニコニコハグハグする場面を心待ちにしておりました(笑)

バレンシアを離れる時にバレンシア公式HPに公開されたビジャの手紙にはクラブを愛する気持ちがたくさん詰まってたので、ビジャに取ってこれはきっと特別な試合なんだろうなーとか、勝手に妄想してワクワクしておりました(笑)
まあ、そんな場面は期待してたほどは映ってなかったけど(笑)

あ、あと、チャビがバネガたんと親しそうーに話してたのは「なして?」と思いました(笑)メッシたんつながり?

そんなことはともかく、試合の方ですけども、前半はバレンシアの勢いがすごかったですね。「すごかったですね」…って自分のボキャブラリが貧困すぎて「くっそ!!」ってなるくらい、すごかったですね(←意味不明)

バレンシアのスタメンで出てたMFのフェルナンデスはねぇ、正直言って昨シーズンまではあんまり好きじゃなかったんですよね。…というのも、試合に出ててもあんまり良い仕事してたイメージがなくて…。
だから、せっかくのバルサ戦なのになんでフェルナンデス?って最初思ったんですよ。
バネガたんが復帰して来たのはめちゃめちゃ嬉しかったですけど、バネガたんがトップ下ならダブルボランチはアルベルダとティノかティノとトパルで良くね?…と。

でも、フェルナンデスは去年のフェルナンデスじゃなかった!!
なんかすごい良かったんですけど!!(笑)
まあ、若干相手への当たりが激しくて危なっかしいのは去年と変わってない感じですけど(汗)

バレンシアのスタメン見ると、マテューがSBじゃなくてハーフで、いつもいるマタがベンチスタートってことで、これはもしかして「守備的」な布陣?と思いました。
左サイドにマテューとジョルディ・アルバを縦に並べてアウベスの上がりを阻止しようという作戦か…と。
ちなみに、バレンシアのベンチにはスタンケヴィシウスも入ってましたけども、先日のスペインvsリトアニア戦をエメリんが見てたら絶対に彼の起用はないだろうな…と思いましたね(笑)
スタンケヴィシウスはビジャに抜かれまくりだったかんね(汗)

ビジャは古巣からなんとしても一点取りたかったでしょうけど、前半だけ見ると古巣のメンバーたちに完全に動きを読まれちゃってる印象でした。
まあ、オフサイド取られたりはバレンシアに限らずいつものことですけど、さすがバレンシアのメンバーはビジャの動きを良く知ってる感じで、切り返しにも振り切られる場面はそんなになかったように思います。
どちらかと言うとビジャの方がやりにくそうだったもんなー。

前半はバレンシアのボール支配率の方が高く、バルサにはケガで欠場中だったチャビが帰って来たと言うのに、あのバルサの中盤がバレンシアに負け負けな印象でした。
解説の安永氏なんかは「こんなに悪いバルサは見た事ない」とか言ってましたけども、チャビやイニエスタくんがボール触れなかったり、ボール持ててもあっさり取られたりなんて試合、私もそんなに見たことない気がする。
それくらい前半のバレンシアは寄せが早くて運動量も圧倒的に多かった。

バレンシアの勢いにのまれちゃってるのかなぁ…と思ったんですけど、前線でメッシたんがちんたら歩いてるの見たらわかった。そうか、代表戦疲れか(汗)
そういえば試合開始前に実況が「バルサは代表戦後の戦績が悪い」と言ってたっけ。
チャビは代表招集外だったとは言え、ケガ明けだしきっと体重かったんでしょう。
メッシたんもさぁ、「足まだ痛いよぉ」って言って日本来なければ良かったのに(ひどい)

まあ、バルサの場合、押し込まれつつも相手の様子を見ながら自分たちのペースを待つ…ってこともできるので、そのうち一気に形勢逆転するだろう…って思ってたんですけども、形勢逆転するどころか、前半37分にバレンシアに先制点決められます(汗)

センターライン付近でアルベルダ(多分)からパス受けたマテューが中のバネガたん(多分)に一度ボール渡して駆け上がり、これをバネガたんがマテューの前方へスルーパス。再びマテューがこのボールをゴール付近まで運んで、ゴール前に入って来ていたパブロにマイナスのパス入れ、パブロがこれを押し込みました。
うーん、これはキレイな形だったねー。
って感心する一方で、バルサ守備陣のドタバタっぷりにはちょっと切なくなったけどね。
みんなボールウォッチャーになってて、ゴール正面に入って来てるパブロを誰も見てないしね。

この直後にも右サイドから完全に崩されてパブロ2点目の大チャンス…って場面がありましたけども、パブロのシュートはバルデスの正面でした。
バレンシアの先制点は「まだ1点目」ってこともあって素直に喜んだんですけど、2点も取られるとバルサが超厳しくなるのでさすがに「きゃああ!!」って悲鳴あげました(笑)

結局前半はバレンシアが圧倒的に攻め込み、バルサは防戦一方でした。
そんな中でも何度か得点のチャンスもありましたけども、ピンクのセサル様に阻まれてゴールはできず0-1で終了。

さて、これはハーフタイムにペップの大目玉をくらうだろうなーと思ってたんですけども、案の定、後半はバルサが試合開始から果敢にボールを奪いにいき、バレンシア陣内に攻め込みます。
まあ、大目玉くらったのかとどうかは知りませんけどね(笑)

前半全然存在感なかったチャビやイニがボールによくからむようになり、なかなか上がれなかったアウベスも右サイドの高い位置で攻撃にからむようになりました。

で、わずか試合開始2分後、イニとチャビのゴール前ワンツーからイニがゴール決めて同点に追いつきます。
これ、一度チャビにボールを預けた後にチャビの縦パスにイニが抜け出す場面は、ともするとオフサイドくさいんだけど、決定的にわかるリプレイをやらないんだよねぇ(←これが余計にクサい)
バレンシアの選手たちも「オフサイ、オフサイ」って感じでイニエスタくんの飛び出しに反応してないので、やっぱオフサイドじゃね?って思うんですけど、美しいゴールだったのでまあいいか(えー)

で、この場面のイニエスタくんとチャビのコンビネーションがなんか久々見たなーって感じでめっちゃ良かったんですけども、うちのパパったらそれ見て一言「イニエスタって増毛してるっぽくね?」

…って、おいっ!!どこ見てるんだYO!!

まあ確かに不自然に濃くなってる気が…(以下自重)

早い時間に同点に追いついたので、後半まだまだスコア動きそうだなーとは思いましたけど、バレンシアは前半に比べるとがくっと運動量が落ちちゃって前半と後半の形勢が完全に逆転してる感じでした。
相手の足が止まってプレスが弱まったら、バルサは「待ってました!!」とばかりに自分たちのサッカーを始めるよね。前半と打って変わってバルサがボール支配するようになり、バレンシアは中盤でほとんどボール触れなくなってました。

私としてはバレンシアは2点目取られる前に動いた方が良くね?って思ってたんですよね。フェルナンデスも後半に入ってからは運動量が落ちてたので、ティノとかマタとか入れれば良いのに…と思ってたんですけど、そうこうしてるうちに後半18分にプジョルにヘディングシュート決められて2-1とバルサが勝ち越し。

ほーらーねー。

ショートコーナーからチャビが中に入れたボールをプジョルがすんごい勢いで頭で押し込みました(笑)
マジど根性プジョルって感じのヘディングシュート。
でもビックリしたのはその後!!
ゴールした後に両手でハートマーク作ってスタンドに見せてたんだよ!!プジョルが!!(笑)一瞬ぞくっとしました(ひどい)
彼女(←21才のモデルさんだそうですよ)に向けた愛のメッセージらしいですがね(笑)

厳密に言うと、このプジョルの得点の直前にエメリんはソルダードに変えてアドゥリスを投入してるんですけど、この交代はあんまり流れ変えれる気がしなかったですね。
点取りに行く気持ちが強かったならアドゥリスとソルダードのツートップにしても良かったんじゃないかと思うし。まあ、バルサの攻撃を考えると難しい選択ですけども。

失点後にはバネガたんに代えてマタを投入。
むしろアルベルダかフェルナンデスのどちらかを下げてバネガたんは残しといてくれよ…と思ったけど、ケガ明けだったし大事をとったんでしょうか。
その後35分にはマテューに代えてビセンテ投入し活性化図るも、結局流れを変えることはできず、試合は2-1でバルサが勝ちました。

前半は良いバレンシアと悪いバルサ、後半は良いバルサと悪いバレンシアと、全後半で完全に真逆な内容になってましたね。まあ、「最終的にはバルサが勝つと良いな」…と最初にも書いたように結果は確かにバルサが勝ったんで良かったですけど、前半のバルサと後半のバレンシアがとても残念な感じで、そこはどうにもはがゆい試合でした(笑)

てなわけで、ここまで首位だったバレンシアは一気に3位に後退。バルサは2位に浮上です。今節マラガに勝ったマドリが現在暫定1位ですけど、明日の早朝に行われるビジャレアルvsエルクレスでビジャレアルが勝てば、ビジャレアルが首位となります。
勝ち点は1位から4位までがそれぞれ1ポイント差と僅差だし、まだ開幕したばかりなので順位はそんなに気にしてないですけどね。
バルサは黙ってても首位争いの中心になるでしょうから、バレンシアにも頑張ってこの先頭集団に着いて行って欲しいと思います。

さて、今週はミッドウィークにCLがありますよ。
バルサはコペンハーゲンと、バレンシアはレンジャーズと対戦です。
テレビ放送の日程は以下の通り。

バルサvsコペンハーゲン 10/20(水)深夜3:30 スカパー!e2 ch.801
レンジャーズvsバレンシア  10/20(水)深夜3:30 スカパー!e2 ch.804

メッシたんがすごくお疲れモードだったのが気になります。
コペンハーゲンなんて食器以外で聞いたこともないチームですけど(←失礼)、油断してルビンみたいに負けないでください。お願いします(笑)

| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。