PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【プレミア第9週アーセナルvsマンチェスター・シティ】アウェイで快勝!!

今さら感たっぷりですけども、先週末に行われたアーセナルvsマンチェスター・シティの感想をさくっと書いとこうと思います。

ここ最近のシティと言えば、金にモノを言わせてウイイレ並みにビッグネーム集めてる印象で、当然ながらそういうチームには負けて欲しくない。
おまけにアデのガナサポ挑発事件なんかもあったし、今節はぜひ大差をつけて快勝してほしい!!…と思ってたグナーは私だけじゃないはず。

しかしながら、今季のマンCにはシルバたんがいるわけですよ。
スペイン代表好きでバレンシア好きの私にとっては、マンCのシルバたんを見るのは非常に複雑なわけで…。
なんでそんな強面集団の中に入ってしまったんだろう、シルバたん。
まあ、周りが強面過ぎるのでシルバたんの「ダサかわゆさ」が3割増に見えなくもないですけども。
あ~、バレンシアでビジャとかマタとかバネガたんとか、こつぶでかわゆい仲間たちとキャイキャイやってた頃がなつかしい(キャイキャイ?)

まあ、そんなわけで、私的には、シルバたんはキレッキレで、でもアデは全然ダメダメで、そんでもってアーセナルがいっぱい点取って快勝!!ってのが理想のシナリオでした(←超自分勝手)

とにもかくにも、そんな今節のスタメンは以下の通り。

GKファビアンスキ、DFサニャ、スキラッチ、ジュルー、クリシ、MFデニウソン、ソング、セスク(83min→ウォルコット)、ナスリ、アルシャビン(69min→ロシツキ)、FWシャマク(83min→ベントナー)

SUB:スチェス二ー、コシェルニー、ギブス、エブエ、ウォルコット、ロシツキ、ベントナー

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています



さて、アーセナルは立ち上がりからガンガン前がかりで行くんだろうなーと予想しつつ見てたらば、なんと試合開始4分で相手のCBが一発レッドで退場という衝撃的な事態発生!!!

ちょっ!!マジ早くね?そのジャッジ。
まあ確かにGKと一対一になろうとしてたシャマクを倒してるので、決定的得点チャンスの阻止でレッドはレッドですけども、開始4分でなんの迷いもなく一発レッド出せる主審とかそんなにいないんじゃね?
誰だ?主審。

…と思ったら、なんとクラッテンバーグじゃああーりませんか!!
キレのあるシグナル(ジャッジングのポーズ)と主審のくせに無駄に二の腕が筋肉ムキムキのクラッテンバーグさんですよ。
選手が抗議に詰め寄った時のあの「はい!ウルサいっ!!」「はい!文句言うなー!!」って感じに両手をピシッと広げるシグナルが超好きです(←わかりにくい)

さて、開始4分で10人になっちゃったマンCですけども、元バルサのヤヤさんがいたのは結構大きかったんじゃないですかね。ヤヤさんはボランチもCBもできるので、CBが一発レッドの退場になっても交代カードは使わず、ヤヤさんが対応してたと思います。

でもって、このヤヤさんが前半は地味だけど実に良いお仕事してました。
マンCはテベッさんがワントップ気味でシルバたんは一つ下で割と自由に動いてたと思うんですけど(フォーメーション定かじゃないですけど)、ヤヤさんとシルバたんの縦の関係はホントに息が合っててここはコワかったですね。

とは言っても、アーセナルはセスクの復帰もあってパスがよく回り、前半20分にナスリがシャビンとのワンツーから先制ゴール決めます。ナスリんのシュートはいつも豪快で気持ちいいね。シュートうまい!!

ここからアーセナルのゴール祭り始まるかなーと思ったんですけど、マンCの激しいフィジカルアタックに苦しめられ、なかなか追加点取れず。前半40分にはドリブルで仕掛けようとしたセスクがエリア内で倒されてPKゲットしましたが、セスクのPKはGKハートにファインセーブされてしまいました。
コレ、ホントファインセーブでした。
ってか、GKハートはマンCの強面集団においては割とイケメンだなぁ…と全く関係ない事を考えておりました(おいっ!)

てなわけで前半は1-0で終了。

始まった後半、マンCは前半かなり効いてたヤヤさんをなぜか下げてきました。
なんで?ヤヤさん下げたらダメじゃん。ダメに決まってるじゃん。…って思ったらば、どうやらヤヤさん負傷交代だったようです。
しかし、ヤヤさんはやっぱ良い選手だと思ったよ。
個人的にはバルサにいた時にブスケよりヤヤさん派だったので、つくづく「なんでヤヤさん出したのかなぁ」って思ったよ。

案の定、ヤヤさん下がったらマンCは途端に前にボールつなげられなくなって、シルバたんもテベッさんも極端にボール触る機会減りましたね。触ろうとして低い位置まで下がって来ちゃうからアーセナルにとっては全然コワくなくなってた。
これ見てマンチーニさんはすぐにテベッさんに代えてアデを投入。
でもねぇ、根本的に違うと思った。つなぎがうまく行ってないのにアデ入れてもダメじゃね?
長いのボンボン前に放り込もうって魂胆だったのかな?だったらシルバたんいらねーし。

そんなこんな、後半20分にセスクからゴール前のシャマクに縦パスが入り、これをシャマクが(多分ミスって)かかとで当てたところに、詰めてたソングがこれを豪快に押し込んで2-0と突き放します。

いやいや、ソング調子良いっすね。
ハートマーク出す当たり、私生活が充実してるのがプレーにも良い影響与えてる感じですよね。
この得点後にもすぐにハートマーク出そうとしてましたけど、シャマクに抱きつかれて阻止されてましたね。あはは。
まあ、その後しっかり出してましたけどね(笑)

この得点後にマンチーニさんはバリーを下げてバロテッリを投入。
点取りに行こうって采配だったと思うけど、バリーを下げたのも失敗だと思うよ。
ヤヤさん下がってからはこのバリーがすごい運動量で体張って守備してたかんね。
つーか、バロテッリってマンCに来てたのね、知らなかった。

アーセナルはこの日イマイチ動きにキレがなかったシャビンさまに代えてロシたん投入。
その後、セスク、シャマクに代えてウォルコット、ベントナーも入りました。

ってか、これ言っていいかどうかわかんないですけど(笑)、シャマクがベントナーに見えてしょうがないんですけど。
見た目じゃないっすよ。
ゴール前の決定的な場面で割と微妙なところが…(ひどい)
あと、ベントナーもですけど、一個下がった位置でのポストプレーとかボールキープはめちゃめちゃテクニック持っててうまかったりするでしょ。プレースタイルがすっごい似てると思うんだよなぁ。
シャマクの場合はまだ完全にアーセナルのサッカーにfitしてないだけ…ってのもあるかもですけど。
てなわけで、私の中でシャマクは微妙くん2号(もちろん1号はベントナー)になりかかってるんですけども、まあ、今季加入したばっかだし、もう少し様子を見てから決定します(←何を?)

ちなみにベントナーはこの試合で3点目を取ってるんで「なんだ、今季は微妙じゃないじゃん」ってちょっと思っちゃいましたけど、そう思ってるとゴール前でびっくら微妙プレーを披露したりするのがベントナーなので、今季も楽しみにしてます(え?)

結局試合は3-0でアーセナルの快勝!!
前半にはシルバたんのキレキレプレーも(ヤヤさんも)見れたし、アデは結局ほとんどいいとこなしだったし、最初に私が願った通りの展開&結果でめちゃめちゃ良い気分です(笑)

あとは、これでマンCが失速してガタガタと順位下げて、シルバたんがスペインに帰ってくれば万事OK(意味不明)セスクとシルバたんのハグハグの場面が見たかったんですけど、映ってた?見逃した?
まあ、スペイン代表でしょっちゅう見てるからいいんですけど(笑)

アーセナルは日本時間の明日早朝にカーリングカップでニューカッスルとの試合を控えています。
週末はリーグ戦でウエストハムと、来週週中にはアウェイでCLシャフタール戦とハードな日程が続きますけども、ケガ人も少しずつ戻って来てるし、これからもっと勢いのあるアーセナルサッカーが見れそうですね。

| コメント(2件) | TOP↑

COMMENT

新天地で笑顔
おはようございます。遅くなりましたが、4勝目おめでとうございます。

再放送ながらこの試合、久しぶりにアーセナルの試合を最初から全部見ました。
開始4分のカードがイエローならあんな荒れた試合にはならなかったと思います。19歳のCBにプロの洗礼…。ちょっと厳しすぎたように感じました。
立ち上がりは完全にマンCペースでしたね。テベスの折り返しをシルバのアウトサイドショートは圧巻でした。アーセナルのGKは、このシュートを止めたことで乗っちゃいました。こうなると何でも止めれるようになるのが不思議です。
それにしても、シルバはすっかりチームに馴染んできましたね。FKもCKも任せられてたし、対応が早くて安心しました。ラストパスを受けれなかった時の笑顔が好印象です。ピケもイングランドで成長しましたので、シルバも怪我なく成長し、いつかリーガ(できればバルサ)に戻ってくれればと願います。

マンチーニの采配は意図を感じなかったですね。去年みたく3トップに任せた攻撃なら、リスクが少なくて済んだのかな…。

| S-21番 | 2010/10/28 09:29 | URL | ≫ EDIT

>S-21番さま

コメントありがとうございます!!

確かにあのレッドカードはちょっと厳しかったですね。
あの時間帯に出すほどそんなに悪質でもなかったような…。
よほどケガの危険性のある悪質ファウルなら…ですけど。
あのレッドがなければもっと拮抗したゲームになってたかもしれませんね。

でも、それでもシルバたんが良いプレーしてたのはうれしかったです。
ヤヤさんと合ってましたね。
テベっさんが無理矢理シュートにいかずに、横にフリーでいたシルバたんに出してれば…ってシーンもあって、助かったような残念なような複雑な気分でした(笑)

私もいつかはシルバたんがリーガに戻って来てくれることを願ってます。

| ゴトー | 2010/10/29 15:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。