PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【J1第30節清水vs湘南】ありがとうベルマーレ ありがとうエスパルス

長谷川健太監督退任

ホームアウスタでFC東京に負けた10/30(日)頃にそんなニュースがネット上で出回り、11/2にはクラブからも正式発表がありました。

健太監督退任に加え、伊藤テル、市川、西部らベテラン選手や、母国での引退を希望しているヨンセンも退団…というニュースを見てから、私の心はずーーーっと曇ったままでした。
しかし、それに追い打ちをかけるように、DF青山も移籍を希望し、さらには、岡崎、淳吾に他クラブからのオファーという情報。
エスパルスはどうなってしまうんだろう…とネガティブな気持ちにならずにはいられなかった。

エスパサポだけでなく、このニュースは多くのJリーグファンの関心を集め、ネット上では様々な憶測も飛び交いました。

小野伸二の年俸が高過ぎるから、それを支払う為にベテラン勢を切った。
多くの選手を放出するけど経営難の為補強もできない。
清水は来季は降格争い決定だろう。

まあ、他チームサポさんたちは軽い気持ちで書いてるんでしょうけど、そういう一つ一つの意見にいちいち反応してイラついたり悲しくなったりしてました。

そんな、エスパサポに取って悲しいニュースが飛び交った後のアウェイ、セレッソ大阪戦は0-1で負け。
私の記憶が確かなら、よく1失点で済んだな…って内容だったと思う。
あんなニュースの後だから盛大に勝って欲しかったのに、やはり、選手たちにもメンタル面で影響があったんだろうか?…と思わずにはいられない情けない内容だった。

気持ちがどんどんどんどん沈んで行ったのは私だけじゃないはず。
Twitter上でも、エスパルスサポさんたちはみんな元気なかった。
悲観的なことをつぶやいてる人や、まだ移籍すると決まったわけじゃない淳吾に対して、名古屋の話を聞いたってだけで怒りをあらわにする人。
しょうがないよね。
これが落ち着いていられますかっ…ての。

だって、昔のようにシーズンが2ステージにわかれてたら、1stステージは文句なしの優勝だったわけだからね。
TVでも雑誌でも「エスパルス強い!」ってもてはやされて、ああ、あのころは本当に楽しかった(涙)
それに比べると、2ndステージはまるで地獄(汗)
1シーズンだけで天国から地獄に突き落とされた感じ。

だから、実を言うと昨日だってアウスタに向かう時、あんまり気持ちは上がってなかった。相手は今節負ければ降格が決定のベルマーレ。
最後にきっと意地を見せるだろう。
そして、そう言うところにエスパルスは弱かったりするのよ。

てなわけで、前置きがグダグダ長くなりましたけど、昨日の試合をさくっと振り返ってみます。

とりあえず、清水のスタメンは以下の通り。

GK西部、DF市川、平岡、ボスナー(45min→岩下)、太田、MF本田、兵働(83min→大前)、小野(69min→伊東)、FW淳吾、ヨンセン、岡崎

SUB:武田、児玉、岩下、伊東、枝村、永井、大前

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



相手はこの試合で負ければ降格と後がないことから、試合開始からガンガン前がかりに来るんじゃないか…と思ってたんですけど、思ったほどじゃありませんでした。
ただ、FWの田原は体が大きくてガッチリしてて当たり強いし、そこめがけて長いボール入れられるとちょっと怖い感じでしたね。当たり強い分、ファウル取られちゃうことが多かったですけど。

エスパルスは序盤はボール持ってる時間が結構長かったものの、ロングボールの精度が低かったりショートパスもダイミングが合わなかったりでなかなか決定機を作れず。

そうこうしてるうち、試合開始20分くらいに信じられない出来事が!!

なんと、相手のCK時にエスパルスのGK西部がゴールポストを破壊(笑)

正確に言うとポストじゃなく、ゴールマウス上部に取り付けてあったネットを支える細いボールが折れてしまったのです(汗)
これが、簡単に装着できるものじゃなかったようで、なんと補修のため10数分の試合中断(汗)
こんな経験初めてっすよ(笑)

その間、エスパルスの選手たちは何やら話し込んでコミュニケーションを取っており、ベルマーレはストレッチに余念がない感じでした。

そしてなんとかゴールを補修して試合再開。

10数分も中断されたせいか、どちらも集中が切れた感じで少し間延びした内容。
ただ、ベルマーレは全体的にプレスが弱いと思った。
エスパルスは割と自由にボールが動かせてたので、もっと相手をゆさぶれるんじゃないかなぁ…とか勝手なこと思いつつ(笑)

時計はあっと言う間に45分を回り、アディショナルタイムはなんと…

12分!!!

何その追加タイム(笑)
超ウケるんですけど(笑)

ただ、追加タイムに入ってからはエスパルスの動きが徐々に良くなり始め、岡崎も前線でキープしてシュートまで行こうとする良い動きが出始めました。

そして、「もうすぐ追加タイムも終わりかなー」と思った前半58分(←何それ)、ゴール前の淳吾から右サイドの伸二に超やさしいパスが出て、これを伸二がゴール左のサイドネットに突き刺す素晴らしいシュートを決めてエスパルスが先制しました。

これ、伸二のシュートもすごかったけど、淳吾のスルーパスも絶妙だった。
「はい、どうぞ」って感じの優しいパス。
ああいうやわらかいタッチのプレーが大好物です(笑)

柔らかいと言えば、伸二のトラップは本当に柔らかい。
後ろからのロングフィードもつま先で軽くちょんと触って何事もなかったようにドリブルする。
どうやったらできるの?それ!!おせーて!(笑)

後半も立ち上がりからエスパルスペース。
ベルマーレはボールカットして前に運ぶも、前線に決定的な仕事をできる選手がいない印象だった。
中盤にいた外人選手もボールコントロールはうまいんだけど、肝心なところで自分で突破しようとする姿勢が見られず、何か弱気な感じ。

そうこうしてるうち、後半12分に右サイドの伸二がサイドチェンジしたボールを兵働が中へ折り返し、これをヨンセンがゴール隅へ押し込んで2-0に!

ここんとこヨンセンもあまり調子良くないなーって思ってたんですけど、この試合ではまたまたヨンセンの足の長さが光るキープ力を見せつけてました(笑)

さらにこの7分後、岡崎が相手のエリア内で倒されてPKゲット。
これを淳吾がきっちり決めてスコアは3-0。
淳吾はホントにPKうまい。安心して見ていられるね。
例え淳吾の調子が悪かったとしても、PK要員としてだけでも日本代表にいつも呼んどくべきだと思うよ(笑)

後半24分には伸二に代えて伊東輝がピッチに。
この瞬間、スタジアムはわき上がりましたね。テルは本当に人気者だ。
そのテルがエリア内に飛び込んだときには、アウスタにいた全エスパルスサポが「テル決めて!!!」って思っただろうな。もちろん私もテルの得点を見たかった。残念ながらシュートまでいけませんでしたけど。

伸二が決めて、ヨンセン、淳吾が決めたので、後は岡ちゃんにも決めてもらいたいなーと思ってたんですけども、我らが岡ちゃんがその期待に応えてくれました。

後半37分と43分に立て続けにゴールゲット!!
なんと、昨日のアウスタは大量5得点のゴール祭りとなりました。
岡ちゃん、どんどん進化してる。前線で相手DFを背負ってくさびを受けた時のキープ力とか、前に比べて断然うまくなってると思う。

そんなわけで、エスパルスサポに取っては久々にスッキリした気分の快勝だったわけですけども、一方で、ベルマーレはこの結果によりJ2への降格が決定してしまいました。

数日前のネットのニュースでは、今節試合に勝ったら健太監督も勝ちロコに参加すると書いてありましたけども、個人的には勝ちロコ自体を自粛して欲しい…という気持ちでした。降格が決まったベルマーレサポさんの前で、お気楽に勝ちロコなんてやってほしくないと思った。

それは同情というよりも、私が前記事で書いた「リスペクト」に通ずるものです。
対戦相手を大事に思う気持ち。
敵じゃなくて仲間なんだという気持ち。
そんなの甘っちょろい!!って笑われるかもしれませんけど、苦しさの意味は違えど、エスパルスサポだって、監督退任、ベテラン選手の解雇等々のニュースに胸を痛めるわけで、チームを愛するが故の心の痛みがわかるからこそ、ベルマーレに対して敬意を表して欲しいなと思っていました。

でも、私のそんな心配は不要でした。
この試合の前のインタで岡崎がすでに「ベルマーレの選手の気持ちを考えたら勝っても勝ちロコはできない」と答えていたそうです。
そしてその通り、5-0という大勝にも関わらず、この日の勝ちロコは行われませんでした。

その代わりに行われたのは、エスパサポとベルマーレサポのエール交換。
試合終了後しばらく、弾幕を片付けるでもなく呆然と立ち尽くしていた感じのベルマーレサポに向かって、エスパルスの応援団から突然ベルマーレコールが起こりました。
そのコールは、スタジアムに残っていたエスパサポ全員にひろがり、帰ろうとしていた人たちも立ち止まって、アウェイ側スタンドに向かって両手を長く差し出して「ベールマーレ!!」とコールを送りました。

その後、今度はベルマーレサポからもエスパルスコールが。
涙が出ました。
精一杯の力を振り絞ってコールを返してくれてるベルマーレサポには、心の底から「ありがとう」と思った。
ピッチにはすでに選手は一人もいなかったけど、スタジアムが一体化した瞬間でした。

言葉にはなってなくても、
「ありがとうベルマーレ」「頑張れ!ベルマーレ!」
「ありがとうエスパルス」「頑張れ!エスパルス!」って気持ちがエールの中に込められてる気がした。

こんな瞬間に立ち会えたことを、本当に幸せに思います。

エスパルスを、Jリーグを、
そして、サッカーを好きで良かった…と思った瞬間でした。
ベルマーレも、頑張って1年でJ1に戻ってきて欲しいと思いました。



チームが大変な時も一生懸命応援して支えて行く。
それがサポだから、来年がどうなろうと変わらず全力でエスパルスを応援して行こう…と思った私だったのでした。


| コメント(0件) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。