PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

【リーガ第13節エル・クラシコ】これがバルサだ!!!!!

さて、いよいよやってきました。
ある意味、CLの決勝よりも負けたくない試合。
それが、永遠のライバル、レアル・マドリーとの伝統の一戦、エル・クラシコですよ。
今朝はもちろん、朝4:30に起きて生中継を見ましたよ。
今日は仕事も休みだったので、その後録画をもう1回見て、2回見終わった所です(えー)

前記事にも書いた通り、今回はTwitter仲間とちょっとした賭けをしてまして、もしもバルサが負けたら罰として私のアイコンが1週間クリロナに変わるところでした(汗)
ふう、危なかった(笑)

でも、実を言うと、今回ばかりはちょっと心配だったんですよ。
終わった今だから言っちゃいますけど、「もしかして負けるんじゃないかなぁ」ってずっと思ってたのです。

根拠は二つ。
一つはマドリーがここまで無敗で無類の強さを見せてる事。
そしてもう一つは、モウリーニョです。
「バルサを知り尽くした男」とか世間では言われてるし、何より、去年CLでモウ率いるインテルに負けたのは記憶に新しい所。
モウの言動見てるとやたら自信あるっぽいし、何を考えてるのかわかんなくて不気味だったのです(笑)

おまけにバルサは今季、どうもコンディションに波があって、良い時は素晴らしいサッカーするけど、そうかと思うと超眠いサッカーしたりするでしょ?
だから、もしかしたら今回のクラシコは勝てないかもしれない…とかなりネガティブになってた私でした。

とりあえず、そんな今節のスタメンは以下の通り。

GKバルデス、Dアウベス、ピケ、プジョル、アビダル、MFチャビ(86min→ケイタ)、ブスケツ、イニエスタ、FWペドロ(87min→ジェフレン)、メッシ、ビジャ(76min→ボヤン)

SUB:ピント、マクスウェル、アドリアーノ、マスチェラーノ、ケイタ、ボヤン、ジェフレン

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
サッカーブログランキングに参加しています!



試合開始直後からマドリーの超激しくて早い寄せにいきなり心泊数急上昇でした(笑)
やっぱ強いチーム同士の試合ってのは緊張感がハンパないですね。
選手間の張りつめた空気がこっちまで伝わってきそうな感じだった。

パスでつないで崩して行くバルサに対して、マドリーは、前線への1本のロングパスや早いカウンターで点が取れるチーム。
だから、ボールを支配してても全然安心できませんでした。

もう少し格下のチームなら1回のカウンターやロングフィードでそうそう簡単に点取れるもんじゃないですけど、マドリーみたいにトップレベルの選手が揃ってると、たった1回のチャンスでも点が取れそうだからね。40分自陣に押し込められてても、残りの5分で点取れそうなので、そこがコワいんですよね。

個人的には、バルサが勝っても負けても1-0くらいの試合になるのかなぁと思ってたんですけども、ふたを開けてみたらなんと5-0っていうね…。
喜びの前に驚きですよ。
まったくもって予想もしてませんでした。
まあ、昨シーズンだったかその前だったか、バルサが6-2で勝ったあの試合みたいな大差つけて勝てたら嬉しいなーなんて希望として思ってはいましたけど、今年のマドリー相手じゃそれはちょっとムリだろう…と思ってた。

何度も危険な目にあって、なかなか点も取れなくて、じっと耐えるような試合になるだろう…と思ってたので、前半10分にチャビが先制した時には嬉しさのあまり立ち上がって部屋の中を走り回ってしまいました(朝5時から:汗)

イニエスタくんの超高速スルーパスも素晴らしかったですけど、チャビのあのヒールトラップからループシュートまでの流れが本当に美しかった。
イニエスターチャビラインで点取れたのも久しぶりだよねぇ。
つーか、チャビの得点自体、久しぶりですよねぇ。

しかし、今節のバルサのパスワークは本当に完璧過ぎるくらい完璧で、美し過ぎるくらい美しかったですね。敵に囲まれた味方の足下に正確無比なパスを出し、受け手もまた、トラップ一つで相手を交わしてくるりと前を向ける。今シーズン、こんなにも美しいパスワークが見れた試合ってありましたっけ?
いつもマジメにやってないの?…って思っちゃったよ(笑)

当たりが激しいマドリーに対しては、当たり弱いブスケツよりマスチェの方がいいんじゃね?って最初思ってたけど、あのパスワークの中にはマスチェはちょっと入って行けないかもしれないね。
ブスケなんか、後半お洒落ヒールパスなんか見せちゃったりして、スタンドがドッと沸いてましたよ。マドリー相手にこしゃくな事を(笑)

さて、マドリー相手には1点リードじゃ全っ然安心できねーと思ってみてたんですけど、先制ゴールからわずか8分後に、今度はビジャがドリでゴールエリア付近までえぐり、中に入れたパスをカシージャスが触るも、逆サイに走り込んで来たペドロがこれを押し込んで2点目をゲット!!!!
これはホントにキレイな崩しでした。

ビジャは自分が点取れなくてもこういうことができるからスゴい!!
だから点取れなくてもいいんだっ!!

とか思ってたら、2-0で折り返した後半開始早々、そのビジャがなんと続けて2得点ですよっ!奥さんっ!!
これどっちもメッシたんのアシストでしたけど、マドリーはメッシをケアし過ぎたのか、メッシたんのドリに3人くらい引き寄せられて、バルサ的には思うつぼ!って感じでした(笑)
ビジャ1点目の最終ラインギリギリのところから縦パスに抜け出したシュートも良かったけど、2点目のカシージャスの股を抜いたシュートも良かったですね。
あれ、メッシが相手選手3人くらいに囲まれて、交わして交わして粘って粘ったおかげでフリーの人とフリーなスペースができるわけですよね。

ちなみに、今シーズンのマドリーの試合はまともに見てないのでアレですけど、今節だけ見ると、やけにラインを高く保ってて、ゲームはハーフライン付近の超コンパクトなエリアで動いてました。
個人的には、ライン上げられるよりもっとドン引きに引かれる方がバルサ的にやりにくいと思うのよね。だいたい、狭いエリア内でのボールコントロールならバルサの方がうまいに決まってる。実際マドリーはバルサの高速パスに走らされてるだけって感じだった。
あと、私としてはイグアインがコワいと思ってたので、イグアインいなかったのも良かった。イグアインのDFの裏への飛び出しとかにいつも守備陣が翻弄されてたけど、イグアインいないと裏への飛び出しもなかったもんね。

それから、決定的に違うと思ったのは、攻守の切り替えの早さ。
バルサはボール持ってた人が奪われた瞬間、奪われた本人はもちろん、すぐ近くの味方も瞬時に奪い返しにくる。でも、クリロナなんかは奪われた後に「あ~あ」って顔してるだけで取り返そうとしてなかったもんね。
バルサの方が組織力は断然上で、その組織力がもたらした勝利なんだと思うよ。

さて、負けるかも…なんてビビってた試合は、後半12分で4-0というまさかの展開。
3-0くらいまでは「まだコワい」「まだコワい」って思ってたけど、4-0まで行ったらさすがに気持ちに余裕が出てきました。
正直、画面にうつるマドリーの選手たちにも焦りとかあきらめに近い表情が出てたしね。

このブログにもよく書いてるんですけど、ゴール祭り的な一方的な試合はあんまり好きじゃないんですよ。前節のアルメリア戦はなんと大量8得点で大勝だったんですけど、相手の気持ちが折れたのが見えた時点で、途端にそのゲームの面白さがなくなる気がするのです。

でも、相手がマドリーなら別です。
世界のトップレベルの選手がいて、ずっと首位を走ってたチームに対してこれだけの差を付けて勝てるのは本当に気持ちがいい。
4-0でも十分に満足だったのに、なんと、試合終了間際に入って来たジェフレンまでもが得点して、終わってみれば5-0の快勝です。

こんだけ点が入ると、ボヤンくんにも1点くらい決めさせてあげたいところでしたけど、ジェフレンの得点をお膳立てしたボヤンくんの横パスも良かったよね!ね!(誰に言ってる?)

まあ、あれだけの選手たちが揃ってるマドリーですから、ベルナベウでのクラシコはこううまくはいかないでしょうけどね。
でも、今日くらいは手放しで浮れたいと思います(笑)

ただ、最期にラモスが壊れて大荒れになっちゃったのは残念でしたね。
確かに、あれだけの大差をつけられた上に目の前でパス回されて成す術もなかったらイライラもしますけども、世界中が注目するクラシコであの失態はいけませんよ。
メッシたんを削ったのもですけど、代表の大先輩プジョル先生を突き飛ばし、チャビ先輩の顔も手で払いのけるという。
まったく今時の若者は…(え?)


ともあれ、私のTwitterアイコンがクリロナの写真にならなくて済んで本当に良かったです(そこ?)

そんなクリロナは全然お仕事させてもらえてなかったけどねー。
プジョル大先生のど根性タックルにたじたじでしたね。
序盤にペップがボールお預けして怒らせたのも、アレ作戦なんじゃないかなー(笑)
とりあえずまずクリロナ怒らせとけ!みたいな(笑)
いや、ペップはそんな姑息なマネはしませんけどねん(知らんけど)

てなわけで、今日はバルサ大勝な上に今日の占いで牡牛座(←アタシ)1位だったので、宝くじでも買いに行ってくるかーとか思ってるご機嫌なゴトーなのでした。

次節のバレンシアvsマドリーというカードもめちゃめちゃ楽しみです!!
バレンシアにもマドリーをねじ伏せて欲しいですね!!!
エメリん、モウに負けるなーーーーーー!(笑)

| コメント(6件) | TOP↑

COMMENT

どうもお久しぶりです。

私もゴール祭りは大味な感じがしてそこまで好きでもないのですが、やっぱりマドリー相手だと違いますね。それにしてもおっしゃる通り、組織力の差が出ましたね。良いもの見せてもらいました。

| イニエス太 | 2010/11/30 19:44 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。お久しぶりです。

今日の試合は選手全員の集中力がハンパなかったですね!あの攻守の切り替えの早さは、見ていてワクワクしました。

ジェフレンが怪我から復帰していきなりのクラシコで途中出場して、さらにゴールまで決めちゃって、これからももっとアピールしてほしいですね。あとボヤンは2回チャンスがありましたが、あそこで決めて欲しかったです。

| ystk | 2010/11/30 22:51 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです。
いやーすごい試合でしたねー!
ほんと勝手も負けても僅差だと思ってましたので・・・
やはりサッカーは組織力の差が大きいですね~

| とっつぁん | 2010/12/02 11:49 | URL | ≫ EDIT

>イニエス太さん

コメントありがとうございます!

お久しぶりです!
記事の中にも書きましたが、今回のクラシコばかりはもしかして負けるかも…と思っていたので、勝った上にこの点差ということで本当にうれしかったです。
この試合は永久保存版と言うことでブルーレイdiskに落としました(笑)

>ystkさん

コメントありがとうございます!!

やはりクラシコは選手の気合いが違いますね。
今季のマドリは強いですけど、ディマリア、エジルなどはまだ若いしクラシコも初経験なので、あの雰囲気に飲まれてしまったのかもしれませんね。
そう考えると、ベルナベウではこう簡単にはいかないだろうなと思います。

ボヤンくんに関しては…。
おっしゃる通り、そこで打てば!!ってとこありましたね(汗)
完勝でしたけど、ボヤンくんの得点がないのだけがザンネンですね。

>とっつあんさん

お久しぶりです!!
コメントありがとうございます!!

サッカーってホント何が起きるかわかりませんね。
試合前のオッズは軒並みマドリー優勢だったんですけどねー。
モウリーニョも言ってましたけど、完成されたバルサに新しいチームで勝つのは難しい…ってことですね。
そういう意味でも、バルサの真の強さが証明されるのはベルナベウでのクラシコだと思いますね。

| ゴトー | 2010/12/03 09:31 | URL | ≫ EDIT

ゴトーさん最高ッす

| ブーじょる | 2010/12/13 22:11 | URL | ≫ EDIT

>ブーじょるさん

返信超遅くなって済みません(汗)
コメントありがとうございました!!

| ゴトー | 2011/01/02 22:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。